IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

楽な仕事がしたい!「楽な仕事/つらい仕事」9選・自分に合った仕事を考える際のポイント

転職事情

過酷な労働環境や長時間勤務からつらい仕事としてされる業種があれば、やることが少なくて楽な仕事とされる業種もあります。「楽な仕事」が本当に楽と感じるかは人によりますし、「つらい仕事」でもやりがいを感じている人もいます。自分に合った仕事を考えていってみましょう。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 楽と言われる仕事の最大の特徴はルーチンワークであること
  • 逆につらい仕事の特徴は長時間勤務と人間関係
  • 自分の基準と照らし合わせて、ベストな仕事を見つけよう

決まった作業を続けることが嫌いな人と好きな人がいるように、仕事に求めることも人によって違います。人生を充実させるコツは、周囲に流されず自分の基準で判断することです。 今の仕事に違和感を感じたら、一度他社の募集を見てみましょう。マイナビエージェント」に登録しておけば、合いそうな仕事を紹介してもらうことができます。

「楽な仕事」と「つらい仕事」

「楽な仕事」と「つらい仕事」ははっきり定義できるものではありません。どのような仕事でも大変なところがあれば、手が空いてやることがないときもあります。 ここではインターネット上で「楽な仕事」と話題になっている業界と、「つらい仕事」として就職を忌避されている業界を紹介していきます。 もちろん基準は人によって違うので、周りに流されず自分に合った仕事を探しましょう。迷っているなら「マイナビエージェント」に登録し、相談に行ってみるのがおすすめです。

ネット上で「楽な仕事」と評判の仕事

楽な仕事の特徴として「対人コミュニケーションが必要ない」「業務時間が定まっている」「ルーチンワークである」といった共通点があります。もちろん、これらの特徴の仕事が苦痛だと思う人もいるため一概に「楽な仕事」とは言い切れないでしょう。自分にとって”どんな仕事が楽なのか”を考えて、あなたにあった職場を見つけましょう。 事前にプロのアドバイザーと相談し、希望条件を洗い出しておきましょう。

工場勤務

工場勤務にも様々な仕事がありますが、その中でも楽な業務で知られているのはライン工でしょう。ベルトコンベアの上を流れる部品を組み立てたり、食品をパック詰めしたり単純作業の繰り返しになります。そのため一旦仕事の流れを覚えるとルーチン化し、何も考えなくても仕事をできるようになります。 毎日会議に出席する必要もなく、複雑な人間関係もありません。コミュニケーションが苦手な方、新しいことを覚えることが苦手な方、複数の仕事を同時並行で行うのが嫌だという方はライン工ほど楽な仕事はないでしょう。 しかし、単純作業の繰り返しが嫌な人にはこの仕事は地獄でしょう。楽な仕事とはいっても、人によって適性があります。

清掃員

清掃員も楽な仕事として知られています。ノルマはなく他人との交流もなく、ただひたすら床や壁の掃除、窓拭き、ゴミの回収といった清掃業務に打ち込むことができます。資格も経験も必要なく、研修を受ければ誰でもできるのでストレスの多い業界からの転職者も多い仕事でもあります。 基本的に一人作業であり自分のペースで行えるため人間嫌いな方や協調性のない方でも安心してできる楽な仕事ですが、一日中トイレを掃除し続けることは簡単ですが退屈を感じるでしょう。暇なことに耐える忍耐がなければつらい仕事と思えるでしょう。

警備員

ショッピングセンターなどの施設に常駐する警備員の仕事は、決まった時間の中で定期的に見回りを行うためノルマはありません。24時間勤務の場合でも仮眠や休憩があるため実働時間は長くなく、基本的に「いるだけ」の仕事のため煩雑な業務はありません。そのため、楽な仕事といえます。 警備員のつらいところといえば、夏は暑く冬は寒い中で一日中立っているためある程度体力がないと務まらないところです。また急病人が救急車で運ばれたときの対応や警報が鳴った時の対応報告書の作成が大変ですが、このような緊急事態は滅多なことでは起こらないため「楽な仕事」といわれています。

ビル設備管理員

ビル施設管理員(通称ビルメン)の仕事もインターネットでは「楽な仕事」として評判となっています。ビルの保全業務やボイラーや電気の管理など、業務の範囲は幅広いですがどれもノルマがなくルーチン化された仕事なのでプレッシャーに追われることはほとんどありません。 警備員と同様に24時間勤務など拘束される時間は長いですが、休憩も長く実働時間は標準的であることも楽な仕事と呼ばれる理由です。 この業界に就職するためには「電気工事士」、「ボイラー技士」、「危険物取扱者」、「冷凍機械責任者」の4種の資格が必要になるため、勉強しなければならないのが大変です。また、大企業であれば楽な仕事といえますが中小企業ではクレーム処理などを担当させられて長時間の対応を求められることもあり、会社によって忙しさが大きく違います。 就職する前に現場に訪れて、業務内容を確認するとミスマッチは減らせるでしょう。

ネット上で「つらい仕事」と評価されている仕事

つらい仕事の特徴として「長時間勤務」「仕事内容が過酷」「人間関係が最悪」といった業界が挙げられます。やりがいがあるのであればもちろん続けられるのですが、自分が向いてない業界だと思ったらすぐに転職するのがいいでしょう。 つらい仕事で人生を消耗したら自分が損するだけですから。

飲食業

外食チェーンはブラックで知られる企業が複数あり、肉体的にも精神的にもつらい仕事の代表格となっています。アルバイトであればまだいいですが、正社員となると非常に長時間の勤務となります。休みの日が1〜2日しかない月も普通にあるため、人間としての尊厳を奪われる仕事内容となっています。 普段の店舗業務は肉体的につらい仕事ですが、本社から重役が視察にくるときは精神的に非常につらい仕事です。売上について詰てきたり、殴る蹴るも平気でするような人たちに指導を受けるため奴隷根性がないと務まりません。フリーターが正社員になりたくないのも頷けます。

介護職

介護もつらい仕事として知られています。食事の介護や入浴の介護もたいへんですが、排泄の世話は精神的に参ってしまうこともあるでしょう。また暴力を振るったり、暴言を浴びせてくる入居者もいます。日常茶飯事になってくると、こちらが逆に介護されたくなります。 入居者との関係だけではなく、同僚との人間関係もつらい仕事です。女性が多い職場の特徴ともいえるのですが、新人に仕事を教えてくれないなど陰湿ないじめが頻繁に起こります。これだけストレスフルな仕事ですが、全く割に合わない給料の安さであり離職率が非常に高いです。 ここまでつらい仕事はやりがいを感じなければ即転職が望ましいでしょう。

看護師

看護師もつらい仕事として知られています。シフト勤務で不規則な生活になりやすく、また体力勝負の部分が多いです。患者さんからナースコールがあればすぐに駆けつけなければならず、一日中気を抜くができません。 勤務体系も業務内容も過酷ですが、職場の人間関係もドロドロとしています。やりがいがあって就職しても離職する人が多いのも頷けます。

保険の営業

外資系の保険の営業は歩合制なので、稼ぐことができる人は年収数千万を稼ぐ世界です。ですが、実力主義であるため契約を取ることができない人は全く稼げず解雇されることもあります。ノルマも厳しく設定されていて、達成できないと上司に厳しく詰められたりもっと過激なノルマを課せられるつらい仕事です。 保険料は高い買い物ですので、簡単に契約を取れるわけではありません。家族や友人などの人脈があれば一定数の契約はできますが、その後は新たに顧客を開拓しなければなりません。 飛び込みで訪問しても、保険の営業というと大抵は嫌な顔をされます。断られることが続くとメンタル的に追い込まれていってしまい、立ち直れなくなってしまうこともあるでしょう。 才能があり向いている人には天職なるでしょうが、向いてない人にはここまでつらい仕事はないでしょう。心身に不調をきたす人も多いので、転職の準備は早めにして、リスクを減らしましょう。 「マイナビエージェント」に簡単登録

プログラマー

プログラマーは納期前になると残業に追われるようになり、終電帰りが毎日の日々を送ることになります。設定された納期がもともと無理があるスケジュールであることも多く、土日や正月も休み返上で働くことになります。このようなデスマーチを経験すればつらい仕事と思えるでしょう。 またIT業界は覚えることが非常に多いです。資格を取らないと出世や昇給に差がつきます。業務時間の他に資格のための勉強をしなければならず、自由な時間がなくなってしまうのも苦しいところです。

「楽な仕事」・「つらい仕事」より誇りを持つことが大事

「つらい仕事」なのにその仕事に誇りを持って続ける人もいます。それはやりがいがあるからです。逆に「楽な仕事」でもやりがいがなく辞める人がいます。 労働時間の長さや業務内容の過酷さよりも、従事する本人にとって価値がある仕事かどうかが重要なのです。それを踏まえて就職活動に臨むのがベストです。

やりがいのある職場を見つけたいなら

この記事のまとめ
  • 楽と言われる仕事の最大の特徴はルーチンワークであること
  • 逆につらい仕事の特徴は長時間勤務と人間関係
  • 自分の基準と照らし合わせて、ベストな仕事を見つけよう

いかがだったでしょうか。今回はインターネットの評判をもとに紹介をしてきましたが、人それぞれ違う基準を持っているものです。しっかりと考えて、あなたが楽だと感じられる仕事を見つけましょう。 もし今の仕事が向いていないと感じているのなら、一度しっかりと転職を検討してみましょう。 はじめての転職には「マイナビエージェント」がおすすめです。 複数のエージェントを検討する場合は、ぜひ一度こちらの、おすすめエージェントランキングもチェックしてみてください。

関連タグ

アクセスランキング