IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

好印象を与える話し方|メイク/髪型/服装/身だしなみ/表情・ポイント

ビジネススキル

ビジネスにおいて、ぜひ持っておいてほしい武器の一つとなる『好印象』。産まれ持った者にしかないと思い込んでいませんか?努力次第で『好印象』というイメージを手に入れることが出来るのです。好印象を手に入れるテクニックについて一緒に考えてみましょう。

更新日時:

好印象な人ってどんな人?

好印象は見た目から

人の見た目は9割だとか、100%だとか言われている世の中で、見た目こそが『好印象』な自分をプロデュースする足がかりとなるでしょう。まずはあなたが好印象を持つ人がどんな人なのか。それを思い描くことから始めてみましょう。

好印象を与えられる人には、どんな印象がありますか?一番に思いつくのは『笑顔』と『姿勢』です。皆さんは何を思い浮かべますか?第一印象で相手に『好印象』を与えられるということは、商談の場だけでなくビジネスの場全般において、とても重要なことなのです。

好印象な人の特徴

好印象な人はどんな人ですか?そう聞くと、先ほどお話しした通り『笑顔』と答える人が多いでしょう。次いで上がってくるのが『見た目』。見た目のポイントになってくるのは『清潔感』です。どんなに高級なものを身にまとっていても、清潔感が無ければ印象ダウンの可能性も。3つ目は『声』『話し方』があげられます。

内面を知ってもらうためにも、好印象を手に入れよう!

第一印象は、良くも悪くもこの先の関係に影響します。時間をかけて知ってもらえたら、あなたの良さは伝わるかもしれませんが、第一印象が悪いとそれだけで壁を作られてしまうこともあるのです。特にビジネスの場ではそういうことも往々にしてあると考えておきましょう。

好印象の人がどんな人かを考えていくと、最後に『人柄』たどり着きます。やはり内面からにじみ出るものは、話し方や仕草、見た目や態度にも大きく影響します。しかし『好印象』を獲得するために、無理に『聖人君子』になる必要はありません。でも、やはり内面からにじみ出るものも、影響が大きいことは頭の片隅に置いておいてください。

好印象について知る

そもそも好印象ってどんな意味があるの?

『好印象(こういんしょう)』 印象がよいこと。 好ましい印象を持つこと、または、そうした印象を与えることができるさま。

読んで字のごとく、好ましい印象を与えることが出来る人の事を指しています。英語では『Good impression』となり、そのままな表現となっていますね。

好印象の反対は?

好印象の対義語というと『悪印象』となります。こちらも読んで字のごとく悪い印象を与えてしまう人となります。

『悪印象(あくいんしょう)』 悪い印象。 好悪、善悪の判断において「悪」と判断するような印象。

好印象の類語から見えてくるものを捉えよう!

好印象という言葉は、他の人から受ける印象に加えて、人だけではなく物事に接した時に感じる感情にも使用されます。その場合に使用されるのが『好印象』だけではなく『好感触』『好感』がまさにそれです。

その他の『好印象』の類義語を見てみると、どのような人物像を思い描けばよいかが見えてきます。 ・印象が良い ・悪くないイメージ ・好感が持てる ・好感のもてる ・まずまずの印象

好印象を与える話し方

笑顔・見た目・話し方。この3つが好印象を与えられる、3種の神器です。この中でビジネスの場で最も重要となるのは『話し方』です。笑顔や見た目については後程ご紹介しますが、まずは話を聞いてもらえる、好印象のもてる話し方からマスターしていきましょう。

話す内容よりも、話し方が大事

どんなに賢そうな言い回しが出来ても、どんなに難しい話を上手にできても、印象が悪いとその良さは半減してしまいます。話すときに注意して欲しい点を挙げてみましょう。

・アイコンタクト ・聞き取りやすい声 ・正しい敬語 ・言葉の美しさ

相手の目を見る

立っていても座っていても、話をする時・聞く時は必ず相手の目を見ることが大切です。聞く時は、常に相槌を打って話をきちんと聞いていることを相手にアピールしましょう。

これだけでも好印象を獲得する確率はぐっとアップします。ですが、相手の目を見て話すという事にも、上手なやり方があるのです。

見つめすぎには要注意

人によっては、あまり見られることが得意でない人もいるでしょう。相手の目を見て話すのが苦手な人がいるのと同様です。目を合わせて、一切そらすことなく話し続けると、逆に相手はあなたの事を怖いと感じたり、委縮してしまう可能性があります。そうなってくると、あなたと会話しているその場が、とても居心地の悪いものになってしまいかねません。

視線を外すときは『縦』に!

視線を外すタイミングというのは、習得するのがとても難しいものです。こればかりは慣れていくしか方法はありませんので、身近な人との会話の中で習得していくとよいでしょう。そして視線を外すときは必ず『縦』に動かすようにしましょう。『横』に視線を外されると、心理的に拒否されていると感じてしまう場合があるからです。

聞き取りやすい声ってどんな声?

アイコンタクトが上手にできるようになったら、聞き取りやすい声について練習してみましょう。ポイントは心持ち高めのキーで話すと、明るく元気な印象を与えることが出来ます。喋る速度をゆっくり目にすれば落ち着いた印象を与えることもできます。大きな声には自信があるという印象を与えるので、商談の時には有利になります。

やりすぎには注意。ほどほどで抑える練習を。

あまりにもキーが高い声だったり、大きな声すぎると、話を聞く相手は『うるさい』と感じてしまうかもしれません。ゆっくりすぎると、お相手の性格によってはイライラしてしまう場合もあります。先ほどご紹介した、聞き取りやすい話し方のポイントは、状況や相手によって使い分けられるぐらい練習しておくほうがいいでしょう。

滑舌の良さも大事。発声練習もぜひ!

滑舌の良さや、声の出し方は、少しの努力を継続するだけで段違いによくなります。特に電話の場合などに威力を発揮します。アナウンサーになるための訓練などで、滑舌や発生のトレーニングが紹介されていますので、出来る範囲でやってみましょう!コツは『とにかく続ける』事です。滑舌や発生は、やらなくなると一気に退化してしまいますのでご注意を。

好印象を与える行動とは?

好印象を与える行動についてお話ししてみましょう。どのような行動が、相手に好印象を与えることが出来るのでしょう。これはビジネスの場でだけでなく、それ以外のコミュニケーションの場でも活用することができます。

好印象を与える必須スキルは『聞く力』

聞き上手な方の多くは、第一印象から好印象を相手に与えることが出来ます。先ほどまでにご紹介した『目を合わせる』ということとセットで行うことで相乗効果が期待できます。しかもただ聞くのではなく、タイミングを見計らって、適切な相槌を行うことも、好印象を得られるポイントです。

聞き上手というからと言って、ただひたすら相手の話を黙って聞いているのが政界ではありません。そこで新たなポイントとして『質問する』が登場します。質問をすれば、相手の方は必ず返答をしてくれるでしょう。これを繰り返すことで会話のキャッチボールを行います。

相手の人が何を聞いてほしいのかを探っていく中で、相手の人はあなたが自分の事をよく知ろうと努力くれていることに気づき、好感を持ってもらえます。ただし、質問攻めはNGです。あくまでもあなたは『聞き役』に徹することが重要なのです。

好印象を与えられるメイクやみだしなみ

好印象を与える際に、必ず必要となるのが『清潔感』です。流行りのメイクや、表情を読み取るのが困難なバッチリアイメイク。それを見て相手はどんな印象を受けるでしょう?高級なスーツでも、身の丈に合っていなければ良い印象は与えられません。安いスーツであったとしても、清潔感さえあれば、むしろ好印象を与える材料の一つとなるのです。

メイクや髪形は、華美になりすぎないナチュラルがベスト

それぞれに個性を大切にするのはとても素晴らしいことです。しかし合に入れば郷に従うことも、社会人には必要な場合があります。

明るすぎる髪の色や、セットに何時間もかかるような髪型、表情を読み取るのが難しいような流行のメイク。これらはせっかくあなたが良いものを持っていても、アピールできなくしてしまう可能性があります。逆に全く化粧っ気がなく顔色が悪い、髪の毛が顔にかかりすぎて暗く見えてしまう……このような場合も、好印象を得ることは難しくなってしまうかもしれません。

髪型やメイクに次いで、身に着けているものにも注意を払う必要があります。そのスーツ、サイズはあっていますか?しわはついていませんか?スカートは短すぎませんか?女性の場合はサイズ感とともに、体のラインが出すぎているのも避けるほうが良いでしょう。

まとめ

笑顔が素敵で、表情がはつらつとしている。自分の話を一生懸命目を見て聞いてくれる。そんな人なら誰だって心を動かされることでしょう。

人と話すのが苦手だからこそ、聞き上手にもなれます。流行のメイクや身の丈に合っていない豪華な装飾品をつける必要もありません。少しの努力で、好印象を与えることは絶対にできるのです!まずは鏡を見て、自分の姿がどのように他人の目に映るのかをチェックしてみましょう!あとは努力、努力、ひたすら努力です。努力すれば今よりは必ず成長することが出来るでしょう。どうぞ頑張ってくださいね。

関連タグ

アクセスランキング