IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

簡単に出来る!「早起きのコツ」・二度寝の対策・早起き習慣のつけ方

自己啓発

早起きのコツがあったら、誰でも気持ち良く早起きしたいと思いますよね?ここでは冬に早起きする方法や、そもそも早く寝る方法などちょっとしたコツで早起きができるようになる方法を紹介します。あなたも早起きして有意義な1日を過ごしませんか?

更新日時:

簡単にできる早起きのコツ

早起きしたくても、この季節は寒くれ布団から出づらいもの。ちょっとしたことで早起きができたら嬉しいですよね?早起きすることで、自由に使える時間を増やしたいですよね?ここでは簡単にできる早起きのコツをご紹介します。

起床後に太陽の光を浴びる

起床後に太陽の光を浴びる

これはとても効果的な早起きのコツです。起床後30分以内に太陽の光を浴びることによって、毎日熟睡できるようになります。太陽光が持つ力は、皆さんが思っているよりずっとすごいのです。熟睡が早起きにつながるので、とても効果的です。

早起きする明確な目的を持つ

早起きする明確な目的を持つ

例えば、読書が好きでつい夜遅くまで本を読んでしまい、結果早起きができないのだとすれば、夜本を読むのをやめて、その分早起きして読むようにしましょう。朝、早く起きることによって、自分の好きなことができると思えば、自然と早起きする目的を持てるようになるでしょう。読書の他にも、音楽を聴いたり、文章を書いたり、インターネットをチェックするのも朝がオススメです。

カーテンを開けて寝る

カーテンを開けて寝ることにより、朝日差しが部屋に差し込むので、光が朝の訪れを教えてくれます。体が自然と朝を認識して、心地よく目覚めることができるので、特に日の出が早い夏はおすすめです。勇気を持って、一気にカーテンを開けるのも気持ちがいいと感じるようになるでしょう。

起きる時間を変えない

休日だとついゆっくり寝てしまいたくなるかもしれませんが、せっかく平日に出来上がった早起きのリズムも、週末の朝寝坊で台無しになってしまいます。ですから、休日も平日と同じリズムで起床するように心がけることが早起きのコツです。やはり、ゆっくり寝たいという場合は、朝食をとった後にもう一度寝たり、昼寝をしたりして休日を過ごしましょう。

起きたら必ず行うことをつくる

起きたらこれを毎日するということを決めるのも早起きのコツの一つです。いわゆるルーティーンというものです。例えば、朝起きたら朝風呂に入る、ストレッチをする、ジョギングをするなどです。これらが習慣化すれば、朝を体が認識するようになり、早起きも苦ではなくなるでしょう。

冬の二度寝対策

冬は、寒くて、なかなか布団から出たくないので二度寝しがちなのは、誰もが一度は経験したことがあると思います。冬も二度寝しないコツがあったら是非試してみたいですよね?自分にあったコツを見つけて、冬の二度寝を防ぎましょう。冬だって頑張れば早起きできるんです。

朝風呂に入る

冬の朝、布団から出たくないのは、単純に布団の外が寒いからなのです。しかし、湯船につかったらどうでしょう?お風呂の中はもっと暖かいです。起きても暖かいというイメージを体に焼きつけることで、二度寝を防げるでしょう。起きてすぐにお風呂に入れるように、湯沸かしの予約機能を使うといいでしょう。

着ぐるみのように暖かい格好で寝る

まるで自分が毛布であるかのように、暖かい格好をして寝れば、布団から出ても寒いと感じなくなり、冬の強敵である二度寝に打ち勝つことができるでしょう。特に冬は可愛くてきごごちもよく暖かい部屋着やパジャマがたくさん売っているので、是非自分に合うものを見つけてみてください。

起きる時間に部屋が暖まるようにエアコンをセットする。

寝るときに感想を防ぐため、エアコンを切って寝る人もいるかともいますが、起きるときにスムーズに布団から出られるように、部屋を暖めておくのもオススメです。例えば、エアコンのタイマーで起きる予定時間の30分前にスイッチがオンになるように予約するのもいいでしょう。また、新しく、ヒーターなどを買うときも、この予約機能の有無を確認すると、より快適に、冬を乗り切れます。

手の届かないところにアラームをセットして寝る

布団から出ないとアラームを触れない位置に、アラームをセットしましょう、そうすることで、確実に布団から出ることができます。

朝起きね飲む水を用意して寝る

朝目が覚めてすぐに水を飲むことで、頭がすっきりして、自然と心地よく起きることができます。枕元や、ベッドから手が届く範囲に水を用意して寝ましょう。

起きたらすぐ部屋を明るくする

起床時間によって異なりますが、だいたい冬に早起きをしようとすると外は暗い場合が多いもの。そんな時、体に朝が来たと教えるために、起きたらすぐ電気をつけて部屋を明るくしましょう。そうすれば、目が覚めて、二度寝をする前に布団から出られるでしょう。

早寝早起きを習慣づけるコツ

そもそも、早起きしたかったら、早く寝るべきなのは当たり前ですね。つまり、効率よく早起きできるようになりたかったら、まずは早寝を習慣づけることが大切なのです。ここでは、早寝を習慣にするコツを紹介します。早く寝ることで、体の調子も整えることができ、いいことが沢山あります。

急に早く寝ようとしない

早寝をしろと言ったくせに、と思う方も多いかと思いますが、よく考えてみてください、昨日まで深夜2時に寝てた人がいきなり夜8時に眠れますか?答えは明らかにノーです。毎日、10分でも20分でもいいので少しづつ早く寝るように心がけるのが、早寝を習慣づける時に最初に必要なコツなのです。少しつづの変化は体にも負担が少ないのでとてもおすすめです。

夜は部屋を必要以上に明るくしない

夜は部屋を必要以上に明るくしない

夕食をとり、お風呂に入り、寝る前の身支度ができたらできるだけ部屋を暗くしましょう。そうすることで、副交感神経が働き、体が落ち着きます。徐々に体を睡眠モードにもっていくことで、スムーズに早寝することができるのです。

寝る前のテレビを控える

寝る前にテレビを見てしまうとどうしても、脳が活発になってしまい、なかなか眠れなくなってしまいます。寝る前にテレビを見るのは控え、どうしても見たい番組は、録画するなどして、休日の昼間に視聴することを心がけましょう。

寝る前のスマートフォンやパソコンの使用を減らす

みなさんご存知のブルーライトは、スマートフォンやパソコンの画面から出ますが、これが睡眠を妨げる元になります。早寝したいならば、寝る前は極力、スマホやパソコンの画面を見ないようにしましょう。

寝る前に適度なストレッチをする

寝る前に適度なストレッチをする

寝る前に適度に体を動かすことも早寝のコツです。体が心地よい疲労感を感じることで、早く寝ることができます。そして、睡眠の質も高くなります。ここで注意すべき点は、決してやりすぎてはいけないということです。あまり激しく体を使うと、疲労感こそ感じますが帰って体が疲れてしまい睡眠の質が下がってしまいます。適度にゆっくり、体をほぐすためにストレッチをしてあげましょう。

休日も早起きするコツ

休日こそ早く起きて時間を有効に使いたいと思う一方、やはりゆっくり寝ていたいという思いが葛藤するときは、どうしたらいいのでしょう。休日も早く起きるコツを使って、すっきり起きましょう。

休日の朝の気持ち良さを実感する

当たり前ですが、休日の朝はいいものです。平日ですと、起きて会社や学校に行かなければいけませんが、休日はその必要がありません。そんな朝はとても気持ちがいいものだとまず、自分に言い聞かせましょう。シンプルかもしれませんが、これが一番のコツです。

平日のリズムを崩さないという認識を持つ

これはただの休日早起きするコツではなく、平日の早起きを続けるコツにもなります。平日せっかく早起きを続けても、土日に早起きのリズムを崩してしまうと、また月曜日からやり直しになってしまいます。自分が続けた努力を無駄にしないためにも、早起きを続ける気持ちを強く持ちましょう。

休日やりたいことリストを作る

これは休日を有効に使うコツでもありますが、自分が休日に何をやりたいのかを明確にしましょう。そして、それにどのくらい時間がかかるのかを考えると、自然と休日に早起きする意味を見つけられるでしょう。

大切なのは自分に合うコツを見つけること

ここまで、多くの早起きするコツ、二度寝しないコツ、早寝するコツ、休日の早起きするコツなどを紹介してきましたが、大切なのは、その一つ一つが自分に向いているのかを見極めることです。いろいろ試して自分にぴったりな方法で、早起きを習慣にしてみてください。そして有意義な毎日を過ごしてください。

早起きはまずは習慣から

早起きはコツよりもまず習慣からです。まずはどんなに辛くても毎日朝早く起きる習慣をつけましょう。毎日の習慣をつければ朝4時に毎日起きることも可能です。朝早く起きれば連絡や仕事に追われない素敵な時間を過ごせるので是非早起きの習慣をつけましょう。

関連タグ

アクセスランキング