IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

おすすめの看護師転職サイトまとめ比較|求人数と特徴

転職サービス・サイト

せっかくの資格なのだから、有効に活かして生活と仕事を両立させたい。そんな看護師のために、おすすめ看護師向け転職サイトをピックアップしました。転職が初めての方も、過去の転職で満足いかなかった方も、転職サイトを味方につけて転職を成功させましょう。

更新日時:

看護師の転職に転職サイトが必要な3つの理由

看護師資格を持っているだけで引く手数多です。 そう世間に思われがちな看護師のみなさん、声を大に「希望条件とマッチする求人は稀少」だと叫びましょう。 しかし残念ながら、声を張ったところで求人票やオファーは舞い込んできません。 そこで、転職を考えている看護師のために、看護師受け転職サイトについてまとめました。

看護師の平均転職回数は4.5回と囁かれています。 転職理由の多くは「現場に対する不満」を挙げる看護師が多いのが現状です。 転職理由として挙げられる代表的な理由は以下の通り。 ・人間関係が悪い。 ・勤務形態や賃金が希望通りではない。 ・スキルと業務が見合わない。 専門学校や大学で資格受験資格を得てまで就いた看護職を、不毛な理由で諦めるのは残念です。 転職をするならば今よりも良い条件であることが理想的。今度こそ失敗しないために、てん色のプロに頼ろうというのが今回の趣旨です。 では、なぜ看護師の転職に転職サイトが必要なのか、ひとつずつみていきましょう。

看護師向け転職サイトの強み1:給与、待遇等の条件交渉をプロがサポート!

看護師の求人といっても業務形態は幅広く、病院や施設によって業務内容に大きな差が出ることはご存知かと思います。 ハローワークや一般の求人サイトでは欲しい情報量を満たしておらず、不安を抱えたまま面接に向かったことのある方もいるかもしれません。 また、面接時に遠慮してしまい給与面のすり合わせができなかったという声も……。 一大イベントである転職で悔しい思いをしないためにも、条件交渉のプロのサポートは有効的でしょう。 転職サイトは転職をスムーズかつ有利に進める手段のひとつです。

看護師向け転職サイトの強み2:現場の情報を詳細に提供してもらえる

転職理由が職場の人間関係だった場合、紹介された現場の人間関係や雰囲気が気になることでしょう。 勤務形態や賃金形態が入職時と終業後に相違があった場合も同様です。 転職をする際、口コミなどを参考にする看護師が多いそうですが、転職サイトを利用すれば実際に働いている看護師の口コミや評価だけでなく、誌面やハローワークの求人票だけでは知り得ない現場の情報を営業担当者から入手できます。 良い面も改善する面も先に知ることができれば、面接対策や転職の心構えができますね。

看護師向け転職サイトの強み3:入職後のサポート体制で安心を得られる

看護師向け求人サイトの多くが入職後のサポートも実施しています。 たとえば、面接時の待遇条件が守られていない、給与システムに疑問が生じたなど、個人では言い出しにくいことでも営業担当やサポートデスクを介して解決のサポート。 第三者を通すことで公平な再交渉が可能になります。 また、電話による24時間メンタルサポートサービスや、入職後一定期間勤務し、一定の条件を充した方への入職祝い金制度を有する転職サイトもあります。 入職後のアフターサポートについては利用した転職サイト独自のサービスですので、看護師向け転職サイト選びの参考にすると良いでしょう。

看護師の転職に転職サイトが必要な理由、納得いただけたでしょうか。 お次は転職サイト選びのコツについてです。

転職サイト選びのポイント7つ

インターネットで看護師向け転職サイトを検索すると、想像以上の転職サイトがヒットします。 個人情報を登録することに慎重な方もいらっしゃるでしょうし、複数のアカウント管理が苦手な方もいらっしゃるでしょう。 しかし、転職サイトの規約によっては、無料会員登録をしなければ求人情報の閲覧ができないことも。 そこでまずは、転職サイトを2〜3件に絞り込みをしましょう。 チェックする優先順位は、求人数であったり、病棟勤務に強い、クリニックに強いなど転職サイトに「なにを求めるか」によります。 ですから、最終的にはそれぞれの目で利用する転職サイトを見定めてください。

転職サイト選びのポイント1:運営会社

看護師向け転職サイトを隅々まで見ると、多くが「運営会社」にたどり着くことができます。どこの企業が運営していても構わないという方もいらっしゃるかもしれませんが、資本金や従業員の規模によって扱っている求人数や営業担当の人数に差がみられることもあります。 グループ病院、施設のみの求人に特化した、小規模企業が運営する転職サイトや、看護師に限らず他業種の求人をも網羅した転職サポートに特化した企業など、多少なり求人の質に影響があるのです。 なんとなくどこ企業やどんなひとが運営しているのかを知っておくだけでも、転職サイトへの信頼度が変わるでしょう。 また、運営会社を知ることで「プライバシーマーク」の取得の有無や、厚生労働大臣の許可の有無も確認できます。大切な個人情報や経歴をどれだけ厳重に管理してくれるのかという点も、できるだけ確認しておきたいですね。

転職サイト選びのポイント2:求人数、成約実績

取り扱い求人数や転職コーディネートの成約実績に自信がある転職サイトは、トップ画面に「求人数1万件」、「全国病院、クリニック7千件」など大々的に表記しています。 求人数が多い方が希望条件とマッチする転職先が見つかる可能性が高まりますし、実績が転職交渉レベルと直結している可能性もあります。 しかし数字だけで判断せず、もう一段階、事項の確認もしてみましょう。

転職サイト選びのポイント3:対応エリア

先ほど転職サイトの求人数や実績の数字だけで判断すべきではないと申し上げましたが、その理由が「対応エリア」です。 関東エリアでの転職希望なのに、閲覧中の転職サイトが関西エリアの求人に特化していては意味がありません。 目に止まった転職サイトが全国対応なのか、または一部地域に特化しているのかも確認しましょう。

転職サイト選びのポイント4・求人内容

会員登録前に求人詳細の閲覧ができない転職サイトもあると思いますが、軽めの検索が可能でしたら実際に検索してみましょう。 転職サイトにより、同じ看護師求人でも小規模クリニックに強いサイトや、病院、施設に強いサイトなどの特色がみえてきます。 希望勤務形態や条件に近い求人が多くヒットしそうな転職サイトをみつけましょう。

転職サイト選びのポイント5・担当者

良いなと思える転職サイトがみつかったら、仮登録でも良いので会員登録をしましょう。具体的に転職プランが練りあがっている方は、そのまま転職相談や求人紹介の依頼をします。 ほとんどの転職サイトが転職コーディネーター、営業担当者からのレスポンスがあります。このとき、やりとりの円滑さや営業担当者との相性なども比較材料にしても良いでしょう。 親身になって対応してくれる心強い味方と出会えると良いですね。

転職サイト選びのポイント6・サービス

転職後や求職中のサービスが気になる方はしっかりと確認しましょう。 たとえば、就労開始から半年後に「転職祝い金」支払い制度を設けている転職サイトや、無料研修制度や就労後のメンタルカウンセリングを行っている転職サイトなどがあります。 これらは転職サイト独自のサービスですので、どのようなサービスやサポートがあるのかは個々でご確認ください。

転職サイト選びのポイント7・口コミ、評判

その転職サイト利用者の口コミや評判を、インターネットでこっそり検索してみましょう。 ただし、インターネットは不特定多数のひとが目にし、情報発信できる場所です。 口コミとは主観によるものがほとんどですので、良い評価も悪い評価も目にできます。何が正しいのかは、あなたが判断することです。 実際に利用してみてあなたが感じ取ったことが答えです。 合わないなと思ったら無理に交渉を続けず、断る勇気ももちましょう。

看護師向け転職サイト選びのポイントはいかがでしたか? 参考になれば幸いです。 お次は看護師向け転職サイトのピックアップまとめです。

おすすめ看護師向け転職サイト3選!

数ある看護師向け転職サイトの中から、おすすめをピックアップしました。 なお、掲載順はランキングではありません。

おすすめ看護師向け転職サイト1:看護のお仕事

求人数は全国対応12万件。非公開求人も多数あります。 各地に支店がありますが、現在HPを覗くと埼玉県の求人が多数とのこと。 特徴は嬉しい転職支援金があること。支給額や条件はそれぞれご確認ください。

まぁ、内部情報というほど大げさなものではありませんでしたが、「過去の内定者はこういうひとでしたよ。」「ここの師長さんは穏やかですよ。」「職場の雰囲気はゆったりしている」というような情報を教えてもらうことができました。

残業なしなどの条件が合わなかった病院へもスキルをフックに交渉してくれ、希望の条件で内定をもらう事に成功。

おすすめ看護師向け転職サイト2:マイナビ看護師

他業種の求人サイトでもおなじみ株式会社マイナビが運営する、看護師向け転職サイト。 求人数は全国対応3万件。 求人検索画面ではエリア検索はもちろん、希望の診療科別検索や施設の形態別検索も可能で見易くなっています。 特徴はキャリアコンサルタントと掲載企業との濃密な連携。現場の生の様子を担当者を通して知ることができます。

ただ求人募集状況を確認するだけでなく、院内の雰囲気や看護師長のお人柄、産休・有給、の取得実績、看護体制までしっかり確認。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職いただけるように、キャリアアドバイザーが最大限のサポートをいたします。

気になる口コミをご紹介しましょう。あくまでも参考としてご覧ください。

とてもゆっくりと話しする担当者さんで、他で無理でしたと言われた案件も、ここで紹介して頂いたら面接を受けられました。面接は自分1人で行きます。ただ、家庭の事情で入職に至らず私も残念でしたがとてもいいサイトさんだと思います。

紹介してくれた病院のメリット・デメリットも教えてくれたので、 3件の中から1つ選ぶのは難しいことでは無かったです

おすすめ看護師向け転職サイト3:ナースではたらこ

東証一部上場企業のディップ株式会社が運営。他媒体では「バイトル」が有名です。 求人数は全国対応9万件。 大きな特徴は、希望する医療施設等への「逆指名制度」です。転職希望者側から求人情報の確認ができます。

気になる利用者の口コミもおおむね良さそうです。

地方なので、電話のやり取りのみかと思っていましたが、面接時に同席してくれました。電話の連絡だけでは不安もありましたが、お会いできたこと、足をはこんでくれたことが非常に印象良く記憶に残っています。

最寄の病院2件についてママさんナースの数や託児所の利用ルールなど詳しい情報をもらえて助かりました。

いかがでしたか? 看護師の求人は至る所にあるように見受けられますが、希望と一致するケースは稀です。 今よりも希望にあった場所への就業を目指し、転職サイトを利用してリードしてもらうのはいかがでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング