IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

中高年女性の仕事の探し方|未経験/経験者/男女/20代,30代,40代

転職事情

中高年女性の仕事探しというとマイナスなイメージを持たれると思います。果たしてそうでしょうか?中高年女性と言っても状況は様々です。そして仕事探しは誰にとっても困難です。女性であるというこは弱味なのか強味なのか、詳しく考えてみましょう。

更新日時:

中高年女性の仕事探し

不景気で仕事を探すのにも苦労する時代、中高年女性の仕事探しはリスクが高いと思われがちです。 まず、女性であること、そして子供がいる、この2点で不採用を言い渡されるのでは、と面接以前に応募することすら尻込みしてしまいそうです。 しかし今の時代、果たしてそうなのでしょうか。まず女性であること、これを理由に断る会社は時代錯誤ではないでしょうか。どんどん時代においていかれそうです。女性の感性、気遣い、視点、女性が元気な今の時代にこれらは企業にとっては欠かせない要素となり得ます。 そして、子供がいること、これも弱点になり得る要素ですが、母親となった女性の感性、視点も、今後の経済や社会にとって大事な要素となるはずです。

中高年女性と中高年男性

中高年女性の仕事探しは、中高年男性の仕事探しと比べて困難なのでしょうか。 まず結婚して家族がいる中高年女性について考えてみましょう。子供の年齢にもよりますが、残業できない、子供の体調によっては会社を休まなくてはいけない、など企業側にとっては雇うには不都合です。 その点、男性だと家族がいてもある程度は会社に都合よくいてもらうことが出来ると企業側は考えます。 では独身で子供がいない女性の場合はどうでしょうか。子供がいない分、子供の都合で休むことはなさそうです。 しかし、晩婚化の時代です。企業側からすると将来的に女性は結婚や出産をして、それを機に仕事を辞めるのではないかと懸念します。 もし自分が雇う側なら、長く続けてくれる人を採用したいと考えるでしょう。

中高年女性の環境と視点

今の時代、女性の生き方も様々です。結婚しないでキャリアを優先する女性もいれば、結婚して家庭を第一に考えながらパートや時短バイトなど時間を家族のために使えるように働く女性もいます。 それぞれ環境が違うので、同じ女性でも考え方が違うと思われます。視点もそれぞれ違います。どう違うのか詳しく見ていきましょう。

既婚ならではの視点

既婚者は家族がいるので、自分の都合だけで物事を決めることが出来ない立場です。旦那のこと、子供のこと、義理の家族のこと、いろんな人のことを気にかけています。 その分、細やかな気遣いができます。子供の目線から見てどうなのか、旦那はどう思ってるのか、姑の言動から悟る、など知らず知らずのうちに身についている感性があります。 その気遣いこそが最大の武器になると考えてみましょう。家族がターゲットの企業を探してみると、そこに自分の視点が活かせる場所があるかもしれません。

未婚ならではの視点

未婚の女性は、殆ど男性と同じ立場で張り合っていける環境にあるといってもいいでしょう。時間は自分の為に使うことが出来ます。 そこで男性に差を付ける為には何をしたらよいでしょう。 男性には男性の得意分野があります。女性には女性の得意分野がありますね。もちろん、同じ分野で努力することも重要ですが、一歩前に出たいのなら、女性ならではの柔軟さがカギとなります。男性が許されることができない部分に、女性だとすんなり入っていける場面があります。例えば、男性同士だと角が立ってしまう物事を、女性が入ることで緩和させることができます。 それは営業、打ち合わせ、商談成立、クレーム対応まで活かせる能力です。

仕事探しをする上での未経験と経験者の差

中高年女性に限らずですが、中途採用で重要視するのは”即戦力”です。未経験と経験者では、経験者の方を採用するでしょう。 しかし、自分にはキャリアがない、ある専門分野での経験がない、そうなるともう一生経験者優遇の仕事には就けないのでしょうか。 求人をたくさん探してみましょう。未経験からでもOKという求人広告もあります。そこにまず売り込みましょう。ただし、「ただやる気があります」というだけでは説得力にかけます。今は未経験だけど勉強をしているという証拠をもって面接に臨みましょう。 例えば、デザイン系の仕事であれば自分で作った作品を持って売り込む、色彩検定などの資格を取っておく、等どのくらい自分がこの分野で勉強しているかを見てもらうのが採用してもらうカギになります。 採用する立場になれば、ただ「やる気があります」という人材と、実際に作品を作り資格も持って勉強を頑張ってる人材とでは、後者の方を選ぶでしょう。

自分の得意分野で仕事探し

”自分の得意分野”は仕事探しをする上で、実は一番軽視されてる部分なのではないでしょうか。まずは収入面、時間、待遇を見て仕事を探す人は多いと思います。 ただ長く働こうと考えたときに、この”自分の得意分野”が大きく影響してきます。仕事は楽しい事ばかりではなく、むしろ大変なことの方が多いです。心が折れそうになったときに仕事を続ける理由として、「自分にこの仕事が向いているかいないか」があげられるでしょう。

自分の興味・関心を探す

しかし、自分の得意分野なんて分からないという人もいるでしょう。そういう人は自分は何に興味や関心があるかと探してみると良いと思います。 中高年女性の人達は、今更自分の興味のあることなんてない、自分には何もないと思っている人が多いのではないでしょうか。そういう人達にお勧めなのが、新聞を読むことです。 新聞をざっと読んで気になる記事のスクラップを作るのも良いでしょう。そうすると自分が何に重きを置いているのか、何に興味を持っているのかが分かることもあります。 新聞スクラップを作ることで自分の興味が分かるのです。自分でも思いもよらないことに興味があると発見できるのではないでしょうか。 新聞を読むことで自分の知識の幅が広がります。今まで知らなかったことに興味が沸いたり、新しい可能性が広がったりします。新聞を読む習慣を身に付けましょう。

好きの力で仕事探し

 自分の好きな事がハッキリしている人は、そのことに目を向けてみましょう。仕事に繋がるのかどうか。  以下の引用は漫画家の水木しげるさんの言葉です。

好きなことをやるのは 当たり前。 だって、その方が 頑張れるもの。 でも、それだけじゃダメ。 頭を使って、 知恵を振り絞らないと。 成功するんだという 強い意志を持って努力しないと。

若いときの仕事探し

中高年女性の仕事探しの話をしてきましたが、実はこの話は若い人達にも言える話なのです。長く仕事を続けたいと考えるなら、知っておいた方が良いことなのです。

原点

まず原点を知ることが大事です。上記で興味や関心の話をしましたが、原点とはそこにあるのです。 自分が中高年女性の立場になったときに、何をやってきたかで人生が左右されます。自分の原点が働く気力となり、困難な場面で自分を助けてくれます。 もし自分の好きな事が今はっきりあるのなら、怖がらずにその世界に飛び込んでみてください。若いときにしかできないこともあります。そこで色んな経験を積むことが中高年女性の立場になったときに、自分の魅力となって表れます。

経験

経験とは何でしょうか。色んな経験をしろとよく言われると思います。具体的にどういうことなのか考えてみましょう。 自分が中高年女性の立場で何らかの理由で退職して仕事探しをしなくていけない状況になったとき、何が自分を助けてくれるのかを考えると簡単です。 楽しい経験よりも大変な状況を乗り越えた経験の方が役に立ちます。つまり、困難な状況を選んで経験していくことです。人が嫌がることを経験してみましょう。そして乗り越える為にたくさん悩んで考え抜くのです。 そうした経験が自分を助けてくれます。そして他人を思いやる気持ちにも繋がってきます。楽をしてきた人達には勝てない発想力も身に付きます。 仕事探しをするときに、これは大きな力になります。

弱点は武器にもなる

中高年女性の仕事探しというとマイナスなイメージを持たれがちです。中高年女性という立場は弱点だと思いますか?逆に武器になることがご理解頂けたと思います。仕事探しで大変なのは、中高年女性達ばかりではありません。みんな悩みながら仕事探しをしています。 中高年女性ならではの視点、感性、柔軟さは大いに活用していきましょう。仕事探しも視点をちょっと変えてみることで、自分を必要としてくれる企業が見つかります。  もし面接で中高年女性であることを理由に懸念されたら、中高年女性であるからこそ活かせる部分があるとアピールしてみましょう。そこから自分にとっても企業にとっても大きな第一歩が踏み出せるかもしれません。

関連タグ

アクセスランキング