IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

夏のオフィスカジュアルのメンズ・レディースコーディネート例

ビジネスファッション

『服装はオフィスカジュアル』と言われて悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?今回は、オフィスカジュアルの基本から、夏のオフィスカジュアルのメンズ・レディースコーディネート例、夏の羽織ものの選び方、夏のオフィスカジュアルのマナーなどをご紹介して行きます!

更新日時:

オフィスカジュアルって?

オフィスカジュアルとは、一般的に社会人の正装である「スーツ」のかっちりした印象から、動きやすく、くつろいだ雰囲気の「カジュアル」に寄った服装のことです。あくまでもオフィスで働くための服装ですし、お客様もその服装で迎えることになりますので「スーツほどではないけれど、かっちりした印象」である必要があります。「服装はオフィスカジュアル」と言われて大体の想像はついたものの、いざ着ようとした洋服を見て「果たしてこれはOKなのだろうか?」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。シャツの柄はどの程度ならよいのか、地味な色だとしてもこの模様はアリなのかナシなのか?会社によってそのラインは違いますので、機会があれば上司や先輩に質問をしてみるのが確実です。スーツ寄りであったり、カジュアル寄りであったり「会社によって違う」が実際のところなのですが、よくわからないのであれば「一般的にとても無難なオフィスカジュアル」でいれば、服装を注意される心配はないでしょう。

無難なオフィスカジュアルって?

「オフィスカジュアルで」と言われた時に、どこでも大丈夫なくらいに無難なファッションをするには、まず「スーツ」を基準に考えることです。グレーのスーツを一着用意して、Yシャツを淡い色に変えてみるとオフィスカジュアルが出来上がります。女性ならば、Yシャツをインナーに変えてみるのもよいでしょう。色は黒や紺などの地味な色で、襟元は鎖骨が見えないものを選びます。女性はストッキングを履いておくのを忘れないようにしましょう。靴やアクセサリーなど、何かを取り入れるときには「スーツに合わせたときに、カジュアルすぎてその部分だけ浮かないかどうか」を考えるとよいでしょう。できるだけシンプルにまとめます。ファッションに疎いと、選択肢が増えた分だけ混乱しやすくなることもありますので、そういったタイプの方は無難なオフィス用のセットを作って着回すのがオススメですよ。

靴はスーツに合わせる

洋服はスーツを少し楽にしたものでよいとして、靴も悩みどころですよね。悩んでしまったら、スーツに合わせる靴でOKです。女性はヒールが2、3センチ程度の光沢や装飾のない黒いパンプス、男性なら革靴が一般的です。オフィスカジュアルでは、スニーカーやヒールの高すぎる靴はNGです。色やデザインも、派手なものは避けましょう。靴の素材にもさまざまな種類がありますが、光沢のある素材は避けた方が無難です。

バッグは黒や茶色でシンプルなものを選ぶ

バッグは、あからさまに高級ブランドのものや、目立つ色のものはNGです。黒や茶色などの暗い色で、装飾の少ないシンプルなものを選びます。形に関しては、男性もトートバッグでよいようです。クラッチバッグやリュックサックはNGです。スーツに合わせるバッグや、それに似たものを選んでおくのが最も無難でしょう。

NGオフィスカジュアル

露出は少なく

女性はミニスカートやショートパンツはもちろんだめです。露出は少なく、スカートは短くても膝辺りにしましょう。胸元の露出も控え、シャツはボタンを開けた状態で肌がほとんど〜数センチしか見えないものを選ぶと無難です。シャツでなくとも、鎖骨がほとんど見える程度だと露出が高すぎます。露出に関しては、「膝や鎖骨が見えないように」を目安にして考えるとわかりやすそうです。

カジュアルすぎはNG

パーカーやスニーカーはカジュアルすぎますので、基本的にNGです。シャツのすそは、だらしなくならないようにパンツの中にいれます。

色の選び方

色を取り入れるときは、派手すぎないものを選びます。度合いが難しそうですが、「ぱっと目を引くような色」はNGです。赤にも、原色のような赤からくすんだ赤まで、さまざまな種類がありますよね。白、黒、紺色、グレー、ベージュなどの地味な色を基本にしておくと無難です。ジーパンやジーンズ素材のものはオフィスカジュアルでは基本NGなのですが、会社によって差があるようです。コットンのパンツはOKなことが多いようですよ。

ドラマや雑誌を参考に

ドラマに出てくる会社員の服装を参考にしてみるのもおすすめです。登場人物が会社員ならば、オフィスカジュアルな服装であることが多いので、意識して見てみましょう。雑誌でオフィスカジュアルが特集されていることもありますので、おしゃれの参考にできそうです。

夏のレディースコーディネート

女性はスカートとパンツを選ぶことができるので幅広い

オフィスカジュアルは、決まりごとさえ守ればいくらでもおしゃれができるのです。色や形でかなり印象が変わりますので、幅広く楽しむことができます。

半袖ブラウスにロングスカート

半袖ブラウスで夏らしく、涼し気なコーディネートです。色の組み合わせは、『ブラウス青&スカート紺色』、『ブラウスはグレーと白の縞模様&スカートもグレー』、『ブラウスは白&スカートはグレーや黒』などいかがでしょうか。パフスリーブのシャツに、少し裾が広がったスカートを選べばガーリーな雰囲気になりますし、Yシャツにタイトなシルエットのスカートを合わせれば、キャリアウーマン風になります。前者ならヘアスタイルはハーフアップ、後者ならポニーテールや巻き髪が似合いそうです。夏にありがちな部分的に透けているシャツは、オフィスカジュアルではNGです。

Yシャツにパンツ

丸襟のシャツにガウチョパンツを合わせるとガーリーな雰囲気になりますし、Yシャツにタイトなパンツを合わせるとシャキッとした印象になります。前者なら巻いてからふわっとアップにするヘアスタイルにするとバランスが良いですし、甘くなりすぎずオフィス感を出すことができます。後者のシャキッとしたスタイルなら、ヘアはゆるく巻くなどして空気感をもたせると、ぴっちりした印象になりすぎず全体のバランスがよいです。Yシャツにガウチョパンツを合わせるのも、適度なゆるさが出ておしゃれな雰囲気になるのでオススメです。暑い夏にパンツを選ぶときは、足首までない長さの方が快適に過ごせそうですね。それぞれカーディガンを合わせると、また印象も変えられます。

夏のメンズコーディネート

男性は選択肢がYシャツ+パンツだけですが、ネクタイや生地や形でかなり印象を変えることができます。『シャツにパンツ』というだけのスタイルだからこそ、生地や色の選び方がものをいうのでセンスの見せ所です。

クールビズの基本スタイル

クールビズの基本スタイルは、ネクタイなしの半袖シャツです。ネクタイはつけなくてもよいところですが、あえてつけることによっておしゃれの幅が広がるのではないでしょうか。ネクタイピンは、気軽につけられるアクセサリーでもあります。

白シャツ&グレーのパンツ

失敗のない無難なスタイルですね。グレーのパンツなら、黒よりも夏らしくて涼し気です。白、グレーにしても色はさまざまですので、洗練された雰囲気を出すこともできます。夏でも薄めの長袖シャツを選び、あえてネクタイをつけることで色を添えてみてもよさそうですね。

淡いブラウンのシャツ&濃いめのブラウンのパンツ

淡い色使いで夏らしさを演出することができます。同系色でまとめることによって統一感が出ますし、全体的にくすんだ色でまとめるとおしゃれな雰囲気を出せるでしょう。ジャケットを羽織るのも一般的なスタイルです。ジャケットとYシャツの色は、同系色の濃い色、薄い色でコーディネートすると統一感が出ます。

夏の羽織ものの選び方

夏は、暑くなるほどに室内は冷房で寒くなりがちですので、オフィス用の羽織ものを持ってくるのもよさそうです。接客業や、お客様がよくいらっしゃる職場では特に冷房をきかせがちですので、冬用のカーディガンで丁度よいくらいの場合もあります。オフィス用の羽織ものを買う前には、ご自身の勤めている会社が夏にどの程度冷房をきかせるのかを把握しておくとよいでしょう。

夏のオフィスカジュアルのマナー

夏は暑いので襟元を開けがちですが、女性も男性も胸元が開きすぎているのはNGです。かがんだ時にも鎖骨から下が見えない程度にしましょう。また、女性はストッキングを履くのがマナーですので、夏でも素足はNGです。

関連タグ

アクセスランキング