IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

マーケティング戦略の種類・企業の成功例と失敗例

更新日:2020年11月07日

ビジネススキル

「マーケティング戦略」 聞いたことがある言葉だと思いますが目的や内容はどのようなものでしょうか。ここではマーケティング戦略について説明し実際の成功例と失敗例もご紹介します。あなたのお仕事のヒントがあれば取り入れてみてはいかがでしょうか。

マーケティング戦略とは?

市場で売買することをマーケティングと言いその活動を優位に行うためのものがマーケティング戦略です。目的は商品を出来るだけ効率良く多く販売することです。マーケティング戦略の中に含まれるのは、市場や顧客などの外部環境と、製造から流通、宣伝、販売などの会社で行う全ての過程です。市場や顧客、又社内で行うそれぞれの過程を分析して販売の作戦を立てることがマーケティング戦略です。

マーケティングの要素

マーケティング戦略を立てる上での項目を要素と呼びます。先ほどの市場や製造、販売など各過程が要素にあたります。まずはそれぞれの要素について情報収集と分析を行います。そしてその分析に基づいてマーケティング戦略を立てていきます。

基本的なマーケティング戦略の立て方

マーケティング戦略の立て方で基本的なものはSTPです。セグメンテーション(Segmentation)、ターゲティング(Targeting)、ポジショニング(Positioning)の考え方を使います。 ■Segmentation 初めにセグメンテーションを行います。セグメンテーションとは顧客をいくつかの層に分類することです。その分類された層のことをセグメントと呼びます。例えば女性と男性とか犬好きの人たちなどに分類します。 ■Targeting すべての人が同じニーズを持っているとは限りません。同じ環境や状況の人たちは共通のニーズを持っている可能性があります。すべての人に向けて商品を開発するより分類した集団が同じニーズを持つならそれに合致した商品を制作すれば売れる確率は高くなります。つまり特定のセグメントにターゲットを絞ることが必要になります。 ■Positioning ターゲットセグメントのニーズに合致した商品が開発されたとしても誰も手を付けていない市場でない限り他社の商品と競うことになります。そこで優位性が認めなければ多くは売れません。自社の商品は競合の中でどのような位置づけになるのか分析し優位なポジションにつける必要があります。それを考えることがポジショニングです。

マーケティング戦略の種類

マーケティング戦略の立て方にはいくつも方法があります。マーケティングの要素をいくつか組み合わせてフレームワークを作り、その枠組みの中で戦略を考える方法がとられます。先ほどのSTPも基本的なフレームワークの一つです。

代表的なフレームワークである4p

Product  Price   Place   Promotion 以上の4つを取り上げたフレームワークで製品、価格、場所、販売促進が枠組みを構成します。 価格は販売価格や仕入れ値のことです。プレースは販売ルートなどのことです。プロモーションは宣伝広告や営業活動などが含まれます。 4つを順番に考えていくのではなく、それぞれの要素を総合して考えて戦略を立てます。しかし4pには顧客が含まれていないので売り手視点だけでの販売方法なるかもしれません。 先ほどのSTPでは顧客が考慮されるので併用すればより良いマーケティング戦略が立案出来るでしょう。

4pから4cへ

Customer value Customer cost Convenience Communication 4cとは 顧客にとっての価値、顧客にとっての経費や負担、購入しやすさ、顧客とのコミュニケーションの要素で構成されたフレームワークです。このフレームワークは4pをもとにして作られました。すべての要素が顧客視点で定義されているので先ほどの4pに欠けていた部分を補っています。 買い手のニーズに合致しなければモノやサービスは売れない、良いマーケティング戦略は立てられないのが通常です。顧客視点を含めることは必須ですね。 4cもそれぞれの要素について情報収集と分析を行い総合的に考えて最適解を導き出すように使います。

内部環境と外部環境に分けたswot

Strength Weakness Opportunity Threats 内部環境である製品やサービスの強みと弱み、外部環境である機会と脅威の4つからなります。機会は販売の助けになるもので脅威は販売の妨げとなるものです。それぞれについて情報収集と分析を行い強みや機会を生かし、弱みと脅威を最小限にする戦略を立てる方法です。

マーケティング戦略の成功例

ヘルシア緑茶

初回公開日:2017年01月30日

記載されている内容は2017年01月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング