IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ケアマネージャー(介護支援専門員)の平均給料・手取りと相場

ビジネスマナー

皆さん、ケアマネージャー(介護支援専門員)という職業をご存知ですか?実は、この職業はやりがいもあり、給料も比較的良い介護職なんです。今回は、このケアマネージャー(介護支援専門員)の業務内容や給料事情について皆さんにご紹介していきたいと思います。

更新日時:

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは

皆さんは、ケアマネージャー(介護支援専門員)というものをご存知ですか?あまり聞きなれないワードだと思います。 実は、このケアマネージャー(介護支援専門員)という職業は介護サービスを行う上でとても重要な役割を果たしているのです。 今回は、このケアマネージャー(介護支援専門員)の給料事情について考えて行きますが、まずはケアマネージャー(介護支援専門員)というものが一体どんな職業なのかを皆さんにご紹介していきたいと思います。

ケアマネージャー(介護支援専門員)は介護士のサポーター

では早速ですが、ケアマネージャー(介護支援専門員)が一体どんな職業かというと、ケアマネージャー(介護支援専門員)とは「介護士のサポーター」です。 実際に介護利用者に対してサービスを行う介護士が適切に、かつ快適に介護を行うことができるように、介護士たちのサポート業務をを行うのがケアマネージャー(介護支援専門員)です。 さらに、ケアマネージャー(介護支援専門員)は介護士たちだけのサポーターではありません。 介護を利用する家族のサポートも行うのがケアマネージャー(介護支援専門員)なのです。 それがどういうことかというと、それはケアマネージャー(介護支援専門員)が具体的にどんな業務を行っていくのをご紹介していく上で説明していきたいと思います。

ケアマネージャー(介護支援専門員)は介護利用者の家族の相談役

ここからは、ケアマネージャー(介護支援専門員)の具体的な業務内容についてご紹介していくわけですが、先ほど述べた「ケアマネージャー(介護支援専門員)が介護を利用する家族のサポーターでもある」というのはどういうことなんでしょうか? それは、ケアマネージャー(介護支援専門員)が、現在発生している問題やそれが発生する原因、介護を必要とする理由などを介護利用者とその家族の相談役となることで、彼らのあらゆるニーズを把握してそれらに応える準備を整えてくれるからなんです。 ケアマネージャー(介護支援専門員)は、介護士のためだけでなく、介護の利用者とその家族の相談役となり、精神的なサポートも行うのです。

ケアプラン(介護サービス計画)の作成

ケアマネージャー(介護支援専門員)が行う業務は他にもあります。 例えば、「ケアプラン(介護サービス計画)の作成」です。介護士がどのように介護利用者に対してサービスを行っていくかを、利用者の心身の状態やその家族の希望に沿ってケアプラン(介護サービス計画)を作成していきます。 介護利用者の心身やその利用者の周りの人々など、多くの人に大きな影響を与えることになる介護サービスにとって、ケアマネージャー(介護支援専門員)が行うこのケアプラン(介護サービス計画)という業務はとても重要な役割を果たします。

ケアマネージャー(介護支援専門員)には資格が必要

以上の二つがケアマネージャー(介護支援専門員)の主な業務内容になりますが、実はこのケアマネージャー(介護支援専門員)になるためには資格が必要になってきます。 やはり、ケアマネージャー(介護支援専門員)の扱う仕事は周りに与える影響力がとても大きいので、ある程度の専門的な知識やスキルを身につける必要があります。 まずケアマネージャー(介護支援専門員)の職に就くには、介護支援専門員として登録・任用される必要があります。 そして登録されるには、都道府県が実施している「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、さらに「介護支援専門員実務研修」の全日程を全て受講しなければなりません。 これらの過程を修了したのちに、「介護支援専門員証」が交付されて、登録が完了しケアマネージャー(介護支援専門員)として活躍することが可能になります。 ちなみに、、「介護支援専門員証」は5年ごとに更新が必要になります。

給料相場は平均年収370万円

業務内容の影響力の大きさや専門的な知識やスキルが必要になってくることが分かったところで、今度はケアマネージャー(介護支援専門員)の給料事情についてご紹介して行きたいと思います。 まずは給料相場についてですが、ケアマネージャー(介護支援専門員)の平均年収は約370万円になっています。 業務内容の重要性や資格の取得が必須であることを考慮すると、他の職業と比べてやや低めの給料になります。 しかし女性の場合だと、一般女性の平均年収よりも約130万円ほど高い給料設定になっています。

賞与が高い

ケアマネージャー(介護支援専門員)の給料相場や平均手取り額はそこまで高くはありません。しかし、給料が低く設定されている分、給料とは別に支払われる賞与(ボーナス)がかなり高めに設定されているという点が、ケアマネージャー(介護支援専門員)の特徴的なポイントです。

給料相場は平均手取り約300万円

ケアマネージャー(介護支援専門員)の給料相場はわかったので、今度は平均手取り額はどのくらいでしょうか?ケアマネージャー(介護支援専門員)の平均手取り額は、だいたい300万円です。給料相場である約370万円に年間で50万円ほどの賞与額を加算し、そこから所得税や保険料、厚生年金分の料金を差し引くと、平均手取り額は月に約25万円程度になります。

様々な手当が豊富なので給料が高くなりやすい

先ほど、ケアマネージャー(介護支援専門員)の給料相場がやや低めだと確かに述べましたが、実はケアマネージャー(介護支援専門員)はその分手当が豊富なんです。まず、資格手当約1万円。その他にも、夜間連絡の担当(オンコール)手当や残業・休日出勤手当などとにかく手当が豊富です。さらに、各手当で支給される手当の金額がやや高めなため、元々の給料相場が低く設定されていたとしても、様々な手当を効率よく利用することで、通常の給料よりも高い給料を得ることが可能であるという点が、ケアマネージャー(介護支援専門員)の特徴的な部分です。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の給料は介護保険から

では、ケアマネージャー(介護支援専門員)の給料は一体どこから発生しているのでしょうか?一般的な職業とは違い給与形態は少し特殊です。まず、給料が出るのは「介護保険」からです。つまり、基本的には国・地方公共団体から給料が支払われます。仕組みはどうなっているかというと、まず介護利用者は国・地方公共団体から要介護認定をされる必要があります。そして国・地方公共団体から要介護認定されている対象者に対して、介護支援専門員として国・地方公共団体に登録しているケアマネージャー(介護支援専門員)が介護サービスをすることで、それらを把握した介護保険から報酬金が支払われます。その報酬金が、ケアマネージャー(介護支援専門員)にとっての給料になります。

ケアマネジャー(介護支援専門員)におすすめの職場は「グループホーム」

一概にケアマネージャー(介護支援専門員)と言っても、働き方は様々で働ける職場も多いです。有料老人ホーム、グループホーム、居宅介護支援事業所、訪問介護など本当に様々です。そんな数多くあるケアマネージャー(介護支援専門員)の職場のなかで、給料が高いくなりやすいおすすめの職場はどこかというと、それは「グループホーム」です。労働時間・福利厚生などの面を考えると、どの職場が良いのかはその人によって変わってきますが、「グループホーム」は一度に複数人の介護を行い、夜勤も比較的多いため、ケアマネージャー(介護支援専門員)の職場の中では給料が高めに設定されています。

ケアマネージャー(介護支援専門員)はやりがいのある、待遇の良い職業

いかがでしたでしょうか? 今回は、ケアマネージャー(介護支援専門員)の業務内容や給料事情について皆さんにご紹介してきました。ケアマネージャー(介護支援専門員)は、介護関係の仕事の中でも重要性が高く、とてもやりがいのある職業です。さらに、様々な手当も充実しており、待遇が良い職業なので、もし介護関係の仕事に就きたいという方にはおすすめの仕事です。今回ご紹介してきたことが皆さんにとって何か参考になれば幸いです。

関連タグ

アクセスランキング