IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ワークポートでの人材紹介のよく聞く評判と口コミ・面談方法

転職サービス・サイト

転職を考えている人は必見!ネガティブなイメージの転職を少しでも楽に進めるために、慎重に選びたい転職サービス。業界1との評判のワークポートを、経験者の評判と口コミで分析。ワークポートをよく知った上で、選択するのはあなた自身です!

更新日時:

転職を考えたら、ワークポート!本当にそれが最善なのか徹底解明!

人生のうちに、何度かはぶつかる厚い壁が『転職』です。 人によってはターニングポイントとなるのも、よく聞く話です。ターニングポイントになりうるかもしれないからこそ、慎重に選びたい転職のサポーター 今やIT系の転職サービスとしては飛ぶ鳥を落とす勢いで評判を上げているのが、ワークポートです。 今回はワークポートの評判を上げている秘密からワークポートの面談の雰囲気体験談など徹底リサーチしました。

ワークポートの実績紹介 リクナビNEXT転職決定人数部門 第2位 (2014.4月~9月) リクナビNEXT転職決定人数部門 第2位 (2014.9月~2015.3月) リクナビNEXT転職決定人数部門 第2位 (2015.4月~9月) 転職会議PlatformHR 転職決定人数 第1位 (2014.1月~3月期) リクナビNEXT転職決定人数部門 第1位 (2015.10月~2016.3月) マイナビ転職エージェントサーチ The Best Matching Of The Year2015 (2015年4月~2016年3月)

ワークポートの絶対的な魅力とその評判

転職を考えている人の意識調査結果

転職先への希望入社時期

●3ヶ月以内・・・全体の69.3% ●半年以内・・・・全体の80.8% ●時期は未定・・・全体の14.1%

転職先に求めること

●仕事内容 ●収入 ●やりがい

ワークポートの評判で読み取る良いポイント4つ

では、ワークポートの口コミ評判でわかった高評価ポイント4つをご紹介します。

ワークポートは IT、ベンチャー企業に強い  

もともと、ゲーム・IT系をメインに扱ってきたワークポートなので、企業とのパイプも強く、他にはないワークポートだけの求人もあります。つまり企業からの信頼関係も厚いのです。それを期待してワークポートを選ぶ人も多く、独占取引企業というのはそれだけで充分ワークポートの利点なのです。

ワークポートオリジナル転職コンシェルジュの存在がとにかくすごい  

ワークポートを語る上で切っても切れない、そして必ず話題に出てくるのがこの転職コンシェルジュです。転職コンシェルジュはワークポートにしかいないし、このコンシェルジュの存在が評判がいいのです。『コンサルタントやエージェントの枠を超えた満足度を提供したい』という思いでワークポートの柱として誕生しました。またワークポートで働くスタッフの多くが、業界経験者であるので知識やアドバイスが的確であり迅速なのです。さらに、コンシェルジュ自身の知識のアップデートの為に質の高い勉強会を開催するなど、転職コンシェルジュと呼ばれるスタッフが即戦力化されています。

ワークポートのスタッフサポートがとにかく丁寧  

数ある転職サービスを利用したことのある人でもワークポートの対応の丁寧さや、そのサポートのきめ細かさを評価する人が多いのも高いポイントだと言えます。 また、報告や連絡などのサポートも去ることながら、コンテンツの使いやすさも評判がいいのです。転職サービスで一番不満度が出るのが『コンサルタントとの相性』です。ワークポートでは、相談者との面談までに担当者を決めています。また、相談のやり取りをする中で担当者と合わない場合は担当者の変更も可能です。そういった細かい箇所でもワークポートの努力が垣間見えます。また驚くべきことに意外と忘れてしまいがちな、退職サポートもコンシェルジュが直接サポートしてくれるのだから、立つ鳥跡を濁さず転職できるという訳なのです。中には『交渉しづらい収入の交渉にも感じよく対応してくれて助かった。』などの声もあり、まさに転職希望者目線でサポートしてくるのだから有難いです。

対応が早い  

登録から相談・面談の予約など、やりとりが早く面談後のフォローアップも迅速です。夜20:30まで対応してくれるのも、仕事をしながら次の職を探す人にとっては有難いポイントとして評判がいいです。ワークポートが自ら『転職希望の方に親身に寄り添って相談を受ける』というだけあって、対応のサポートはかなり手厚いのが口コミの評判からも見て取れます。

ワークポートの評判で読み取る改善した方がいいポイント2つ

IT、ベンチャー以外の転職先が微妙

高評価でもあったIT系企業のパイプの多さが逆に悪い評判を呼んでいます。「IT系以外への転職希望者にも、要望にあった転職先を紹介できるといい。」との口コミもチラチラ見えました。IT系に特化したワークポートだからこそ!のマイナスポイントでもありますが、転職者の中にはIT系への転職を求めない人も当然います。なので、やはりここは聞き逃してはいけないワークポートの改善すべきポイントという訳です。

しつこい・ノルマがあるのか転職を急かすような雰囲気がある

こちらも「良い」とされるワークポートの評判を、逆手に取ったマイナスポイントだと言えます。フットワークの軽さが逆にしつこさを感じさせてしまっているのが原因です。また、仕事をしながらの転職を考えている人の中には『急かされている』印象を与えてしまっています。仕事をしながら急かされるのは、結構なストレスを感じさせるのです。登録から面談までに揃えるべき資料など、形式に沿ったやりとりだけだと心無い印象を与えかねないので、ワークポートの『親身になって相談にのる』が当てはまら無くなってしまいます。しかし、ワークポートへの評判として声が上がっている以上、転職希望者にしつこさや急かすような雰囲気を与えないよう改善する必要があります。

ワークポートの面談の評判

実際に、登録から面談に行った人の口コミを調べてみると評判はそう悪くありません。登録から面談までに、転職希望者に合う担当者と、ある程度の転職先リストを作ってくれているので、事前に知らされている必要書類を持って来社します。面談の時間はだいたい1時間程度です。面談をして、知識豊富な担当者と共に職務経歴書を作成するのでアドバイスを元に簡単に作成できます。担当者の雰囲気、会社全体、面談自体の評判も悪くありません。

ワークポイントの面談で良かったところ【口コミの評判】まとめ

●オフィスが綺麗で清潔感があった ●担当者と共に作成する職務経歴書がとても書きやすかった・アドバイスも的確だった ●面談独特のマイナスの圧があまり感じられなかった ●面談の服装が自由で気楽な印象だった ●面談時にはすでに20社前後の有名企業を含む求人案件を提示してくれ、一緒に精査したが 企業についてのアドバイスも参考になるものが多かった。

まとめ

IT系に特化したワークポートの魅力や改善ポイントが評判からよく分かりました。魅力としては充分な知識とノウハウ、企業とのパイプ。そして転職コンシェルジュの存在です。担当者の雰囲気がどうしても合わない場合は、担当者が変更できるという柔軟さもワークポートにはあります。一方で、改善ポイントは口コミ評判でも多かった、IT系以外の求人の充実です。IT系の企業に転職を望まない人は、「ワークポートとその他の転職サービスを併用している」という声も多くありました。IT系のエンジニア、ゲーム関連への転職を希望する人は、メインでワークポートを利用するのが効果的だという結果に至りました。

関連タグ

アクセスランキング