IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

デスクトップのオススメ整理術まとめ|壁紙やツールでの整理方法は?

ガジェット

デスクトップはすぐにアクセスが出来るのでついついフォルダなどをたくさん置いてしまいますが、置き過ぎてしまうと作業効率が下がる原因となってしまいます。今回ご紹介するデスクトップ整理術とオススメツールを使ってデスクトップを整理し、より快適な作業環境を作りましょう。

更新日時:

デスクトップにアイコンやフォルダを置き過ぎるとどうなるか?

簡単にアクセスが出来るためついデスクトップにフォルダを置いてしまったり、殆ど使用していないショートカットアイコンなどが、あなたのデスクトップにいくつも置かれてはいないでしょうか?あまり多くなってしまうと探すのが逆に手間になってしまう、間違ってゴミ箱へ捨ててしまう、デスクトップにアイコンやフォルダを置きすぎることでPCの動作が遅くなってしまうなど、デメリットばかりになり作業効率も悪くなってしまいます。

デスクトップ整理術で作業効率UP!

まずは、基本あまり使っていないショートカットアイコンはスパッと消してしまいましょう。ショートカットは単にアクセスをし易くするためのものなので、消してもプログラム自体が消えることはありません。プログラム一覧などからアクセスすることが出来ます。必要最低限のショートカットとフォルダにします。 関連するファイルは新規フォルダを作りまとめます。面倒に思うかもしれませんが、後の事を考えるとこまめに分けておく方が作業もしやすくなります。 デスクトップ上のバラバラに散らかったアイコンをきれいに並べたい場合は、メニューバーや右クリックで出てくるタグから グリッドに沿う と 整頓順序や並べ替え を使うことで、等間隔に並べることが出来ます。MacとWindowsそれぞれの方法を記載しておくので参考に試してみて下さい。

macの場合

HDなどの捨てられないアイコンは、特に使わないのであれば上部のメニューバーから Finder→環境設定→一般→デスクトップに表示する項目 のなかから使わないもののチェックを外すと非表示となります。 デスクトップ上のバラバラに置かれたアイコンをきれいに並べる場合、 デスクトップ上で右クリック(Control+クリック)→整頓順序 から好きな順番に並べることが出来ます。ただこれをすると、全てのアイコンが同じ場所に集まってしまいます。今の場所を維持したい場合は、整頓順序の下にある 表示順序→グリッドに沿う をチェック。するとそれぞれのアイコンの場所をあまり変えることなく等間隔に並べてくれます。 関連ファイルをまとめたい場合は メニューバーのフォルダ→新規フォルダ または Shift+Command+Nでも新規フォルダを作成できるので分類してまとめておきましょう。

Windowsの場合

あまり使っていないと感じるショートカットアイコンは削除します。右クリックで削除かゴミ箱へドラッグ&ドロップです。ショートカットは削除してもアンインストールはされないのでご安心を。 アイコンがバラバラに置かれている場合は 右クリック→並べ替え より、好きな順番に並べ替えることが出来ます。今の位置を維持したい場合は 右クリック→表示→アイコンを等間隔に整列 これで場所を変えずに等間隔にアイコンを整理することが出来ます。 フォルダを作ってファイルをまとめる場合は デスクトップ上で右クリック→新規作成→フォルダ で新規フォルダを作成することが出来ます。

壁紙を使った整理方法

棚やデスクなどが置かれた部屋、メモが張り付けられたコルクボード、色分けされたり項目ごとに区切られたシンプルなデザインなど、アイコンの整理がしやすいように作られた壁紙を活用したデスクトップ整理方法です。棚やデスクにアイコンを並べてみたり、コルクボードに貼ってみたり、整理が苦手でも壁紙を使えば見た目もお洒落に楽しく整理出来ますね。またショートカットやフォルダを種類ごとに分けて置くことで探すときに見つけやすくなるというメリットもあります。 壁紙を使う場合は、アイコンの自動整列、グリッドに沿うにチェックが入っていると自由な場所に動かすことが出来ないので外しておきましょう。

無料でダウンロードできる壁紙を集めたページのリンクです。検索すると、デスクトップを整理するための様々な壁紙がフリーで配布されています。自分に合ったものを見つけ、壁紙にして楽しくデスクトップの整理をしましょう!

デスクトップ整理に使える!厳選3つのオススメ便利ツール!

お次はデスクトップのアイコンをまとめるのに便利なツールをご紹介していきます。使っていないアプリは消しファイルはまとめるようにする癖を付けていくことが大事ですが、それでもデスクトップに残るアイコンは、このようなツールでまとめておくと使いやすくなります。デスクトップ整理に特化した壁紙以外に使いたい壁紙があるという人もこれらを使えば解決です。

Windowsで使えるツール

Fences

Fancesは名前の通りデスクトップ上に名前を付けた枠を作り、アプリやフォルダを入れて管理することが出来るツールです。ダブルクリックで枠の表示非表示が可能です。また、背景に合わせて枠の色を変えたり、透明度を変えたり、表示方法もアイコンやリストなどそれぞれ変えることが出来るなど様々な機能があります。デスクトップの整理ツールのなかでも高い人気を誇っています。 残念ながら有料になってしまったのですが、30日間の無料トライアル版があるので興味がある方はそちらから試してみてはいかがでしょうか?

Fences

CLaunch

CLaunchは完全なフリーツールです。特徴としてはランチャーウィンドウの外にカーソルを出すと表示が消えて作業の邪魔にならない、ショートカットやホットキーに対応しているのでキーボードのみでも使える、ランチャーの中にさらにタブを作ることが出来るので関連ファイルなどをまとめやすいなど。ページごとにデザインも変えることが出来ます。無料がいいという場合はCLaunchがオススメです。

CLaunch

SideSlide

SideSlideはランチャー型のデスクトップ整理ツールです。デスクトップの上下左右に設置でき、素早く呼び出すことが出来ます。色や枠の大きさも自由に変えられ、メモや画像もペタペタ貼っておくことが可能な自由度の高いツールになっています。こちらもフリーツールです。

SideSlide

Macで使えるツール

Ring Menu

Ring Menuは、円形のランチャーにアプリなどを登録し素早く呼び出すことが出来る有料ツールです。ショートカットキーで好きな場所に呼び出す事が出来ます。

Ring Menu

Desktop Groups

Mac版Fencersといった感じの有料ツールです。デスクトップ上にタイトル付きの枠を作り、アプリやフォルダをグループ分けして管理することが出来ます。枠の色、透明度、大きさ、枠内のアイコンの大きさなどを自由に設定できます。ウィンドウの上にカーソルを持ってくるとスクロールさせる事も出来ます。

Desktop Groups

Clean

Cleanは指定したファイルへデスクトップ上のファイルなどを自動でまとめてくれるフリーツールです。頻度は毎日か1週間に1回を選べます。消去されるわけではなく、好きなファイルにちゃんと入れておいてくれるのでとても便利です。そしてデスクトップも綺麗になります。Clean nowを選ぶと手動ですぐに整理する事も出来ます。色んなファイルが散らかりがちになる人にはオススメです。

Clean

デスクトップを整理して効率UP!

デスクトップは名前の通り作業机のようなものです。散らかっている机よりも整頓されている方が作業もしやすくなります。書類やメモなどが散乱していると見つけるのにも時間がかかってしまいますし、間違えてごみ箱に捨ててしまうなんてことがあったら大変です。知り合いや仕事の事情などでデスクトップを見せなければいけないという事も人によってはあるでしょう。そんな風に考えると整理整頓するに越したことはありません。フォルダにまとめることを習慣化する、不要なショートカットなどは削除する、壁紙やツールを使って工夫するなど、自分に合ったデスクトップ整理術を見つけ、快適な作業環境を手に入れましょう! 体系的に学びたいと思ったらPCスキルが身につく本を読むのもオススメです。 これからの時代に必要なPCスキルをぜひつけましょう。

関連タグ

アクセスランキング