IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

宅建士の難易度と合格率・問題や過去問例・独学に必要な勉強時間

マネジメント

一人暮らしを始めたり、家を購入する時にその物件の説明をしてくれる方がいます。その人は国家試験を通過した宅建士なのです。そのため、宅建試験の難易度が気になる方も多いでしょう。今回はこの宅建士の試験の難易度や勉強方法などについて記載致します。

更新日時:

宅建士の難易度

宅建士の試験は年に一度開催されている国家試験です。時期は10月の下旬頃です。 気候的には暑くも寒くもなくいい時期です。 しかも試験の開始時間は昼間になりますので、寝坊して試験会場に行けなかったという事はよっぽどの事が無い限りありません。

難易度に関してですが、不動産業に全く従事していない素人の人でも独学で合格する事が出来る試験です。 宅建士の試験は国家試験の中でも比較的難易度の低い資格になります。それでも毎年の合格率は20%を切っています。 切っていると言うよりは解答を集計し点数の良い年には合格点が引き上げられ、だいたい17%程度の合格率になる様に調整されています。 10人に8人は不合格になる試験です。この数字から難易度をどの様に感じるか個人により変わってくるでしょう。 また、不動産業界で勤務されている方が必ずしも合格するとは限りません。その点からもこの宅建試験の難易度が伺えるでしょう。

宅建試験問題

宅建士の試験内容や難易度は若干変化を伴いながらも、分野別に出題される問題数や問われる箇所等は似ています。 つまり過去の問題集を繰り返し行う事で合格する可能性は高くなります。 全く不動産業に関係のない仕事から転身をされる方にとっては、始めはその独特な言い回しに理解ができないかもしれません。 宅建士の試験の攻略法としては出来るだけ試験範囲内の知識を暗記して過去問に取りかかりましょう。 最初は何を問われているのか分かりにくいですが、繰り返し読む事で表現の仕方にも慣れてきます。 他分野の方が一発合格する事も出来る試験です。決して難易度が高過ぎる試験ではありません。 しっかり勉強して試験に臨みましょう。

宅建士になるために必要な勉強時間

この試験は覚えてしまえば答えを導き出す事ができるので、仕事をしていたり子育てをしている方でも十分に取り組む事が出来ます。 そこで必ず必要になるのはほの少しの時間でもいいので試験勉強をする事です。毎日仕事をしていれば、そればかりに時間を割く事が出来ません。 通勤時間やTVの合間の時間等10分でも5分でもいいので毎日参考書を開きます。 記憶と言うのは覚えては忘れて、再度暗記してを繰り返し、短期記憶から長期記憶にします。 ですので、一週間の一日だけ8時間勉強するよりは毎日1時間、それも細切れでもいいので行う方が効率的です。このようなことをやるだけでも宅建士の試験の難易度であれば、合格する可能性は高まるでしょう。

難易度を上げる注意点

勉強を始めるのは早ければ早い方がいいです。少し注意するのは法律の改定です。難易度が上がる一つの注意点です。 古い参考書で勉強し今の法律に身合わない情報を誤って覚えていては点数を取れません。 独学でも勉強は出来ますが、その辺の知識をしっかり取っていかなくてはいけません。 もう一つは統計の問題です。毎年出題されています。 宅建士の数や業者の数、着工数や業界の利益等です。出題される範囲は最新版になります。 ネットで調べたりして控えておかなくてはなりません。 土壇場で覚えるコツとしては朝、試験会場には宅建士の試験の為の学校やサイトの業者の方がチラシを配っています。 そこには案外最後にチェックしておくべき法改定の部分や統計が記載されています。 それを活用するのも一つの手段です。但し必ず正しい保障はありません。

独学のメリット

宅建士の試験は強い意志があれば独学でも十分に試験に通る事が出来ます。記憶力の低下する老年期の方でも、です。 独学のメリットは自分で時間をコントロール出来るので予定を組みやすいです。 又、先生を雇っているのではないので人件費もかかりません。参考書のお金だけで勉強する事が出来ます。 安く参考書を手に入れて資格を持って仕事をする事が出来るのでコストパフォーマンスも良いです。 難易度は低いとは言い切れませんが、強い意志と継続力、自分をコントロールする力のある人にはお勧めです。

独学のデメリット

ただ問題なのは間違えて覚えていたり、間違って解釈していても誰も咎めてくれません。これは大きなデメリットになります。 宅建士の試験の答えは選択です。消去法や偶然正解する事もあります。そんな状態で間違って解釈している事を気付かず本試験に臨んでしまうリスクもあります。 理解の仕方も文章を読んで学習するので効率は下がります。 質問したくても聞く人がおらず、ネットで検索したり参考書を開き時間をかなり取られてしまいます。 又、意志が弱く誘惑になびきやすい方では勉強を継続するのは難しいでしょう。

講習のメリット

宅建試験対策の講習もあります。時間、場所が決まっており、教える内容もプログラムされています。 ですので、その時間にその場所に行けば勉強する事ができます。 自分一人では勉強できなかったり参考書で理解するよりも人に教えてもらいたい人には合う学習方法です。 分からない所があっても質問し、その場で答えを知る事が出来ます。 講習はこれまでの宅建士試験の対策をしてあるので効率的に勉強を進める事が出来ます。 又、宅建士になりたいと同じ志を持っている人と関わる事でやる気アップにも繋がります。 無理にでも勉強をしないといけない環境に置く事で勉強がはかどるメリットがあります。

講習のデメリット

講習に参加すると受講料がかかります。仕事帰りで眠くて寝てしまっても受講料は戻ってきません。 会場に行くのも手間です。仕事の都合でいけなくなる日もあるかもしれません。 お金も使う事ですので、きちんとやり遂げる事が出来るか検討が必要です。 また、宅建士の試験の難易度、今の自分の実力などを考慮して講習を受講する必要があるのかということも検討すると良いでしょう。

通信という選択

他には通信学習という方法もあります。限りなく独学に近いですが、動画を見ながら学習したりメールで質問する事が出来ます。 問題を解いて郵送すれば解答し解説付きで返送してくれます。 講習と独学のいいとこどりになります。それでも動画を開くのは自分自身ですし、問題を解くのも自分自身です。 独学に近い間隔で申し込む必要があります。 自分の勉強のスタイルを今一度思い出し、どの方法がいいか勘案して下さい。

お勧め勉強方法

全くの不動産業界初めての方にはまず民法や不動産業とはと言った内容のわかる本を読むのが効率が良いでしょう。 宅建士の試験には取引に関する事でも重要な事は沢山あり、出題されます。 その時に全くどの様な場面か想像が付かなければ、勉強していても入ってきません。何も知らないまま勉強するのは難易度が上がります。 一度不動産業界とは民法とは一体どういう物なのかさらっと理解する事が近道です。 法律や税に関する事も多く覚えなくてはなりません。 持ち運び可能な紙に転記し出勤時間に長めなら頭に入れるといいでしょう。

過去問は何度も行い難易度に慣れる

過去問から出題の傾向を感じ取る事が出来る様になります。過去問は出題者の意図を知る為にも何度も反復して行いましょう。 次第に宅建試験で必要なのは全ての問題を正解するのではなく、皆が正解する所を落とさない事だと気が付くでしょう。 過去問の問題集も難易度は様々な物が混在している物を購入しましょう。 たくさんの難易度に慣れておくことで、どんな難易度の問題が出題されても対応できるようになります。 正解率が高い所は間違いなく解ける様にしておかなくてはなりません。難しく、意地悪な問題は必ず出ます。 全ての問題を自信持って回答出来る様にする事は困難です。 しかし、が正解する問題を必ず正解するように勉強する事が大切です。

試験慣れをしておく

試験を受けるのは大学の入試以来数年ぶりだと言う方も多く居られます。必ず、試験会場の雰囲気を味わっておく事をお勧めします。 緊張感は当日の大敵です。普段通りの実力を発揮する為にも模試を受け、会場の雰囲気に慣れておかなくてはなりません。

宅建士の資格は主婦にも人気!

宅建士の資格取得は主婦にも人気の資格です。子育てがひと段落したら資格を持って又働くのもいいかも知れません。 今の仕事に嫌気していても一つ資格を持っていれば、前を向いて進む事が出来ます。選択肢が沢山あると言う事は人生を豊かにします。貴重な人生の時間を有意義に過ごして下さい。

関連タグ

アクセスランキング