IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【男女別】営業職のおすすめの髪型とおすすめのセット方法

営業

営業職でとても重要なことが、男女ともに身だしなみの基本、髪型です。営業職に就いている方で、上司から髪型について注意を受けたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は営業職の男性・女性別おすすめの髪型とおすすめのセット方法を紹介していきます。

更新日時:

営業職の男性・女性別おすすめ髪型

男性はショートヘアがおすすめ

営業職の人は、営業に出る際に髪型を迷う事があります。飛び込み営業なら、第一印象を重要としますから、身なりには気をつけておきたい物です。また、ルート営業だとしても、営業先の人に失礼の無いような髪型をするべきです。 男性で営業職についている人なら、長髪よりも短髪の方が好印象でしょう。 短髪と言っても種類が存在しますが、適している長さはやはり、ショートからミディアムぐらいでしょう。

ベリーショートでも良いですが、ベリーショートですとばりばりの営業マンと言う感じがしますし、オーソドックス過ぎてしまいます。 飛び込み営業等では、そういったヘアスタイルでも好印象ですが、何度も営業に出るなら、熱血オーラは必要ないので、ショートで十分です。 髪の毛を短くしたら、整髪料で整える事も重要になってきます。 ただ、無造作に短髪にしても、寝癖等でだらしなくなっていると、それだけで印象が悪くなってしまいます。 そうならないためにも、適度に整髪料を付けて髪型を整えると良いでしょう。

女性はショートでもロングでもOK

女性で営業職についている人は、様々な髪型を楽しむ事が出来ます。 流石に、遊びに出かけるようなカジュアルな髪型は控えた方が良いですが、男性に比べるとショートでなくても十分です。 確かに、ショートヘアの方が好印象を与えますが、それは主に男性の営業マンです。 女性の営業マンで、ショートヘアをしていると、逆に悪印象を与えてしまう可能性もあるので要注意です。 ショートヘアでも、肩につくかつかないかぐらいの長さにしてみると良いでしょう。ミディアムショートぐらいが適切です。髪の毛が長い人は、髪の毛をおろしたまま営業に行くのではなく、ヘアゴム等で束ねてから行く事が重要になってきます。 やはり、髪の毛が下ろされている状態ですと、カジュアルな印象を与えてしまう事になるので、要注意です。 ヘアゴムやヘアピン等で髪型を変えて、自分の中で気分を変えるというのも良いです。仕事とは言え、モチベーションを挙げて仕事をする事は重要になってきます。 それを、髪型を変える事で調整出来るなら、そこから変えてみるというのも一つの方法です。

気分によって髪型を変えよう

営業で最も重要になってくるのは、自分のモチベーションを向上するという事です。 モチベーションが向上していない状態で、営業に出てしまうと、成果がでない事もしばしばあります。 そうならないためにも、モチベーションを向上させる事は重要になってきます。 モチベーションを向上させるためには、様々な方法がありますが、やはり髪型を変えてモチベーションを向上してみると良いでしょう。

それだけでモチベーションが向上すれば、苦労はしないと思う人も多いですが、髪型一つ変えるだけで、十分変える事が出来ます。 男性なら、整髪料を変えてもよいですし、普段しないような髪型をしてみるのも良いでしょう。女性なら、ヘアピンやヘアゴムの色を変えるだけでも良いでしょう。 何か自分の中で変化をつける事によって、営業に対するモチベーションを向上させるという訳です。

パーマや坊主、ツーブロックはOK?

営業時の髪型の許容範囲

営業時にする髪型として、どこまでが許されるのか分からないという事があります。 その中でも、パーマや坊主、ツーブロックと言った髪型が例として挙げられます。 答えは、業種によって変わってきます。 例えば、アパレルやイベント関連の営業に出る場合なら、若干おしゃれな髪型でも許されます。 そのため、パーマでも十分許容範囲でしょう。 しかし、IT関連の企業や外資系の営業になってくると、そういった奇抜な髪型はNGになってしまう事があります。 会社によって変わってくるというのもありますし、入社して社員がどういった髪型をしているのかチェックしてみると良いでしょう。 ただ、坊主は営業で悪印象を与えてしまうヘアスタイルなので、避けた方が良いでしょう。

過度におしゃれを意識した髪型はNG

仕事におしゃれという認識を持ち込むのは、基本的にはNGになってしまいます。 業種によって変わってきますが、営業マンであればある程度の常識を心得ている必要があるので、おしゃれはプライベートで楽しむようにすると良いでしょう。 ツーブロックに関しても、営業マンスタイルのツーブロックとおしゃれを楽しむツーブロックがあります。 もちろん営業をしているなら、奇抜なツーブロックは避け、営業マンスタイルのツーブロックにすると良いでしょう。

営業時は適度にセットする事が重要

営業で重要になってくるのは、適度に整髪料を付けるという事です。 完全に整髪料を付けない状態で、営業に出てしまうと、モサモサしたり、ぺしゃんこな髪型で営業に出る事になりますから、「だらしない」「清潔感がない」という印象を与えてしまい、営業先にも失礼です。

しかし、過度にジェルやワックス等の整髪料を髪の毛に付けてしまうと、それも不潔な印象を与えてしまう事になります。 そうならないためにも、適度に経アセットをする事が重要になってくる訳です。 営業に適した髪型は様々ですが、整髪料の付け方等はネットで検索すれば出てきます。 また、専門の雑誌で解説している事もあるので、参考にしてみると良いでしょう。

おすすめのセット方法

男性なら整髪料を付けてセット!

男性で髪型に悩んでいる人は、整髪料を付けてセットする事から始めると良いでしょう。 髪質によって付ける整髪料は変わってきますが、主にワックスやジェルを付けると良いです。 ワックスに関しては、過度に付けすぎるのは避けて、毛先だけに付ける事を心がけます。 ショートヘアーなら、アップバンクにしてみるのも良いでしょう。 さっぱりした営業マンという印象を与えたいなら、額を出している事は必須になってきます。

女性にピンとヘアゴムは必須!

女性で営業に出ている人は、ヘアピンとヘアゴムは常備しておいた方が良いでしょう。 ヘアピンに関しては、前髪用として常備しておくと便利です。 前髪が長過ぎる人は、横分け等にしますが、ピンで留めておけばおしゃれなヘアスタイルになります。 ヘアゴムに関しては、営業マンなら髪の毛を束ねている事が重要になってくるので、おすすめです。 その他にも、ダッカール等のヘアアクセサリーを常備しておくと、様々なアレンジが効きます。

雑誌を参考にしてセットするヘアスタイル

どういうヘアスタイルにすれば良いか分からないという人は、雑誌を参考にしてみるというのも良いでしょう。 雑誌を参考にする場合は、専用の雑誌が販売されているので、かなり参考になります。 整髪料の適切な付け方もそうですが、営業時のヘアスタイルについて学べるのでおすすめです。 ネットで検索しても出てきますが、ビジネスマナー等を学べる観点からすると雑誌を参考にした方が良いです。

社員を参考にするのも重要!

営業マンで髪型に悩んでいる人は、社員を参考にしてみるというのも良いです。 入社してから初めての時は、どういったヘアスタイルが適切なのかが分かりません。 しかし、営業に出ている同僚や上司等を見て判断すれば、適切な髪型が分かる事でしょう。 ただ、はじめに気をつけなければならないのは、自分がどういった営業先に行くかという事です。 会社によって髪型や身だしなみは変わってきますから、最初は一般受けするようなショートヘアーで営業に出るのが王道です。 そして、ある程度営業先が分かってきたら、少し自分自身のヘアスタイルを冒険させてみるのも良いでしょう。

髪型は印象を決める

男女によって髪型で取引先相手の印象は大きく変わります。確かに営業という職種は他の職種と比べて身だしなみ、特に髪型については厳しいと言われています。しかし対比して言ってみれば、向いている人には髪型を気にしなくとも楽しさで溢れている職業でもあります。 就活生の方は、面接の方法や履歴書の書き方などの就活の不安を新卒エージェントに相談してみるのもいいでしょう。

関連タグ

アクセスランキング