IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

30歳の実態|平均年収・手取り・平均の貯金額・転職状況

年収・給与

社会人生活も軌道に乗ってきて、一つの節目を迎える年の30歳。結婚をしたり子供ができたりしていることもあるでしょう。そんな中で同じ年の人たちの平均年収などが気になるところですよね。今回は30歳の平均年収や転職事情を紹介します。

更新日時:

30歳の平均年収は男性で431万円

30歳の男性の平均年収は431万円というデータが出ています。男性の場合は多くが正社員として働いているため、正社員の平均年収ととることができます。 月収ベースで行くとボーナスを抜いて30万から32万円となります。

30代女性の平均年収は367万円

30歳の女性の平均年収は男性に比べると少し下がります。 その要因としては、総合職ではなく一般職で働いている女性や派遣社員や育児のために時短で働いている方も多いため、額が少し下がると考えられます。 月収ベース考えるとボーナスを引いて、26万円程度になります。

30歳の平均年収の手取りは男性は約350万円

平均年収から厚生年金や雇用保険や税金などを差し引いた手取り額は、約350万となります。女性だと、290万円程度になります。 ここから、財形貯蓄や会社の厚生費などを引かれ手取りは、この額からマイナス10万程度差し引いた額が妥当と言えます。

30歳の平均年収の生活レベルは?

平均年収を聞くと気になるのが、この年収でどのくらいの生活水準を保っていけるかだと思います。ここでは、30歳の平均年収の生活レベルを既婚者と独身者二つのケースに分けて少し、紹介していきます。

30歳独身首都圏勤務の男性の場合

家賃 8万円 光熱費 3.5万円  食費 5万円 交際費 4万円 月々計20.5万円 が生活などを営む固定費となります。 これに、生命保険や貯金を月3万円するとなると、 大体、24万円くらいになります。 これらを12か月分した金額を差し引くと手元には、 大体20万円から60万円程度残るため、余暇に海外旅行に 行くなど、少しの贅沢を行うことは可能なレベルの生活費です。 首都圏勤務のため、住居費が地方に比べると高くなりますが、地方だと 車がなければ生活が厳しいため、住居費が安くなる代わりにこれらの維持費や ガソリン代が必要のため、地方勤務でも生活レベルや手元に残る金額は、 首都圏勤務と変わらないと考えられます。

30歳既婚首都圏勤務男性の場合

ここでは、マイカーなしで子供二人の夫婦を想定します。 家賃ローン返済に10万円 光熱費5万円 食費4万円 旦那の小遣い2万円 保険代1万円 月々計23万円となります。 これらに加えて、子供の習い事の費用や幼稚園や小学校の費用などの雑費が加わるため、 手取りの年収からそれらを引いた額は、10万円から40万円程度になります。 そこから貯金や他の諸経費を出さなければならないため、家族旅行などをする余裕は 少しないともいえます。 企業によっては家族手当や住宅ローンの手当などを受けることができるため、収入は独身男性よりも少し増えますが、ちょっとかつかつの生活になるため、専業主婦で家にいてもらうのは少し難しいでしょう。

30歳の平均年収の生活レベルは独身では少し贅沢ができるが既婚者では難しい

30歳の平均年収で営める生活レベルは独身であれば、貯金もできて充実して贅沢もできますが、既婚者であれば今後の貯蓄や子供にかかる費用などを考えると、少し節約をしていかなければならない生活レベルと言えます。 また、既婚者であれば子供と旅行に行くためにマイカーなどを考える方も多いですが、この年収では、マイカーまで買うのは少し厳しいです。 ですが、既婚者でも奥さんに週二回程度5時間のパートに出てもらい、年収50万程度の収入を得てもらえれば、奥さんも友達とランチなどに出たり、マイカーなどの検討も行うことが可能のレベルとなります。 結論としては、既婚者で子供居るとなると、500万円は年収が欲しいところです。

また、事故や病気などは予測できません。もし病気になってしまった場合、医療代や、入院代、さらには手術代など多額の出費になる可能性があります。すぐにお金は用意できません。そんな時は、カードローン という方法もあるので下記の記事を参考にしてみてください。

30歳の平均貯金額は300万円

転職サービスdodaの調査によると30歳の平均貯金額は328万です。 割合では、0~50万円が19%で500万~1000万円と答えた方が14%という結果が出ております。 そのため貯金は、当人の価値観次第で大きく変動があることが分かります。 少し話は脱線しますが、簡単な貯金をするための貯金術を少し紹介します。

お金がたまる人の貯金術

貯金をするためには、目の前のお金に向き合うことが大切です。 そのために、財布やキャッシュカードを見直すことが大切です。

財布にいくらお金が入っているかをチェックする

お金を貯めることができる人は、管理ができる人です。 そのため、財布などにお金がいくら入っているかを把握している人は、お金の管理ができているともいえます。 例えば、今日どこで何にお金を使ったかなどを記憶している人は、その日の金額を覚えているでしょう。 このように、あなたがいつどこでお金を使っているか、そして今手持ちに余裕があるのか等あなたの財布事情をつかんでおく必要があります。

キャッシュカードなどを一本化する

これも、上のコツと少し似ているのですが、あなたが現在持っているお金を把握しやすくするためには、キャッシュカードが何枚もあれば、複雑でいくら持っているかも把握しにくいですよね。 そのため、キャッシュカードも貯金用と生活費用など最低限のものを持っているだけにとどめることをお勧めします。

財布を毎日きれいにする

財布の中がレシートや領収書などでぐちゃぐちゃの人がたまにいますよね。 そういう方の多くは、お金の出し入れの管理がうまくできていません。 そのため、日々の出費の把握ができずなかなか貯金ができないジレンマに陥ります。 これをなくすためにも、毎日財布をキレにすることで、日々のお金の出費を把握しましょう。 また、銀行などでお金をおろすのも定期的にして、日々の出費をシミュレーションするのもとても有効です。

小さな心がけでお金は管理できます

このように、日々の小さな心がけで無駄な出費を抑えて貯金を行うことは可能です。 では、ここからは30歳の転職事情について少し紹介してきます。

30歳の転職の動機は待遇や将来性のため

30歳の転職の動機や、会社の将来性や自分の今後の将来についてであったり、平均年収や周りの年収などと比べて自分の待遇に不満を持っての転職が主な動機です。 30歳は社会人人生の一つの節目であり、転職ラインでもぎりぎりのラインのため、ここで転職しようという方も多いため、将来や待遇の動機で転職する方が多いと思われます。

30歳の転職は不利と思う人も多い

大手求人サイトリクナビネクストの調査によると、30歳の転職を不利と思う方は50%程度おり、半数くらいの方は転職に不安を感じております。 ですが、実際転職者を対象のアンケートでは過半数の方が不利とは感じなかったと答えたというデータがあります。 未経験の仕事に関しては、若い人の方が有利の傾向がありますが、経験をしている職種や仕事については30歳の採用に積極的で、採用サイドもそのと社風や文化などに興味を持っているようです。 30歳であれば元いた会社でもある程度の戦力として活躍しており、外の空気を入れてプロパー社員を活性化させるとすれば、非常にメリットも高いため、採用サイドも積極的に採用をしようとしていると考えることができます。

30歳の転職は短期集中

大手求人サイトリクナビネクストの30歳の転職でかかった期間の調査によると、40.6%の方が1~3か月で決まったと回答をしています。また、1か月以内と答えた方も20%いるため、過半数以上が3か月以内転職を決めています。 そのため、転職の期間は非常に短く短期決戦で行うことが望ましいです。 そのため、転職の前の事前準備をしっかり行い、一気に面接や書類選考を突破すること30歳の転職の成功の秘訣ともいえます。

キャリアを活かした転職では年収アップも

30歳の転職で成功を勝ち取るには、あなたが20代で培ってきたキャリアを大いに生かせる会社や職種を探せるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。 そのため、あなたのキャリアと企業側の需要がマッチしていれば、元いる会社の年収や30歳の平均年収より高い企業に行きやすい傾向にあります。

年収UPの転職なら「doda」

年収UPの転職なら満足度No.1のdodaに任せましょう。 経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。 求人数もトップクラス。 まずは無料登録から始めましょう。

30歳は社会人生活のターニングポイント

30歳の平均年収や生活事情や転職事情などをみてきた中で、30歳は転職においてもキャリアなどを活かして新天地を求めるには、好機の年齢ともいえます。 今平均年収よりも少し低いと思った方や、この平均年収ではちょっと生活厳しいかもと思った方は、少し転職などについて考えながらライフプランを考えてみてもいいかもしれませんね。

関連タグ

アクセスランキング