IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

今の仕事に飽きたら転職を考えるべき?モチベーションの上げ方

転職の悩み・不安

仕事に飽きた!そう思ったことはありませんか?なぜ飽きるのでしょうか。飽きたと感じたらモチベーションも下がってしまいますよね。そんな時、どうやってもう一度やる気を取り戻せばいいでしょう。仕事は毎日するものなので出来るだけ楽しみたいですよね。考え方をお伝えします。

更新日時:

飽きた時は原因を考えて再度頑張ってみる

今の仕事に飽きた人がすぐに転職をしても、次の仕事でも同じように飽きてしまうでしょう。人には自分合った仕事はありますが、仕事が合わないから飽きる訳ではありません。仕事に飽きる理由を自分が考えない限り、どんな仕事に就いてもすぐに飽きてしまうでしょう。仕事はほぼ毎日するので飽きやすいのは仕方がないことです。

どんなに美味しい物を食べたとしても、毎日同じものを食べ続けるとすぐに飽きてしまうのと同じです。毎日同じことをすれば飽きやすいので、仕事に飽きないようにするには工夫が必要です。仕事を辞めても原因を考えずに工夫しなければ、同じことの繰り返しになってしまうので、工夫して再度頑張ってみることをおすすめします。

仕事に興味が無いから仕事に飽きてしまう

要因はいくつかありますが、そのひとつに仕事に興味を持てないことが挙げられます。自分がどうしても就きたい仕事ならば、毎日楽しんで仕事をすることができるでしょう。

しかし飽きたと言っても自分がやりたくないこともしなければいけないのが仕事です。仕事に興味を持つことができなければ、すぐに飽きてしまうのは当然のことです。仕事は何十年と続けていくものですが、自分が興味のない物は飽きてしまうので、成果も出すことはできないでしょう。飽きずに仕事をするには自分が興味のある分野に就くことが大切です。仕事に興味を持つことができなければ、すぐに飽きたと思ってしまい仕事が辛いと感じながらの作業になるでしょう。

毎日同じことの繰り返しで飽きた

人が飽きる要因として、毎日同じことの繰り返しは飽きやすくなります。仕事は毎日同じことを繰り返すことが多くなるので、興味が無ければすぐに飽きてしまうでしょう。

仕事に飽きた原因は、仕事の楽しみを知らないのと同時に、毎日同じことの繰り返しによって余計に仕事がつまらないと感じるのです。やりがいや興味を持つことができれば楽しめますが、仕事に興味が持てなければつまらない、辛い、飽きるといったネガティブな感情になりやすいです。仕事に飽きてしまう要因でもある同じことの繰り返しは、自分で工夫して改善するしかありません。飽きるということは自分が興味を持っていない証拠でもあるので、何か仕事に対してのやりがいや目標を持つことが大切です。

仕事が上手くいかない状況が続くとつまらなくなる

仕事では自分の想い通りに上手くいくことはほどんどなく、常にいろいろな壁やプレッシャーと戦いながら仕事をすることになります。自分の想い通りに仕事が進めばこれほど楽なことはなく、結果が出ることによって仕事も楽しく思えるでしょう。

しかし仕事では困難なことが多いので、自分の想い通りにいくことはまずありません。それでも何とか目標に向かって頑張っているのです。自分の想い通りにいかないと、仕事をしていてつまらなくなるので飽きてしまいます。ある程度の成果が出れば仕事のやりがいや面白さを見つけられるのですが、上手くいかないことが続くとつまらなくて仕事に対して飽きてしまいます。

飽きたのは自分主導ではなくやらされているから

仕事は自分主導でなくやらされている感が強いと、仕事がつまらなくて飽きたと思ってしまいます。自分から自発的に行動したり発案することで、仕事のやりがいや楽しさを実感することができます。言われたことだけをやらされていると、どうしても嫌気がさして辞めたいと思うことも多々あります。仕事も楽しさを感じることができなければ、飽きてしまってつまらないと思うようになります。積極的に行動することによって仕事の楽しさを実感できるので、やらされている感が強いとつまらなくなり仕事に飽きたと思ってしまいます。

仕事をしても楽しみがない

仕事は辛いことや大変なことが多いですが、その中でもやりがいや楽しさを見つけることによって、長く仕事を続けられる原動力にもなります。 毎日同じような仕事を繰り返し行っているだけで、自分で仕事の楽しさを見つけられなければ、仕事に対してのやりがいも見つけられません。やりがいや楽しさを見つけられない仕事はどうしても身が入らないので、すぐに飽きてしまうでしょう。仕事は辛くて大変なものだという認識があると、どうしても嫌なことばかりが印象に残ってしまいます。楽しんで仕事をしている人は、自分なりに楽しめるポイントや工夫をしているので、飽きることなく仕事をすることができます。仕事の楽しみを見つけられない人はすぐに飽きてしまい、つまらないと思いながら仕事をすることになるでしょう。

明確な目標が見えていない

仕事ではいくつかの目標を設定することによって、目標に向かってモチベーションを維持することができます。毎日同じような仕事をしていても、その日によって目標設定を変えることによって、気分を変えて仕事をすることができます。 仕事に飽きたと思ってしまう人は目標設定が決まっていないので、何となく仕事をしているのかもしれません。毎日のノルマをクリアすることだけが仕事だと思っているので、自分の中で目標を作ることがありません。自分を成長させるためにも目標を立てることによって、成長することができると共に、仕事にやりがいを見つけることができます。仕事に飽きたな、と思いやすい人は自分なりの目標が無いので、言われたことだけをただやっているだけなのかもしれません。

モチベーションを上げる方法1:全く違うやり方で仕事に取り組んでみる

どんなに頑張っていても仕事にで飽きたと思うこともあります。飽きた仕事をもう一度楽しくするコツは、今までとは全く違ったやり方や考え方で取り組んでみることです。昔と同じやり方をしていては、同じように仕事に飽きてしまうので、違う方法で仕事に取り組んでみましょう。違ったやり方や考え方は新たなイノベーションを起こしやすいので、今までとは違った発想が生まれることもあります。新たな発想は仕事に対しても違った捉え方をすることができるので、飽きたと思った仕事も再度楽しく仕事ができるかもしれません。

モチベーションを上げる方法2:小さな目標を立てて達成感を味わう

仕事を楽しくするコツは自分で小さな目標を立てて、達成感をたくさん味わうことです。一度飽きた仕事でも自分なりに小さな目標を立ててみましょう。目標はどんなものでもいいので、クリアできそうな目標を何個も立ててみます。目標をクリアするごとに達成感を味わうことができるので、仕事に対しての充実感も感じやすくなるでしょう。毎日同じような仕事を何も考えずにやるよりも、ちょっとしたゲーム感覚で目標を立てながらやると楽しくできます。仕事に限らず飽きてしまうのは、自分が興味が無かったりつまらないと思うので飽きたと思ってしまうのです。飽きないようにするには自分が楽しんで仕事をすることができればいいので、自分なりの目標設定を立てて楽しみながら仕事をするのがコツです。

モチベーションを上げる方法3:自分で創意工夫をしてみる

自分で考えて物事を進めていくのは大変なことですが、やりがいや充実感を感じやすいので、自分も楽しみながら取り組むことができます。仕事に飽きたと思うのはやらされているという意識が強いので、自分で創意工夫をしてやってみましょう。仕事に対して自分から積極的に行動すれば、やりがいを見つけることもできます。困難なことが多いほど達成感を味わうこともできますし、工夫しながら仕事を進めて行けばそれだけ楽しめます。飽きた仕事をもう一度楽しくするコツは、自分で創意工夫をしながら仕事に取り組んでみることです。やらされている時とは違って、やりがいを持って仕事に取り組めるはずです。 やらされ仕事ではなく、自分の意思で取り組んでいると思うだけで見える世界が違ってくるかもしれません。 転職をするのも一つの手ですが、飽きたという理由だけでは不安です。 ぜひ一つでも取り入れてみてくださいね。

関連タグ

アクセスランキング