IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

きつい仕事の対処法・よくきついと言われる仕事・転職判断のポイント

転職の悩み・不安

あなたの今の仕事はきついですか?きつい仕事を続けていくのは大変ですよね。仕事がきつい事の様々な理由、よくきついと言われる仕事やきつい仕事への対処法と耐えられない場合の転職を判断するポイントを紹介します。ぜひ、参考にしてください!

更新日時:

仕事がきつい理由

やっている仕事がきついと感じるのはそれぞれ理由があります。 仕事そのものであったり、仕事以外の人間関係であったりと様々です。すぐに解決できるものもあれば容易には解決できないものもあります。まずは仕事をきつく感じる理由について考えてみましょう。

仕事が合わない

やっている仕事(職種や業務の内容) が自分と会っていない場合があります。 例えば、内向的な性格の人が外回りの営業マンをやっている場合はやりたい自分が合っていませんし、事務職で入社したのにお茶汲みやコピー取りなどの仕事をしている場合は業務の内容が合っていないことになります。自分の希望と行なっていることがあっていない場合は仕事がきついという状況になります。

ノルマがきつい

会社の達成ノルマがきつい場合も仕事がきつく感じる理由になります。 ノルマと言うと営業マンだけの話というイメージがありましたが、最近では物販業界などでも一般社員に販売ノルマを要求することも少なくありません。ノルマを達成できない社員やバイト自社の商品を購入する、いわゆる「自爆営業」などの問題がマスコミなどで取り上げられますね。

人間関係がうまくいかない

仕事は人と人が進めるものです。職場の人間関係がうまくいかないということも仕事がきつく感じる理由になります。実際、退職理由で人間関係が原因ということも少なくないですし、 転職の際に注意する項目の一つに職場の雰囲気や人間関係をあげる人もいますね。

肉体的にきつい

一昔前に流行った言葉で3K職場というのがあります。 「臭い・汚い・きつい」という3つの言葉の頭文字を取ったもので、肉体労働が主な仕事のことを指してこう呼び、就職したくない仕事として、表現されていました。 しかし今は、それ以外にも「残業が多い」「休日がない」など、 単に力仕事である事以外にも肉体的にきつい仕事が存在します。

給与や条件がきつい

実際の仕事以外に給与が安い、福利厚生がない、などの就業条件面きついということも新聞やテレビでよく話題になります。 生活に直結するものですので、単に仕事がきついと言うことよりも転職という選択肢に結びつきやすいものと言えるでしょう。 よく保育士などの仕事に就いている方がインタビューなどで「仕事は楽しいけれども生活がきついので辛い」という話を耳にしますね。

よくきついと言われる仕事とは

きつい仕事の代表は以前は、土木工事関係など、肉体労働をする仕事でしたが、今はきついと言う事も多岐にわたっています。 ノルマがきついと言われる業界は「金融、商社、人材、出版、アパレル」などがあげられます。ノルマ達成の為に親兄弟や親せき回りなどで成績をあげると言う話や先程登場した「自爆営業」などと言った話が新聞やテレビなどでよく話題になりますね。 現代では、休日が無い、残業が多い、給料が安い、達成ノルマきついなど、の業界もきつい仕事としてあげられるでしょう。例としては、介護業界、保育士、飲食業、アニメーター、プログラマーなどですね。

きつい仕事の対処法

きつい仕事に対して私達働く側ができることは何かあるでしょうか? できることとしては、大まかに考えると「個人的な努力でできること」「会社に働きかける必要があること」2種類のの対処法があると思います。

自分ができる事

まず、きつい仕事に自分でできる対処方法は何でしょうか? 自分が限界にならない様にできる事をできる範囲で進めて行ってみましょう。

体力をつける

長時間の労働や、体力のある仕事を行ったとしても、負けないだけの体力をつけることが必要になります。実際に、日々ハードな仕事をしながら体力をつける必要がある、などという場合は、 ジョギングなどのフィジカルなトレーニングよりも、ヨガやストレッチ、瞑想などといった方法で心や体をしなやかにする方が良いかもしれません。

休む

日々きつい仕事を行っている場合、体に疲れをためないようにいかに効率的に休むかということが重要になります。よくテレビで見かける、100キロ近くに及ぶ長距離のマラソンや軍隊の長距離行軍、 エベレストなど冬山の登山などでは、いかに休むかが成功への鍵になってきます。 仕事の上でも休息をとることは重要です。職場などでのちょっとした空き時間にストレッチを行なったり、少しの時間、目を閉じるだけでも視神経や脳を休めることができます。また、仕事から帰った後にお風呂に入ったりアロマテラピーをしたり することでリラックスして休息することができます。

気分転換

仕事から離れたらきついと感じる仕事モードから一刻も早く自分を解放する必要があります。 そのためにはさまざまな方法で気分転換をする必要があります。 仕事の後に同僚と飲みに行ったり、カラオケでストレス発散したりといったことも良いでしょう。 また、スポーツや旅行などの趣味を思い切り楽しむということも気分転換になる良い方法です。

会社との間でできる事

会社に勤めているからといって、ただ任された業務をきついと日々感じながら行なっているよりも、交渉できる点があれば会社と話し合い、改善していきましょう。

仕事や業務内容の変更を依頼する

現在きついと感じている仕事について、仕事の内容や進め方を変えられないか交渉してみましょう。仕事の納期を伸ばせないか、アルバイトなど活用して業務の分担を出来ないか、その業務をなくすることができないのか…など、少しでも改善できないか提案をしましょう。

配置転換を依頼する

現在自分が行っている業務の変更が無理であれば、仕事の配置転換を依頼することもしてみましょう。例えば外回りの営業マンが内勤での交渉や書類作成を行う部署に異動してもらうなどということです。

ぎりぎりまでがまんしない事

仕事がきつい会社で働く上で大切なことは、きついと感じていることをギリギリまで我慢するということをしないことです。 周りが頑張っているし今までみんなもやっていることだから我慢して続けなくてはなどと考えてはいけません。無理をして続けると、体を壊す事や、うつ病などの心の病気になってしまう恐れもあります。

転職判断のポイント

転職をするかどうか判断をするポイントとしては2点あると思います。 1点目は「自分で対策できることを行った」「会社との交渉が全て失敗に終わった」場合です。 2点目は「体力や心の状態がギリギリのレベルまでしていることです」 2点目に関しては、例えば「病院に通院するぐらい体を壊している状態である」とか「休んでも疲れが取れない・なかなか寝付けず、寝ても途中で起きてしまう」「食事が美味しく感じない・以前楽しめていた趣味が楽しくなくなった」「久しぶりに会った友人知人に体調を崩してないかと聞かれる」なるというように、自分で気づきやすい場合と、気づきにくい場合とがありますので注意が必要です。 この2点のうちどちらかが当てはまるようであれば転職を考えても良いのではと思います。

転職する時に気をつける事

転職する際は、また同じような職場に就職してしまわないようにすることが必要ですね。 そのためには、「募集内容の給与などの金額だけで判断しない」「面接の際に会社の雰囲気は和やかか人間関係は良さそうかなどを気にかけるようにする」…といったことが大切です。 ハローワークや転職サイトの担当者に前職の仕事がこの様な点できつかったというような話を正直にして相談に乗ってもらうことが重要です。もし、転職希望先が知り合いの会社でなどあれば、会社の雰囲気なども把握しやすいと思います。ハローワークなどでは求職者の性格テストなどもやっていることがありますのでそういったもの受けて自分を更によく知っておくことも大切です。

きつい仕事の対処法まとめ

いかがでしょうか?きつい仕事への対処法や転職を考えるときのポイントについてお分かりいただけたでしょうか?「ブラック企業」という言葉が一般化しているのを見ても、今の仕事の状況は労働者にとってきつい場所が多いのかもしれません。 仕事をしないと生活をしていくことはできませんが、かといって仕事のために自分の心身を傷つけ続けるということはすべきではありません。 しっかりとした対策を取り、自分にとって働きやすい労働条件や労働環境になるようにしていきたいですね。

関連タグ

アクセスランキング