IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

洞察力と観察力の違い・洞察力と観察力を鍛える方法とメリット

初回公開日:2016年12月30日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2016年12月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自己啓発

洞察力と観察力って何が違う?実は洞察力と観察力は似ているようですが、見ている物が違うのです。その洞察力と観察力は人とのコミニュケーションで活用できる物で、しかも鍛える事ができます。今回はそんな洞察力と観察力について解説していきます。

洞察力と観察力の違い

洞察力と観察力。言葉は似ていますが何が違うのでしょうか。まずは観察力と洞察力のそれぞれの言葉の意味を調べてみました。

観察力の意味 物事の表面的な情報を見る力

観察力の意味は物や人の状態の変化を客観的に広く注意深く見る事が出来る力の事を言います。要するに物事の表面的な情報を見る事ができる力なんですね。

観察力はコミニュケーションで活用できる

観察力があると、例えば服装の違いや髪型の変化に気付いたり、相手の見える範囲でのいつもと何か違いがあるときに気付けたりします。このように観察力はコミュニケーションをする際に使う事が出来ます

洞察力の意味 観察した対象の隠れた情報をも見抜く力

洞察力の言葉の意味は観察した対象の見えない部分の情報を見抜く力です。観察力では表面を見る事が出来る力でしたが、洞察力では物事を観測した上で、その物の隠れた情報を見抜く力の事です。 洞察力があると、例えば黒い革靴とスーツを着てネクタイを締めている人を見て、今は時間が8時だからこれから出勤の時間だし、この人はこれから仕事に向かうサラリーマンなんだなと推測する事ができますね。 このように見た目をまずは観察しそこから様々推理をして答えを導く事ができるのが洞察力なんですね。

洞察力があると人の表情から垣間見る感情を推測する事ができる

洞察力は人や物の表面的な物だけではなく、その中に隠れた人の感情や物の中に隠れた情報を読み解く事ができます。 例えば、話しかけたら眉間にしわを寄せる表情をした人を見て、「この人は今は機嫌が悪いのかな?」と読み取ったり、「笑顔だから話しかけて大丈夫」と相手の表情からコミュニケーションするタイミングを図ったりする事ができます。

洞察力と観察力の違いは”内面を見抜く力か表面だけを見る力の違い”

洞察力と観察力の大きな違いは、内面を見る事ができるか、表面だけを見る力かの違いです。 共通するのは見るという事です。二つはそれぞれ見方の違いはありますが、切っては切れない物であるのは分かりますね。なぜなら観察力が無くては洞察力は発揮できないからです。

洞察力も観察力もコミュニケーションには不可欠

このように洞察力も観察力もコミュニケーションにはとても不可欠な物なんです。観察力で様々な表面的な情報を集めた上でその中に隠れた情報を推測して答えを出すのが洞察力ですね。そのため洞察力と観察力はコミュニケーションには不可欠なんです。

洞察力と観察力を鍛える2つのメリット

洞察力と観察力を鍛えるメリットがあります。解説していきます。

①トラブルを避ける事ができる

洞察力と観察力を鍛えるメリット1つ目「トラブル避ける事ができる」です。 例えば人の表情を観察して、人の機嫌を読む事ができます。相手の顔色を伺うというのは洞察力を使った言葉でもあるのかもしれませんね。 上司や先輩が機嫌が悪そうな表情をしていたら声をかけにくいですよね。勇気がある人は「部長、奥さんと何かあったんですか?」と声をかけてあげるかもしれませんが、下手に声をかけてしまうと逆燐に触れて怒られてしまう事もあります。

洞察力と観察力を活用すると表面的な物と内面的な物を分析できる

関連タグ

アクセスランキング