IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職先の探し方・時間の作り方|新卒・第二新卒の仕事を探す方法

転職ノウハウ

誰でも一度は経験のある転職先の探し方ですが、しっかりと自分の理想に近い企業を探すためにはコツや方法を知っておくことが重要です。転職先に求める条件やツールなど、知っておいて損はない情報をご紹介していますので、ぜひ読んで参考にしましょう。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職先に求める条件は明確にしよう
  • 企業によっては、第二新卒こそ積極的に採用するようなケースも
  • 転職先は、転職サイトや転職エージェントを使って見つけよう

転職先を探す際には、事前にいくつか考えるべきポイントがあります。まず初めにやるべきことは、どの段階で転職先を探すかを考えるべきです。 仕事をしながら探すのか、それとも仕事を辞めてから探すのかで、転職活動の方法は大きく二分できます。転職先を探すタイミングを決めたら、探す方法もある程度限定できてきます。 さらに、転職先に求める最低条件を決めておく事も重要です。漠然と転職先を探してもなかなか決まらないものですから、業種と給与の目標程度は決めておくべきでしょう。 タイミングや条件が決まったら、早速転職エージェントに登録して、あなたにぴったりの求人を見つけましょう。

やってみたい仕事から転職先の探し方を考える

やってみたい仕事から転職先の探し方を考える

転職したい場合の仕事の探し方はいくつかあります。代表的なハローワークの利用や転職サイトの利用、場合によっては知人からの紹介などもあるでしょう。転職先の探し方によって、見つかりやすい業種とそうでない業種が存在します。 例えば、事務職などはハローワークや求人広告などでも比較的見かけます。ベンチャー系の企業であれば特化した転職サイトを利用するのが良いでしょう。マスコミ系などコネが重要な業種であれば、知人の紹介を受ける必要があるかもしれません。

自分の得意分野を軸に探してみるのも一つの手

やってみたい業務が特に浮かばないという方も中にはいらっしゃるでしょう。そんな方は、今まで経験してきた中で自分が得意な分野だったもの、楽しいと感じれたものを思い浮かべてみましょう。 得意分野や楽しかったと思えることを活かせる職業を転職先として選ぶというのもおすすめです。

自分がやりたい仕事によって探し方を変えよう

自分がやりたい仕事によって探し方を変えていく必要があります。プロブラマーになりたいのに、求人広告を見て一切WEB媒体での求人を見ないというような事をしていると、非常に効率が悪いのは誰の目にも明らかです。 見当違いな方法でも全く見つからないとは言い切れませんが、最適な方法で仕事を探した方がスムーズに転職先が見つかります。

転職先を探すときに求める条件を決めておこう

転職先を探すときに求める条件を決めておこう

転職先に求める条件は明確にしておく必要があります。条件が明確でないと、いくら探し方を工夫しても良い結果にはなりません。 そもそも、現在の仕事に不満がないのに、転職をしようと考える人は少ないでしょう。基本的にはその不満点を改善できる条件を考えていけば良いわけです。

給料面

例えば、転職の理由が給料の安さにある場合は、最低どれだけの給与があれば良いのかを考えます。年間通してや月の生活費等を計算して、しっかりと明確にしておきましょう。 給料面に加えて昇給制度など、ランクアップできる会社なのかもチェックしておくと後々いいでしょう。

休日・待遇

休日が少ないといった不満があれならば、年間休日などを条件として盛り込めば良いでしょう。場合によっては譲れない条件をクリアするために一時的に給与が下がる事もあるかもしれません。 条件に優先順位を付けて、最低限どこまでクリアしている必要があるかを事前にまとめておきましょう。

新卒と第二新卒の違いと仕事の探し方

新卒と第二新卒の違いと仕事の探し方

最近よく聞くようになった第二新卒は新卒とは何が違うかご存知でしょうか。簡単に言ってしまうと、一度就職したものの1~3年程度で仕事を辞めた人の事を指します。 新卒と比較すると、多少選べる仕事の幅が狭まってしまいますが、現在では第二新卒も十分転職しやすい分類となります。

第二新卒を採用する企業が多い

企業によっては、第二新卒こそ積極的に採用するようなケースもあります。これは、社会人としての最低限のマナーを前の職場に学んでいる、つまり教育の段階をある程度終えているという観点からの採用のようです。 特に、中小企業などの新卒採用が積極的でない企業での第二新卒採用は非常に多く、営業職なども第二新卒が採用されやすいです。

仕事を続けながら転職先を探す方法

仕事を続けながら転職先を探す方法

転職をしたいと思った時点では、大抵の場合はまだ仕事を続けていると思います。何らかの事故や事件、会社の倒産などの例外的な場合を除いて自主的に退社をするわけですから当然でしょう。 最終的に転職先を決めるのは退職してからでも問題ありませんが、早い段階から転職活動をする事は悪い事ではありません。しかし、実際に働きながら転職活動をする事は非常に難しいのです。 そこで非常に重要となるのが、転職サイトの利用です。現在では転職サイトと言っても様々な種類があり、特定の業種に特化したサービスなども少なくありません。ハローワークへ頻繁に足を運ぶことは難しくても、転職サイトで最新の情報を得る程度であれば時間も選ばず比較的簡単に行えます。

転職先を探すための時間の作り方

仕事を続けている段階で転職先に目星をつけた場合、面接などを行う事もありえます。では、面接の時間をどのように作れば良いのでしょうか。探し方はともかく、面接の時間を作る方法は限られてきます。 一番確実な方法は有給休暇を利用する方法です。まともな会社であれば有給を使わせないという事はありません。いわゆるブラック企業であっても、辞める前提であれば強く出れますし、有給を消化しつつ転職活動をするのが理想的です。 また、転職活動をしているという事は相手方も理解してくれます。そのため、面接の時間をある程度遅い時間に設定するなど融通をきかせてくれる可能性もあります。 この他にも、業種が異なれば休日を利用して面接の日程を調整できる可能性もあります。

より良い条件で転職する探し方も知っておこう

はっきり言ってしまうと、良い条件の転職先が見つかるかどうかは運の要素が大きいです。そもそも求人が出ていなければ条件がどうという話しにすらなりません。そこで重要なのは、タイミングを逃さない事です。 なるべく早い段階から転職情報を仕入れていれば、そのうち良い条件に巡り会える可能性が高まります。そして良い条件にであったらすぐに決断することも重要です。迷っているといつまでも転職できず、最終的に条件の良くない会社で働く事になるかもしれません。 また、重要視したいのが、知人の紹介による転職です。思い切って仕事を探している事を知人に打ち明けてみると意外な働き口が見つかるかもしれません。紹介された仕事は自分に合っている可能性が高いですし、極端に悪い待遇ということはまずありません。

転職先を探すための便利ツール|デメリットも知ろう

転職先を探すための便利ツール|デメリットも知ろう

転職と聞いて真っ先に思いつくのは、ハローワークが浮かぶ人も多いでしょう。その他に挙げるとすれば、求人広告や転職サイト等が続くでしょう。しかし、これ以外にもっと有益な転職情報を入手する探し方があるのです。 転職先を探すための便利ツールをご紹介していくので、参考に見ておきましょう。

人材紹介会社も便利な転職ツール

人材紹介会社は、コンサルタントが転職の手伝いをしてくれて、他では公開されていない限定の求人情報などを得ることもできます。基本的には向いている仕事をマッチングしてくれますし、多くのアドバイスを受ける事もできます。

転職フェアなどのイベントも1つのツール

転職フェアなどのイベントを利用するのも良いでしょう。自分から転職先を探すのも良いですが視野が狭くなりがちです。転職フェアではさまざまな企業と一気に接触できるため視野が広くなります。 さらに、直接質問することもできますし、仕事の内容などについても理解を深める事ができるでしょう。単純に求人情報を見ているだけでは知ることができない情報まで仕入れる事ができるわけです。

便利ツールを併用する際のデメリット

転職先を探すためにはアンテナを張ることは重要です。しかし、一方で転職するために便利なツールを併用しすぎるのも考えものです。 複数のツールを併用するという事は、情報収集に使う時間も比例して増えていきます。特に、働きながら転職先を探しているような状況では、時間は限られますからバランスをとることが重要です。 また、せっかく仕入れた情報も活用できなければ意味がありません。情報の比較だけして吟味しているうちに、別の人が採用されて終了してしまうかもしれません。面接に進む前に負けてしまう可能性もあるわけです。 ある程度は利用するツールを絞って効率よく情報を仕入れるのが望ましいです。自分の求める条件を満たす転職先が見つかったら、あとは早めに決断してしまう事も必要です。

自分で仕事を探さないという選択もあり

自分で仕事を探さないという選択もあり

転職先を探すといっても、現在では探し方も多様化していて自分から探すだけが転職の方法ではなくなっています。もちろん資格や経験がある前提の話になりますが、転職サイトの中には、自分からアプローチする方法の他にスカウト機能などが用意されています。

スカウト機能を活用しよう

スカウト機能では、自分の経歴やスキルを登録しておく事で、企業側からアプローチがあるという仕組みになっています。実際には、スカウトされた後にしっかり面接などを行う事になりますが、本人の能力次第では多くの企業からアプローチがあるかもしれません。 自分から探す手間がかかりませんし、今すぐに転職したいという人でなければ、早い段階で登録だけしておくのも良いかもしれません。 事前に登録しておけば、非常に条件の良い企業からアプローチがあるかもしれません。スカウトを受けてから転職するかどうかを決めれば良いので、条件が悪ければ転職をしなくても良いのです。

転職先の探し方を参考にしよう

記事のまとめ
  • 転職先に求める条件は明確にしよう
  • 企業によっては、第二新卒こそ積極的に採用するようなケースも
  • 転職先は、転職サイトや転職エージェントを使って見つけよう

転職の際の仕事の探し方をご紹介しました。いかがでしたか。自分に合った転職サイトや人材紹介会社を見つけ、転職を成功させましょう。 マイナビエージェント」なら、求人の紹介から面接対策、条件交渉までサポートしてくれます。ぜひ一度相談してみましょう。

関連タグ

アクセスランキング