IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

退職して給与やボーナスをもらうための条件や会社・トラブルを避ける方法

退職ノウハウ

退職をしていても、ボーナスを貰うことは可能なのでしょうか?退職とボーナスの関係についてご紹介しています。また、ボーナスを貰いながら、円満に退職するにはどうすれば良いのか、ポイントや注意点などもまとめているので、参考にしてみて下さい。

更新日時:

ボーナスの額が思ったより少なかった・・・」 「旦那のボーナスが上がらなかった・・・」 そんな悩みを抱えている人は、会社から自分や旦那さんの評価が適切にされているかを調べましょう。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がる可能性は大きいです。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

どうせなら、ボーナスを貰いたい!退職する場合のボーナスの支給について

会社の方針などにもよりますが、基本的に年に2回、ボーナスが支給される企業は多いと思います。ボーナスで何を買おうか、どこへ行こうかと考えると、それだけで心が弾むという方もいらっしゃるかもしれませんね。 では、もし退職をする場合は、どうなるのでしょうか?退職後も生活していかなければならないので、お金は少しでも多く稼いでおきたいもの。どうせなら、ボーナスを受け取ってから辞めたいとお考えの方も、少なくないと思います。 今回は、「退職する場合のボーナス」をテーマに、退職とボーナスに関する情報をご紹介していきます。

退職が決まっていてもボーナスを受け取ることはできる

結論からお話しすると、退職が決まっている方でも、ボーナスを受け取ることが可能な場合はあります。 しかし、企業の就業規則などで条件が異なったり、受け取れるか否かの判断が変わったりすることもあります。 その為、「いかなる場合でも受け取ることができる」と断言することはできません。

ボーナスの査定期間について

そもそも、ボーナスの支給に伴い、査定期間という期間が設けられていることは、ご存知でしたか? ボーナスは、一般的には6月と12月の年2回支給されますが、企業によって異なります。12月の1回だけという企業もあれば、あらかじめ毎月の給与を高めに設定し、ボーナスは支給しないという企業もあります。 ボーナスとは、国や法律で条件などが定めらているものではなく、各企業が独自の規則や条件の元に支給しているものなのです。 中には、査定期間という期間を設けている企業もあります。 査定期間とは、ボーナスの支給の対象となる期間を指します。査定期間がある企業の場合は、もしボーナスの支給日には退職していても、査定期間で定められている期間に在籍していれば、ボーナスをもらうことが可能なケースもあります。 査定期間があるかどうかによって、退職してからもボーナスが貰えるかどうかの判断が、変わってくるというわけです。

「支給日在籍」とは

上記のように査定期間を設けている企業もあれば、「支給日現実在籍している人」をボーナスの支給対象としている企業もあります。 「支給日現実在籍している人」とは、支給日の当日にその企業の社員として在籍している人を意味します。 その為、このような条件でボーナスを支給している企業の場合は、退職する日付によってはボーナスをもらえない可能性もあります。

日程調整を間違えると、ボーナスを1円も受け取れない可能性も

上記のように、支給日当日に社員として在籍している人が条件となっている場合、退職の日付によってはボーナスを1円も受け取れない可能性もあります。 もし、支給日が12月25日だった場合、12月24日までに退職してしまい、その企業の社員として在籍していない人は、ボーナスの支給の対象外になってしまいます。その場合は、前日まで働いたのにボーナスが1円も支給されないことになっても、規則なのでどうにもできません。 上記のようなちょっとしたミスでボーナスを受け取れなくなるリスクを下げるためにも、日程の調整は必須と言えるでしょう。

ボーナスを受け取ることができるかどうかは、退職理由にもよる

また、退職理由によっても、ボーナスが受け取れるかどうか変わる場合があります。 一般的に、自己都合による退職だった場合、退職者にボーナスを支払わなければならない義務は、企業側には生じません。 一方で、リストラなどの会社都合による理由の退職の場合は、ボーナスを支給する義務が発生します。 その為、会社都合による退職の場合は、ボーナスを貰える可能性が高いと考えられます。

退職が決定していても、会社とトラブルにならずにボーナスを貰う方法

退職が決まっていても、それまではしっかり働くのですから、やはりボーナスを受け取りたい!というのが、退職を控えている多くの方の本音だと思います。 しかし、無理にボーナスを受け取ろうとして、会社と揉めるのはできるだけ避けたいですよね。 会社とトラブルになることなく、ボーナスを受け取って退職するには、どうすれば良いのでしょうか?対策やポイントを考えていきたいと思います。

ボーナスが支給される時期を確認する

まず、ボーナスが支給される時期をしっかり把握することが大切です。 また、支給日も確認しましょう。 ボーナスの前後に退職のアクションを起こすと、会社側から「ボーナスをもらって退職するつもりだな」と思われてしまう可能性も。 条件を満たしていれば、ボーナスを受け取って退職しても特に問題はありませんが、後味が悪くなる場合もあります。 ボーナスが支給される時期の前後は、慎重に行動を起こすようにしましょう。

ボーナスの支給条件を理解する

また、ボーナスの支給条件をしっかり理解することも大切です。 どのような場合なら退職が決定していてもボーナスを受け取れ、反対にどうなってしまうとボーナスが支給されないのか、就業規則などで確認しましょう。 上記でもご紹介したように、査定期間などの一定期間出勤していればボーナスが支給される企業もあれば、支給日に社員として在籍していなければ対象とならない場合もあります。 自分の企業がどのような基準でボーナスを支給しているのか把握することで、退職のスケジュールも立てやすくなりますよ。

ボーナスが支給されてから退職のアクションを起こす

支給条件や時期などがよく分からない場合は、ボーナスが支給されてから退職のアクションを起こすのも1つの方法です。 支給されてからであれば、退職をしてもボーナスを既に受け取っているので、問題はありません。 しかし、退職をする場合、退職日よりも1~数カ月前に企業に告げるのが、社会人としてのマナーだと言われています。 ボーナスを受け取ってからアクションを起こす場合、すぐに退職するということは難しくなるので、「どうしてもこの日までに退職したい!」という希望がある場合は、注意しましょう。

退職によりボーナスが減る可能性もある

退職していてもボーナスを受け取ることができるものの、金額が減ってしまうケースもあります。 例えば、退職前に有給休暇を消化している場合。「支給日に社員として在籍していること」が条件だったとしても、条件に当てはまるのでボーナスを受け取れます。 しかし、企業によっては判断が異なり、有休休暇の利用によってボーナスが減額される場合もあるそうです。 その他の場合も、企業の方針や判断によっては、ボーナスの金額が変わることもあるので、「もらえるかどうか」だけでなく、金額なども意識することをおすすめします。

退職のスケジュールを考える際は、ボーナスだけでなく引継ぎなども視野に入れる

今回は、退職しつつボーナスを貰う際の注意点などをご紹介しましたが、会社とトラブルにならない為には、他のことにも気を回す必要があります。 例えば、引継ぎのスケジュール。退職の際、会社と揉める場合は、退職のスケジュールに、無理があり、会社にかかる負担が大きい可能性があります。引継ぎなどに十分な日数がなかったり、後任を見つける程の余裕がなかったりするスケジュールだと、会社側と揉めことがあるのです。 ボーナスの前後のタイミングを見計らって、ボーナスを受け取りつつ退職するよう計画することは大切ですが、会社側の負担や引継ぎの日数などを考慮することも、忘れないようにしましょう。

転職や再就職の場合は、新しい職場でのボーナスの条件も確認しておく

退職後、転職や再就職で新しい職場に就職する方もいらっしゃると思います。 その場合は、新しい職場のボーナスの条件や査定期間なども、しっかり確認するようにしましょう。 ボーナスの基準は、企業によって異なるので、前職と同じだと思っていると、次のボーナスで損をすることになるかもしれません。中には、入社時期次第でボーナスが大幅に減ってしまう場合もあります。 ボーナスを受け取りながら上手く退職できたら、油断せずに新しい職場のボーナスについても確認し、次のボーナスも効率的に受け取れるようにしましょう。

退職とボーナスが重なる際は、条件などを確認して日程を調整することが大切

いかがでしたでしょうか?今回は、退職する際のボーナスの受け取りをテーマに、ボーナスを受け取る為の方法や注意点などをご紹介しました。 退職しつつボーナスも受け取りたい場合、やはり日程の調整が大切です。また、ボーナスの支給条件を把握することも重要。ボーナスの支給条件に合わせて、いつ退職のアクションを起こすのか、またいつ退職するのか、日程を決めていきましょう。 計画的に行動することで、会社とトラブルになることなくボーナスを受け取り、円満に退職することができますよ。

関連タグ

アクセスランキング