エンジニアはなぜMacばかり使うのか?

ライフスタイル

一般的に、幅広い分野で活用されている印象がある「Windows」ですが、IT業界の、特にエンジニア職では、「Mac」を使っている人が多いイメージがあります。なぜ、エンジニアはMacばかり使うのでしょうか?今回は、MacとWindowsの特徴などを比較しながら、エンジニアがMacばかり使う理由について、考えていきます。

更新日時:

Mac派、Windows派

幅広い層のユーザーがいるイメージのあるWindowsに対して、一部の業界などにコアなファンが多い印象のあるMacですが、両者は何がどのように異なるのでしょうか。まずは、MacやWindowsの総称でもある、「OS」について、おさらいしましょう。 OSとは、「オペレーティングシステム(英文表記:OperatingSystem)」の略称です。パソコンなどの機械の制御や、さまざまなソフトウェアを利用できるようにする為の基本的な機能を搭載している、システム全体を管理する役割を持ったソフトウェアです。 では、同じOSなのに、エンジニアはなぜ、Macばかり使うのでしょうか。MacとWindowsの特徴を見て、比較していきましょう。

Macの特徴・メリットは?

まずは、Macの特徴・メリットについて見ていきます。 起動が早い Macでは起動までの時間がほんの数秒です。パスワードを入力してから、デスクトップの表示と操作可能になるまでの時間も短く、ストレスなくすぐに開発やネットサーフィンができます。 デスクトップの切り替えができる Macには、複数のデスクトップが存在するかのような、仮想デスクトップとして、切り替えて使える機能が搭載されています。作業や目的ごとにデスクトップを変えて使えるので、いくつかの作業を同時に進める場合などに便利です。

Windowsの特徴・メリットは?

続いて、Windowsの特徴・メリットを見ていきましょう。 ソフトやアプリ、周辺機器が充実している Windowsは、ユーザーの数が圧倒的に多いという背景から、ソフトやアプリケーションなどもWindows向けに開発されたものが多数あります。また、周辺機器などもWindowsに関連・対応するものが豊富に揃っています。 ビジネスとして他の企業との文字化けを防ぎやすい Windowsはシェアが高く、現在、企業に置かれているパソコンでもWindowsのシェア率が高いです。それにより、Windows がMacとのメールなどのやり取りを行うと、文字やレイアウトが崩れるなどのトラブルが生じる場合がありますが、Windows同士の場合はそのようなトラブルの心配をしなくてもよく、統一性を図るためシェアの多いWindowsを選んでいます。

エンジニアがMacを選ぶ理由

上記でご紹介したMacとWindowsの特徴を踏まえて、エンジニアはなぜMacを好むのでしょうか。 Windowsは「WindowsUpdate」が頻繁にあるため、設定をして置かなければ自動的に更新プログラムが始まり、更新に時間が取られます。逆に自動アップデートを行わないよう設定してしまうと、セキュリティの問題をすぐに解決することができなくなります。Macであれば、更新の頻度はそう多くありません。 最近はMacとWindowsでの性能での違いは小さくなってきています。その中でもエンジニアの多くがMacを選ぶのは、結局的にAppleブランドへの憧れや、製品のデザインがカッコいいからでしょう。スタバのようなカフェでは、「Macのほうが似合う」というイメージも付いていることからもわかります。 今回は、エンジニアがMacを選ぶ理由についてご紹介しましたが、あなたはどちらを使っているでしょう?またそちらを選んだ理由はなんですか?

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)