【今すぐ始めるUnity】入門から実践まで学べる資料まとめました

入門

今回は「Unityとは何か?」というところから、基本を抑え、実際にゲームを作るところまで学べる資料をまとめました。今すぐ入門できる資料を順を追って紹介しているので、ぜひUnityでゲーム開発を始めてみてください。

更新日時:

Unity入門資料まとめ

それでは早速Unityでのゲーム開発入門のための資料を見ていきましょう!

入門編:ざっくりとUnityの魅力を知る

まずはUnityって何がすごいの?という話をしているスライドを御覧ください。

こちらのスライドではUnityの凄いところを3つ紹介しています。スライド数は多いですが、サクッと一通り見ることができるでしょう。

かなりざっくりとUnityを知ったところで、もっと詳しくUnityの全貌に迫りましょう。Unityの概要、用語解説、実際に動かしている様子を解説しています。Unityでどうやってゲームアプリを開発していくのかを学ぶことができます。これからの解説でイメージがしやすくなる参考になるスライドです。

応用編:C#でのUnity開発

仕事の現場ではUnity上でC#を使ってゲーム開発をしていきます。ここの応用編では、C#の文法など基本的なところを解説しています。すでに別のプログラミング言語を開発していた方にとっては、Unityで動作させずに流して見ていただければよいかと思います。

実践編:Unityでゲームを作ろう!

それではUnityでゲームを作っていくためのチュートリアルサイトを紹介します。

まずは定番のドットインストールの紹介です。動画で0から解説していくので、同じ動きをしながら基本操作を学ぶことができます。

こちらはC#での基本から解説しています。変数やメソッド、クラスなどから入っていき、詳細に基本から入門することができます。動画ではなく、テキストで学びたいという方はこちらが参考になると思います。

最後はゲームを作りましょう。やっぱり基本を抑えても何か作らなくては面白く無いですよね。こちらのサイトでは、「ブロック崩し」や「ツムツム風パズル」といった具体的なゲームを作るコードを載せています。少し自分で改良してみたりすると、Unityでのゲーム作りに深く触れることができるでしょう。

Unityで思い思いのゲームを作ろう!

いかがでしたか? 実際にUnityで簡単なゲームを作ってみたという方は、Unityの魅力に気づいたかもしれません。Unityの仕組みや作り方をもっと知りたい!という人には、SBクリエイティブから出版されている「Unity5の教科書」がオススメです。 Unityについてはもちろんのこと、開発に必要なC#の基礎知識についても解説されているので、プログラミングをやったことない人も読み進められるようになっています! もし、Unityでのゲームアプリ開発に楽しみを感じ始めた方は、ぜひ自分の思いのままの面白いゲームを作ってみてください。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)