エンジニア必見!はてブで欲しい技術情報だけスマホに通知させる方法

テクノロジー

エンジニア必見!はてブで欲しい技術情報だけスマホに通知させる方法

更新日時:

自分はPHPerだからPHPの人気記事だけ情報収集したい。ディープラーニングに興味があるから、ディープラーニングの最新情報だけ通知してほしい。 様々な趣味趣向、技術を持っているエンジニアの方なら、自分が欲しい情報だけ集めたいと考えることがあるのではないでしょうか。今回はそんな方に向けて、はてブを利用した情報収集テクニックをご紹介します。 簡単な設定で、自分用に、興味分野だけの最新技術情報を集めて、今まで情報収集にかかっていた時間を削減しましょう!

はてブを使った情報収集方法

エンジニアの方なら技術の情報収集に「はてブ」を使われている方が多いのではないでしょうか。今回はそのはてブをフル活用していきます。

はてブで自分の集めたい情報を検索する

まずは「はてなブックマーク」にアクセス。検索窓から自分が集めたい情報を取得できるキーワードを入力して検索しましょう。今回は「ディープラーニング」で検索してみました。

いつもどおりのこの出力結果ですね。実はこのページでRSSを取得することができるんです。

RSS取得

検索結果のURLに次の文字列を付け加えて、そのURLをロードしてみてください。

すると先ほどの検索結果のRSSを取得できます。今回はこれを使って情報収集していきます。

外部サービスを利用して通知させる

RSSだけ取得しても仕方ありません。自分の目に見えるところに更新通知が来るよう設定していきます。RSSフィード取得で使われる外部サービスには次のようなものがありますね。今回はSlackを使ってみます。 Feed2Mail slack feedly TwitterFeed Slackで情報収集 今回はslackbotに更新情報を吐き出させます。先ほどのrssが表示されているページのURLをコピーし、slackbotを選択して、入力窓に次のように入力してみてください。 /feed [URL] ※[URL]にfeedURLを入力。[ ]は不要。

このようにSlack上で表示されたら成功です。あとはSlackのアプリをスマホにダウンロードしておけば、先ほどのはてブ検索結果で新着記事が上がってくるとSlackから通知が来ます。

他の外部サービスでも同様に取得可能

Feed2Mail slack feedly TwitterFeed Feed2Mailを使って指定のメールアドレスに通知が来るよう設定するのもよし、Slackで今回のように設定するのもよし、Feedlyで更新一覧を表示させるのもよし、TwitterFeedでBotにつぶやかせたりするのもよし。 でも私はSlackをおすすめします。他の外部サービス使ってみて、Slackが一番通知が早い印象を感じました。またSlackは他にもTwitterやGitHubといった外部サービスの情報も収集できるので、情報収集箇所を一元化できて便利です。

Slackの使い方はこちら

ちなみにSlackをまだ使ったことがないという方はこちらの記事をどうぞ。 記事リンク:「もう使ってる?今最も勢いのあるチャットサービス『Slack』とは」

自分用にカスタマイズしてみよう

はてブ数を検索結果から絞り込めて、50はてぶ以上、100はてぶ以上と設定できます。設定後の検索結果に同様に「&mode=rss」を付けることでRSS情報を取得できますよ。それを別の外部サービスで吐き出させたり、自分のメールに通知させることで、最新の注目情報を瞬時に手に入れることができます。 その日に記事を読む時間があまり確保できないとき、この設定をしておけば、必ず目を通すジャンルの技術情報を瞬時に見つけることができます。今まで「人気記事一覧」から探していたという方や、探す時間がもったいないと感じていたという方は是非試してみてください。 ちなみに、最新人気記事一覧のRSS取得をするためには、「&mode=rss」をつけるのではなく、「.rss」をつけた「http://b.hatena.ne.jp/hotentry/it.rss」のURLにする必要があります。こちらもツイッターBOTとかで吐き出させたりしてもいいかもしれませんね。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)