スマートフォンアプリ開発エンジニアの転職理由

転職ノウハウ

スマートフォンアプリ開発エンジニアの転職理由

更新日時:

今や、生活や趣味の1つのジャンルとして確立しつつある、「スマートフォンアプリ」。日常のさまざまな所で、何かしらのスマートフォンアプリを活用している方がほとんどではないでしょうか。

そのスマートフォンアプリを開発している「スマートフォンアプリ開発エンジニア」となると、将来性がありそうな職業ですし、企業からの需要も多く待遇が良さそうなイメージがありますよね。しかし、スマートフォンアプリ開発エンジニアから、別の職種やポジションに転職をしている方がいるのも事実です。何故、スマートフォンアプリ開発エンジニアから転職しようと思ったのでしょうか。

今回は、スマートフォンアプリ開発エンジニアという職業の特徴から、転職を決意した理由を推測していきます。スマートフォンアプリ開発エンジニアに興味があるという方、必見ですよ!

スマートフォンアプリ開発エンジニアならではの苦悩

スマートフォンアプリというと、便利な機能のものや、テレビCMなどでおなじみのゲームなどもあります。そんなアプリの開発となると「楽しそう」「面白そう」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

実際、スマートフォンアプリは、ユーザーに使ってもらうことを目的に開発されるので、それらを開発するスマートフォンアプリ開発エンジニアは、「楽しい」「面白い」を追求する職業であると言えるでしょう。

しかし、エンターテイメント性を追求しなければならない職業だからこそ抱く、挫折感や苦悩もあるようです。(参考資料:「Green 転職者が知っておくべきアプリ開発会社のオモテとウラ(オモテ)」)

企画を考える難しさとヒットする確率の低さ

エンターテイメント性が高く、「面白さ」を追求するスマートフォンアプリ開発エンジニアは、楽しそうなイメージがある職業ですね。また、人気の高いアプリはテレビなどのCMでも頻繁に見掛けますし、社会現象にまでなることも。やりがいを感じられそうです。

しかし、現実はそう甘くはないようです。「Green 転職者が知っておくべきアプリ開発会社のオモテとウラ(ウラ)」によると、まず企画の段階で、息詰まるエンジニアも多いのだそう。「こんなアプリがあったら面白そう」というアイディアがあっても、それが「誰にとっても面白いもの」でなければ、企画として通ることはないそうです。また、「自分のアイディアでビジネスとして成立するのか」「何処かに似たような発想のアプリがあるかもしれない」といった追求も、現実的にしていかなければなりません。

また、制作したアプリがヒットする可能性が低いも、スマートフォンアプリ開発エンジニアという職業の苦悩として、見逃せないポイントです。実際に、100万以上のダウンロードを記録するスマートフォンアプリを生み出すまでに、200本以上のアプリを企画・開発したというケースもあるのだそう。一見するとやりがいのありそうな仕事ですが、そのやりがいを実感できそうなヒット作を生み出す為には、その何十倍も努力しなければならない可能性があるというわけですね。

挫折や苦悩が転職理由に繋がる?

企画やアイディアが通りにくく、実際にアプリとして開発してもヒットする可能性が低いという、華やかな印象からは想像できない一面を持つ、スマートフォンアプリ開発エンジニア。「面白そう」という動機でこの職業に就いた方は、実際に働いてみて「思っていたのと違う」と感じ、転職してしまうのかもしれませんね。

しかし、難しさや厳しさを理解し、覚悟した上であれば、とてもやりがいのある楽しい職業だと思います。企画を出す難しさや、開発したアプリがヒットしなかった時の挫折感の先に、スマートフォンアプリ開発エンジニアという職業の本当の面白さがあるのかもしれません。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)