IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニア生存戦略の参考になる、10個の話

転職ノウハウ

今回は、今後予想される厳しい競争の中で、どのような生存戦略を計画すれば良いのか?そのヒントになる記事をまとめてみました。ご自身のキャリアパスを考える上で、ぜひ参考にしてみてください。

更新日時:

いまの年収に不満はありませんか?

今の仕事に不満を感じてるけど、転職はリスキーであまり前向きでないあなた、エンジニアにおすすめの転職エージェントをうまく活用して心機一転新しい仕事に取り組んでみませんか?

独自の求人を持つことで多くの企業の紹介が可能

エンジニア向け転職エージェント「レバテックキャリア」ではエンジニア・クリエイターに特化したフォローアップ体制で転職を有利に進めることができます。 企業別の対策が詰まった面接詳細や模擬面接、客観的に強みを引き出すカウンセリング、また驚くほど企業の評価が変わる職務経歴書の添削など、あなたにあった方法で転職をスピーディーかつスムーズに行うことができます。

企業との絶対的な信頼関係を実現

レバテックキャリアは転職エージェント以外にフリーランスの参画サポートサービスを8年以上に渡り運営しており、数多くのIT・Web系企業と取引があります。そのコネクションを活かして、現場プロジェクトマネージャーとの情報交換MTGを年間累計3000回以上実施しています。 そのため企業から絶対的な信頼を得ています。この信頼関係があるため、通常より短い期間での面接設定→内定を可能としています。

転職のために設計されたフォローアップ体制で転職を有利に

人事担当者やプロジェクトマネージャーとのMTG中に「そういえば、今度◯◯やるから、実はこういう人が欲しいんだよね」といった非公開の求人が出てくるのも、レバテックの強みです。また、競争が激しいWebサービスでは秘密裏に開発を進めるプロジェクトも多いため、予想外の珍しいポジションも存在します。 さらに、求人がクローズしている企業とも日頃からコミュニケーションをとっているため、企業担当者に「実は最近、こんな人が転職を検討しているのですが・・・」という紹介をきっかけに急遽ランチやMTGが設定され、採用に至るケースもあります。 様々なメリットを持つレバテックキャリアはエンジニアの方に一番おすすめできる転職エージェントです。あなたもレバテックキャリアで転職を成功させませんか?

▽レバテックキャリアについての詳しい記事はこちら レバテックキャリアのよく聞く評判と口コミ・面談の雰囲気と方法 ▽その他のエンジニア向けおすすめ転職エージェントはこちら おすすめの「エンジニア転職サイト・エージェント」29選と特徴・強み

エンジニア生存戦略まとめ記事10個

それでは早速見ていきましょう。

1.【これからのスキル】デザイナーとエンジニアの境界線がどんどん無くなる

デザイナーとエンジニア、それぞれの仕事の領域に境界線が無くなってきているという内容の記事です。今後も、異なる職種間のクロスオーバーとマルチスキルを求められる機会が増えそうです。業界の流れとして、マルチスキルやフルスタック化が求められていることは、今後のキャリアパスを考える上でもおさえておきましょう。

2.ウェブエンジニアの生存戦略

エンジニアがとりうる生存戦略を解説している記事です。考えられる可能性として、国内で実績を作りR&Dとして高待遇を受ける、海外脱出、起業の、3つの戦略を著者は提示しています。

3.生存戦略としてITエンジニアが35歳までに考えておくべき3つの事

Paiza開発日誌からの記事です。エンジニアが自身のキャリアにどのように向き合えば良いのかを解説しています。技術向上も重要ですが、キャリアパスを考える上で自分の立ち位置を客観的にチェックすることは大事ですね。

4.webエンジニアにせよwebデザイナーにせよ生存戦略に必要な1つの視点

webエンジニアのフルスタック化に関する記事です。フレームワークの発達や技術が進歩する中で、webデザイナーのあり方や定義を考察しています。

5.20代のwebデザイナーが身につけるべき15のスキル一覧

paiza開発日誌からの記事です。Webデザイナーのキャリアパスと、必要な15項目のスキルについて説明しています。webデザイナーがキャリアップでなれる職種と、その為に必要なものがわかりやすく説明されていて便利です。

6.とあるシングルスタックエンジニアの生存戦略

生存戦略とキャリアパスいう趣旨から少し外れていますが、どのようにしたら、エンジニアとして楽しく働き続けられるのかを解説しています。エンジニア長続きのコツは、仕事にやりがいを見いだすことという点は、特に重要なポイントだと思います。

7.まつもとゆきひろ氏が「生涯プログラマー」でやっていきたい若手に贈る3つの言葉

Rubyの開発者「Matz」こと、まつもとゆきひろ氏の記事です。モノづくりのプレイヤーとして生き残るのに必要な、3つの素養を説明しています。まつもと氏が提示した3つの要素は、シンプルながらも言葉に重みがあります。

8.クックパッド×はてな×nanapi開発トップが見てきた「伸びるエンジニア」ってこんな人

著名な企業3社、クックパッド、はてな、nanapiの開発トップを招いた、対談形式の記事です。今後、web開発で必要とされるエンジニア像について、議論されています。

9.人気IT企業に聞いた、これからの時代に求められるエンジニア像

nanapiからの記事です。人気IT企業の代表者を招いて、採用したいエンジニア像を簡潔に説明しています。スキル面よりマインド面を重視した内容になっています。面接や転職、就活などの参考にもなりそうです。

10.そろそろ「プログラマー35歳定年説」を徹底論破しとくか

エンジニア「35歳定年説」に対して、異論を唱えている記事です。異論説の裏付けとして、書籍の紹介と引用をしています。記事内で紹介されている書籍は、読み物として興味深いものばかりです。

終わりに

いかがだったでしょうか?今回は、エンジニアの生存戦略とキャリアパスに参考になる記事を、10個まとめてみました。今回、記事を読んで感じたことは、エンジニアにとって、マインド面は非常に重要であるということです。もちろん、スキルがあることが前提ですが、トレンドに対する好奇心や物事を客観的に見る目を養うことは、それと同等に重要なことなのかもしれません。 今回の記事を参考に、もう1度ご自身のキャリアパスに向き合ってみてください。また、普段の生活習慣の中でも、少しづつ意識改革に取り組んでみましょう。

関連タグ

アクセスランキング