IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

Python入門に最適なチュートリアルサイトまとめ

入門

今回は入門しようとしている方や、入門したまま立ち止まっている方に向けて、8つのチュートリアルサイトを紹介していきます。それぞれレベルやゴールが違うので、自分に合ったものを選んで、Pythonを自分のものにしていきましょう!

更新日時:

Python入門チュートリアルサイトまとめ

とっつきやすい順でチュートリアルを並べています。レベル感やゴールがわかるよう、解説しているので、そちらを参考にしながら、チュートリアルを選んでみてください。

1.ドットインストール

対象  :プログラミング初心者〜 スタート:Pythonとは何か? ゴール :Python基礎学習 まずは動画で一緒に手を動かしながら学ぶ「ドットインストール」。

2.スライド「Python入門 : 4日間コース社内トレーニング」

対象  :プログラミング初心者〜 スタート:プログラミングとは何か? ゴール :Python基礎学習、ドラクエ実装など スライドってなぜだか頭に内容がすっと入ってきますよね。こちらのスライドでは「プログラミング」とはということころから入っていくので、完全初心者の方でもPythonを学んでいくことができます。

3.【今すぐ始めるPython】入門から実践まで学べる入門教材まとめ

対象  :他プログラミング言語習得者 スタート:Pythonとは何か? ゴール :Python基礎学習、Webスクレイピング

4.PythonWeb

対象  :プログラミング初心者〜 スタート:Pythonとは ゴール :Python基礎学習

5.php プログラマのための Python チュートリアル

対象  :PHP習得者 スタート:Pythonのメリット、特徴 ゴール :Python基礎学習

6.Python入門 – とほほ

対象  :プログラミング初心者〜 スタート:Pythonとは ゴール :Python基礎学習

7.Python チュートリアル(原文)

対象  :他言語プログラミング言語習得者 スタート:やる気を高める(導入) ゴール :Python基礎学習(濃密)

8.Lightweight Language

対象  :プログラミング初心者〜 スタート:Pythonとは何か? ゴール :Python基礎学習(濃密)

終わりに

あなたはどのチュートリアルでPython入門しましたか?もし1つチュートリアルを1週したのでしたら、他のチュートリアルにも挑戦してみてください。他のチュートリアルもやってみることで、基礎の復習ができますし、技術の定着につながります。 Pythonを自分のものにしたら、ぜひ次は自分の作りたいシステムを作ってみてください。

Python入門のオススメ参考書ならこの一冊

「チュートリアルサイトだけでは何か不安」「言語の勉強をするなら、やはり参考書が良い」という人も少なからずいると思います。 そんな人にオススメなのが、技術評論社から出版されている「Pythonスタートブック」です。 プログラミングの知識がゼロの方でも理解できるような構成になっていますし、豊富なイラストとサンプルを使って、Pythonならではのプログラミングのノウハウが楽しく解説されています。

未経験からエンジニアに転職したい

未経験かつ独学でのエンジニアへの転職は実際のところ難しい。未経験からの転職では「実務経験」がネックになるからです。 プログラミングスクール「Webスク」のカリキュラムでは、実務が積めます。しかも、スクール卒業後の転職までも保証(転職できなかったら全額返金)。もちろん講師は開発現場で経験を積んだプロであるため、最短でプログラミング技術を身につけられます。 本気で未経験からエンジニアへの転職を考えている方は、Webスクで実務経験を積みながら、エンジニアになることをおすすめします。 まずは「無料カウンセリング」から。

「起業したい!」 「スピード感を持ってエンジニアスキルをつけたい!」 「最新の技術を学びたい!」 という方には、TECH BOOSTがおすすめです。 TECH BOOSTは、「未来のなりたいキャリア」から逆算して、講座内容が組まれている、3ヶ月間のプログラミングスクールです。開催しているBranding Engineerという会社は、エンジニアの転職や独立を支援している人材会社なので、スクール卒業後のキャリアについても力になってくれます。 誰よりも早くエンジニアになり、最新の技術に挑戦していきたい人にオススメです。

関連タグ

アクセスランキング