PHPの歴史とルーツを辿る|背景を知ってPHPを深く理解しよう

入門

PHPの歴史とルーツを辿る|背景を知ってPHPを深く理解しよう

更新日時:

こんにちは、サトゥです!数あるIT業界で、特に使われているプログラミング言語というと、何を連想しますか?「Java」を連想した方が多いかもしれませんが、「PHP」と考えた方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

PHPは、その特徴から、webサイト制作やアプリケーション開発に、よく使われています。スマートフォンなどにより、アプリケーションを活用する生活が普及してきた現代社会では、PHPの需要が上がりつつあると考えられます。また、webサイトにおいても、従来のような企業や制作者側が一方的に発信するものから、ユーザーや閲覧者も感想や意見を発信するなどのリアクションが起こせるタイプへと、トレンドが移り変わってきました。PHPは、動的なシステムや操作を得意にしている言語なので、webサイト開発の面でも、需要が上がっているようです。

今回は、そんなPHPの歴史をご紹介していきます。まだPHPを習得していないという方だけでなく、既にPHPを習得しているという方も、歴史からPHPという言語を見直してみてはいかがでしょうか?

PHPの今までとこれから

PHPの歴史を見ていく前に、PHPとはどのような言語なのか、ざっくりと見ていきます。

PHPは、「HypertextPreprocessor」の略称です。「サーバーサイドスクリプト言語」と呼ばれる分野に含まれるプログミング言語の1つで、webページの記述などに特化しているという特徴を持っています。最近のwebサイトやSNSに多い、掲示板やチャットなどの作成に向いている為、さまざまなwebサイトやアプリケーションの開発に使われています。

PHPというプログミング言語が誕生するまで

それでは、PHPの歴史を振り返っていきましょう。

PHPが誕生したのは、1994年です開発者は、ラスマス・ラードフ氏で、最初はC言語を使って書かれたものでした。ラスマス・ラードフ氏は、彼がオンラインで公開していたコンテンツの、アクセス履歴を調査する目的でPHPを開発しましたが、次第に利用者は増えていきました。当時は、「「PersonalHome Page Tools」や、「「PHP Tools」の略称で呼ばれることが多かったそうです。

やがて、PHPの機能に関して、さまざまな要望があり、ラスマス・ラードフ氏は機能を追加することにしました。その結果、データベースも扱える大規模な実装となり、ちょっとしたフレームワークのような存在になったのです。PHPの進化した性能は、webサイトに大きな変化をもたらしました。ユーザー達が、PHPを使って、掲示板などの動的なアプリケーションを作成するようになったのです

上記のような流れもあり、1995年6月、ラスマス・ラードフ氏は、PHPToolsのソースを一般に公開しました。そして同年9月には、PHPは名称を変更して、「FI」と呼ばれるようになります。名称だけでなく、機能的にも更に大きな発展を遂げ、現在のPHPで実装されている機能もいくつか、この時のFIに含まれていました。

1995年10月になると、PHPの歴史が大きく変わるような出来事が起こります。ラードフ氏が、これまで公開していたソースコードを、大幅に変更して書き直したのです。再びPHPという名称に戻り、意図的にC言語に似せた構文になりました。UNIXのシステムなどにも対応し、更にWindows NTでの実装も検討されていたそうです。

1996年4月には、再びコードが書き直され、PHP/FIという名称に変わります。この実装は、第2世代と呼ばれるもので、この第2世代の実装から、PHPは本格的なプログラミング言語になったという考え方が主流です。その後も何度か書き直され、最終的には1997年11月に、ベータ状態を卒業しました。

プログラミング言語としてのPHP

プログラミング言語となり、ベータ版を卒業したPHP ですが、当時はまだ「PHP/FI」という名称でした。当初は、web業界で勢力を拡大していったものの、一般的にはマニアに使われることがあるくらいの、マイナーな存在だったそうです。

しかし、利用者は徐々に増えていき、1998年5月には、当時のインターネット上のドメインのうち、約1%にあたる割合が、PHP/FIをインストールするという結果を残します。とはいえ、実績を残しても、円熟期はなかなか訪れず、以降も個人的に開発していく日々が続いていきます。

その後、1998年にPHP 3.0が、2000年5月にはPHP4.0が公開されます。この頃になると、PHPも大きな勢力の1つとなっており、ユーザーも大幅に増えました。PHP3.0の場合は、最盛期にはインターネット上の10%にあたるウェブサーバーにインストールされていたそうです

そして、2004年7月になると、長期の開発を終えたPHP 5.0が公開されました。

PHP の可能性について

PHP の歴史をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?PHPは、今や世界規模のプログラミング言語なので、最初は個人的に開発されたものだなんて、信じられないかもしれませんね。

これまでのPHP の歴史について見てきましたが、PHP の歴史はこれからも築かれていくでしょう。何故なら、PHPの需要は現在も高く、「PHP エンジニア」や「PHP プログラマー」などの職業まであるからです。PHPを利用したビジネスを展開している企業も多く、現在も多くのwebサイトやアプリケーションがPHPを使って開発・運用されています。その為、万が一PHPの発展や成長が今後止まってしまっても、PHPで運用や管理をしなければならないwebサイトやアプリケーションが、無数に存在します。このような背景から、少なくともPHPが廃れていくということは、ほぼあり得ないと考えらえています

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)