IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職前に知っておきたい「事例から分かる成功の秘訣」「成功者の割合」

転職ノウハウ

転職成功者は”自分の軸”をしっかりもって転職に挑んでいます。現在入職率、離職率共に上昇傾向にあり、人材の流れが活発です。この記事では、転職をして成功した事例と、そこから読み取れる成功のための秘訣、そして実際に成功者はどれくらいの割合なのかを見ていきます。本稿を参考にして、ぜひ転職する際の参考にしてみてください

更新日時:

転職を成功させたいあなたへ 

転職を成功させたいと考えている方がこの記事を読んでくださっていると思います。転職を成功させた事例と共に転職成功までの道を見ていきましょう。

会社選びの方法を考え直す

一般的に新卒の際には自分はどんな仕事がしたいのか?と自己理解と自己分析をしたと思います。 多くの方はまだ社会に出ていない段階で、やりたいことが明確で具体的にあったわけではなく、自分とマッチングしていそうな会社だなという感覚で仕事選びをされたと思います。 間違いではありません。しかし、会社選びはそうでなくても良いのです。 今回は事例として自分の好きな仕事とは別の仕事に就いた方と、その理由について見ていきます。

転職の成功事例:自分の好きなことを仕事にしない

■前職:編集アシスタント(音楽業界) ↓ ■現職:ITエンジニア この方は前職では好きであった音楽と関係していたレコーディング会社に勤めていたそうです。しかし、前職の音楽業界は多忙を極め、日常生活に支障をきたすため、転職を考えたそうです。 転職時、この方は会社選びの軸を変えてみようという決断をしています。 その軸として”完全週休2日制”と”手厚い教育指導”の2つを軸に転職をし、成功をしました。

転職を成功させるには”自分の軸”を明確にすること

この例をよく見てみますと、転職を成功させる際・会社を選ぶ際に絶対に欠かせないものは”自分の軸”です。 前職では好きな仕事に就く。 現職では”完全週休2日”と”手厚い教育指導”の明確な2点を挙げられています。 新卒採用でも中途採用でも”自分の軸”をもって、仕事に就こうとする姿勢は忘れてはいけないようです。

柔軟に考える

またこの成功例から読み取れることは”自分の軸”は持ちつつ、柔軟に考える姿勢を持つことです。好きな仕事に就くことが前職での会社選びの”自分の軸”でしたが、転職の際には全く別の軸に変わっています。 そして職業そのものが全く別の業種です。 つまり、前回の職業の経験を活かさなければ転職が成功しないわけではないのです。よく前職で身についたことが中途採用で問われるということを聞きますが、だからといって前職と同じ分野や業種を転職先に選ばなくてもいいのです。

転職者成功者の割合

平成25年度の厚生労働省のデータによると、平成25年度の1年間では入職率16.3%(前年14.8%)対して離職率は15.6%(前年14.8%)とどちらも上昇しています。入職率が上昇しているのは転職を成功させたい方にとっては良いニュースです。またこのデータからわかることは人材の流れがより促進されているということです。 最近は新卒の就職活動は売り手市場だとニュースで流れています。ということは会社の数が増え、学生を企業側が積極的にとっていかなければならない状況になってきているのです。 人材の流れが活発になれば、自然と中途採用、つまり転職の流れも頻繁に行われます。つまり転職がしやすく、成功しやすい環境に変わってきています。おそらく東京五輪まではこの採用の流れは変わらないのではないでしょうか。 ただし、転職成功者とは何をもって言えるのか。成功の定義をしなければ、この割合は意味をなさないかもしれません。

成功の定義づけ

成功の定義づけは人それぞれですが、簡単に言えば自分が満足したかどうかだと思います。 また、多少の不満や不安はいつであってもつきまとうので妥協点をもっておくのも重要だと思います。これだけは譲れないというものが確約されている職場であればなんとかやっていけるのではないでしょうか。 ■自分のやりたいことがやれるようになった。 ■十分な休日をもつことができ、プライベートが充実した。 ■自分の軸が約束されている会社に入ることができた。 どれも、自分が満足できれば成功なのです。

転職は人生の分岐点

転職は間違いなく人生の分岐点であると言えます。 一日8時間、残業含め10時間、通勤時間含め12時間の時間を仕事に費やします。 それを約40年間。 仕事とは誰しも真剣に向き合わなければならないのです。そうであるならば転職は人生の分岐点であると言っても過言ではないでしょう。 転職によって労働条件ライフスタイルが大きく変化するのですから。

転職に成功すれば世界が一変する

転職が成功すればあなたの人生は一変します。勇気を出して自分の未来を変えに行きましょう!

関連タグ

アクセスランキング