IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

SEの転職限界年齢は何歳?20代・30代・40代のタイミング別から考えてみよう

職種研究

SEの転職限界年齢は何歳?20代・30代・40代のタイミング別から考えてみよう

更新日時:

目次

    こんにちは!テクスタブログ編集部です。

    多忙であることや生活習慣が乱れがちである「SE」という職業。そのため転職を考える方は多く存在します。でも一体何歳までSEは転職可能なのでしょうか?

    今回は「SE転職限界年齢は何歳?」というテーマで様々な情報を紹介していきます。

    SEの転職限界年齢は何歳?

    SEの転職活動のポイント

    SEの転職は簡単なようで意外と難しいもの。求人こそ多く出ているものの、その中で自分にあった求人を見つけることができるかがカギになってくるのです。技術職ということもあり、年齢に関係なく転職活動ができますが、やはり転職のタイミングは気になるポイントですよね。

    年齢別にみるSEの転職タイミング3つ

    SEの転職タイミング:20代

    20代での転職は、ロードマップを考えて行うことが重要です。というのも、これからの人生設計に転職は大きく関連してきます。20代の時点でも、やはり転職には即戦力が求められますが、意欲採用や熱意を重視する企業も多いため、比較的間口は広いと言えるでしょう。

    SEの転職タイミング:30代

    30代では、会社の中でも中堅で、役職付きの人も増えてくる時期です。そうなれば、20代で培われた技術力やプロジェクト管理力というものが問われます。人間的な成長や、人材の管理といった能力も必須となるでしょう。

    SEの転職タイミング:40代

    40代では、PL、PM、管理職での採用を狙っていくのが現実的ですね。現場でもリーダーシップが求められることもあり、確かな実力が求められるでしょう。転職をするには、ここがひとつのライン、という声もあります。

    まとめ

    SEの転職の年齢についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

    20代、30代は、求められるスキルやポテンシャルが明確だということもあり、比較的転職先の間口も広いように思います。40代になれば、確かな実績や現場でのフィールディングの質を求められますから、間口こそ狭くなりますが、十分に可能性はありますね。中には、なんと50代以降での転職の実績もあるようです。

    特殊なスキルや経験が求められるので、難しいところではあるようですが、メインフレームの仕事などの採用枠は存在するようです。それらに関しては、若い人では知らない人が多いため、という理由もあるようです。

    50代の人が企業から敬遠される理由は、それまでに培ったノウハウを過信したり、過去の会社の社風に染まっていて、考えが固定しやすく、新しい環境での仕事がスムーズに進行するのか心配になるからです。謙虚な気持ちで転職活動を行うことで採用の可能性も広がるでしょう。

    関連タグ

    アクセスランキング