サーバエンジニアの平均年収!この五年間の推移はどうなってる?

転職ノウハウ

サーバエンジニアの平均年収!この五年間の推移はどうなってる?

更新日時:

サーバエンジニアとして働く皆さん、自分の今の年収はどのくらいでしょうか? IT業界の移り変わりによって、時にはその将来を悲観視する声も聞こえるサーバエンジニアですが、その実態はどうなっているのか、把握できていますか?この記事では、年収の面からそれを考察しようと思います。

本記事での「サーバエンジニア」の定義

本記事では、サーバエンジニアの仕事を、サーバの構築作業や保守点検としています。ネットワークエンジニアと混同されがちですが、厳密にはもともとの業務範囲が異なります。 サーバエンジニアはその名のとおりサーバ(=情報やサービスを一元管理して要求に応じそれらを提供するコンピュータ)の構築や保守などが仕事ですが、ネットワークエンジニアはスイッチやルータで通信の中継地点を作り、サーバ同士をネットワークで繋げることが仕事です。重複する部分もあるため、企業によってはどちらも同時に担当することもありますが、より大規模になるほど、それぞれの専門性が問われます。

サーバエンジニアの年度別平均年収。悲観の声とは裏腹に、近年は上昇中!

ところで、皆さんは「サーバエンジニアはいつかなくなる仕事だ」などといった言葉を聞いたことはありませんでしょうか? そういった意見の根拠は、クラウド技術の発達による自社サーバの需要の低下があげられます。しかし、実はここ五年間のサーバエンジニアの平均年収は上昇傾向にあります。

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 20代 389万円 380万円 392万円 401万円 399万円 30代 496万円 481万円 481万円 521万円 592万円 40代 579万円 600万円 590万円 644万円 623万円 50代以降 652万円 792万円 全体平均 464万円 457万円 461万円 485万円 497万円 ※1:2013年は男性のみのデータ ※2:2012年~2014年は40代と50代をまとめたデータ 年度ごとに年収の上下はありますが、この表で注目したいのは全体平均の年収額です。2012年度以降、徐々にですが年収額が上がっていることがわかります。

サーバエンジニアの今後

年収面では上昇傾向にあるサーバエンジニアですが、それは裏を返せば求められる技術がより高度なものになってきている、ともとれます。クラウド技術によるIT業界の変化は確実に広まっており、現在サーバエンジニアとして働く方は、より深く、もしくはより広い技術や知識を得ていかなければ、生き残れないかもしれません。 [参考資料]

サーバエンジニアとして働く皆さん、自分の今の年収はどのくらいでしょうか?

IT業界の移り変わりによって、時にはその将来を悲観視する声も聞こえるサーバエンジニアですが、その実態はどうなっているのか、把握できていますか?この記事では、年収の面からそれを考察しようと思います。

本記事での「サーバエンジニア」の定義

本記事では、サーバエンジニアの仕事を、サーバの構築作業や保守点検としています。ネットワークエンジニアと混同されがちですが、厳密にはもともとの業務範囲が異なります。

サーバエンジニアはその名のとおりサーバ(=情報やサービスを一元管理して要求に応じそれらを提供するコンピュータ)の構築や保守などが仕事ですが、ネットワークエンジニアはスイッチやルータで通信の中継地点を作り、サーバ同士をネットワークで繋げることが仕事です。重複する部分もあるため、企業によってはどちらも同時に担当することもありますが、より大規模になるほど、それぞれの専門性が問われます。 

サーバエンジニアの年度別平均年収。悲観の声とは裏腹に、近年は上昇中!

ところで、皆さんは「サーバエンジニアはいつかなくなる仕事だ」などといった言葉を聞いたことはありませんでしょうか?

そういった意見の根拠は、クラウド技術の発達による自社サーバの需要の低下があげられます。しかし、実はここ五年間のサーバエンジニアの平均年収は上昇傾向にあります。 

2011年2012年2013年2014年2015年
20代389万円380万円392万円401万円399万円
30代496万円481万円481万円521万円592万円
40代579万円600万円590万円644万円623万円
50代以降652万円792万円
全体平均464万円457万円461万円485万円497万円

※1:2013年は男性のみのデータ
※2:2012年~2014年は40代と50代をまとめたデータ

年度ごとに年収の上下はありますが、この表で注目したいのは全体平均の年収額です。2012年度以降、徐々にですが年収額が上がっていることがわかります。

サーバエンジニアの今後

年収面では上昇傾向にあるサーバエンジニアですが、それは裏を返せば求められる技術がより高度なものになってきている、ともとれます。クラウド技術によるIT業界の変化は確実に広まっており、現在サーバエンジニアとして働く方は、より深く、もしくはより広い技術や知識を得ていかなければ、生き残れないかもしれません。

[参考資料]
DODA 各年度平均年収データ

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)