IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ブロックチェーン技術入門・ブロックチェーンの応用

テクノロジー

ビットコインで有名になった「ブロックチェーン」という技術、このブロックチェーン技術をビットコイン以外にも応用することが出来ないか?と最近多くの企業が実験・検証を重ねております。今回はブロックチェーン技術の応用について紹介します!

更新日時:

ブロックチェーンとは?

トピック1610/要素48603

ブロックチェーンとは、分散型ネットワークの総称であり、ビットコインの中核技術として現在注目されています。 注目されている理由は、そのセキュリティの高さにあります!

ブロックチェーン技術の仕組みはどうなっているの?

ブロックチェーンの仕組みは、多数のノードに同一の記録を同期させていく仕組みを採っており、このネットワークに繋がっている全PCが同一の全データを記録します。 そして、データの書き換えをしたい場合には、全PC中51%以上の承認を得なければなりません。 しかし、51%の承認を得ることは事実上不可能とされています。 したがって、過去データの改ざんや不正なデータ書き換え等は出来ない仕組みになっています。

元来、金融機関は情報の一元管理をしており流出してはならない顧客の残高情報や暗証番号に対しては、多額のセキュリティコストを掛けてデータを守ってきました。 しかし、ブロックチェーン技術を応用することが出来れば、セキュリティコストを大幅に削減することが出来るのではないか? と考えられており、今まさに様々な銀行で協力して実験・検証をしております。 今回は、このブロックチェーン技術を応用することでどんなことが起きるのか?について触れてみたいと思います。

ブロックチェーン技術を応用するメリット

ブロックチェーン技術を応用する最大のメリットは「セキュリティコストの削減」です。 現在多くの金融機関がこのブロックチェーン技術を応用して顧客情報等を分散管理型台帳に乗せることで、セキュリティコストを低減させることが出来るのではないかと実験・検証をしています。 企業側にとってのメリットはここあります。特に金融機関のセキュリティコストを低減することが出来れば、銀行口座を私たちにとっても、セキュリティコスト低減した分だけ還元される可能性もあります!

ブロックチェーン技術の応用で手数料ゼロの世の中を実現!

私たちにとってブロックチェーン技術を応用することの最大のメリットはあらゆる手数料が0円になることです! ATMでお金を下ろす際や海外送金をすることをイメージして頂くと分かりやすいですが、海外送金の場合、国内の銀行と国外の銀行2つの銀行が関係するため、必然的に手数料が高くなってしまいます。これは仕組み上仕方のないことです。 しかし、銀行業にブロックチェーン技術を応用することが出来るようになれば、この手数料がほとんど掛からずに海外送金することが可能になります。 現に、ビットコインは海外送金はほぼ0円で行うことが出来ています。この技術をリアル通貨に応用するだけで私たちの生活にもメリットをもたらしてくれます。

ブロックチェーンで誰でも口座を持てる!

銀行口座は、ある程度の資産や生活基盤が無いとそもそも作ることが出来ません。 日本で生活をしているとそんなことあるの?と疑問に思うかもしれませんが、世界規模で見ると銀行口座を持ってい無い人々は24億人もいます! これらの人々は銀行システムにアクセスできないことにより、様々な不都合を被っています。概ねこうした人々は低所得層ですが、口座が無いと金銭的な支援を受けることも出来ず、現物支給で現状を打破する機会を奪われてしまっています。 しかし、ブロックチェーン技術を応用することが出来れば、これらの人々も簡単に口座を開設することができ、直接自身の口座へ支援を受けることが出来るようになります。 そして、直接支援を受けることが出来るようになれば、そこから這い上がるチャンスも増えるのではないでしょうか。

ブロックチェーン技術を応用するデメリット

ブロックチェーン技術を応用するメリットだけでなく、デメリットももちろんあります。 ブロックチェーンの仕組み上、10分に1回の計算問題が発生し、マイナーと呼ばれる方々がこの計算問題を解き、一位になった人がブロックチェーンに1ブロック追加することができます。 したがって、ビットコインブロックチェーンをそのまま応用しようとすると、10分に1回の更新しか出来ません。 ということはリアルタイムに現在の状況を把握したい!というような、天気予報データや、スーパーや小売業の顧客データ分析等には不向きな仕組みになっています。

ブロックチェーンのデメリットは改善できる!

もっとも、これらはビットコイン・ブロックチェーンの技術をそのまま応用した場合に生じるデメリットであって、これらを改善して提供する新たな仕組みを構築することも可能です。 ブロックチェーン技術を応用する際に、仕組みを変えなければ同じブロックチェーン技術としてデータの改ざんを出来なくさせ、整合性を保つことが出来ます! 必要に応じて、10分に1回の仕様を5分に1回に変更ということや、報酬をビットコインではなく、オリジナル通貨にすることや、ゲーム内アイテムに変えることも出来ます。

ブロックチェーンは本当にコストが安いのか?

ブロックチェーン技術を応用すれば本当にコストがやすくなるのか?と疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。 ブロックチェーン技術に必要な費用を考える際に一番重要なものは、「マイナーに対する報酬」をどうするかです。 マイニングは第三者が競争して行わなければ、その新たに構築したブロックチェーンの中身のデータが正確性を担保したものであると証明することが出来ません。 したがって、マイナーを募る。そのために報酬を提供する。 その報酬どこから原資を出して行くのかを考えると、コストが安いのか?と一説には唱えられています。 ビットコインの場合、マイナーに支払う報酬は現在12.5BTC(約130万円)です。 この報酬が10分に1回実施されていることを考えると、1時間あたり1000万円のコストが掛かっていることになります。 とてもじゃないけど、ビットコイン・ブロックチェーンをそのまま応用することは非現実的ですね。

ブロックチェーン技術を応用するポイントはマイナーの報酬をどうすべきか

そこで、考えられているのがサイドチェーン技術や独自の通貨発行した上でのブロックチェーンなどです。 独自の通貨発行は流行れば価値が出てきて、ビットコインと同様に仮想通貨としての地位を確立できる可能性はありますが、現状の仮想通貨市場を鑑みると、飽和状態ですね。。。 現在、約600種類の仮想通貨が発行されていますが、通貨として使えるのは2、3種類といったところです。 マイナーの報酬を考慮すると、実はコストを安くすることが出来るのか?は疑問ですが、この点は今後の各企業が実施している実験・検証の報告を待ちたいと思います!

ブロックチェーンの今後の動向

現在、ブロックチェーン協会やブロックチェーン研究を銘打った団体が非常に多く出て来ており、あらゆる業界の方々がそこに参画しています。 銀行業だけでなく、もちろんIT系企業、そして仮想通貨取引所等のベンチャー企業。 そして、銀行とIT企業が業務提携してブロックチェーン技術の研究をしているというニュースを多く見かけるようになりました。 2016年はビットコイン元年と呼ばれており、まだまだブロックチェーン技術の応用も始まったばかりで実際にサービスインしたものはほとんどありません。

契約書をブロックチェーン技術でネット上で完結させたい!や、登記簿をブロックチェーンに乗せたい!、食品のトレーサビリティ管理をブロックチェーンを用いて行いたい!と様々な思いを持った方々が多くの企業を巻き込みながら現在実験をされています。 これらの実験の成果次第では私達の生活も大きく変わることになると考えられます。

書面での契約書がなくなったり、登記所がなくなり全てインターネットでの閲覧、ダウンロードだけになったり、いつ、どこで、誰が、どれだけ作ったのか全て見える化された食品を購入することができたりと、ブロックチェーン技術の応用が可能になればより良い生活を送る基盤が構築されます。 携帯電話が登場した時や、携帯電話がカラーになった時、携帯電話からスマートホンになった時と同じようなイノベーションを感じます!

ブロックチェーンはエンジニアにとってはチャンス!!

そしてエンジニアの皆さんはこのブロックチェーンについて学習することを強く勧めます! まだ、本を一冊読み込めば誰でもプロになれる!という状況にあるほど、若い分野です! 本を一冊読んでブロックチェーンを理解した上で、あとはアイディア勝負な分野なので、今後のニーズも考えると非常に魅力的な分野であると言えます! 是非とも皆さんのアイディアを実現させ、より良い世界を目指しましょう!

関連タグ

アクセスランキング