IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

派遣社員から正社員への道を探る|欠かせない7つのポイント

派遣

派遣から正社員に登用されることは、本当に可能なのでしょうか。また、派遣から正社員に登用される人とされない人の違いは、どこにあるのでしょうか。このページでは、「派遣から正社員への登用」をテーマに、上記のような疑問を解消するための情報をご紹介しています。

更新日時:

正社員と派遣社員の違い

派遣社員から正社員への道を探る|欠かせない7つのポイント

正社員と派遣社員の大きな違いは雇用形態です。 正社員は無期の契約で、よっぽどのことがない限り失業の心配がありません。一方、派遣社員は限られた期間の中で雇用されるため、自由はありますが長期に渡る保障はありません。

正社員になるメリット

正社員には福利厚生や賞与・昇格・社会的地位の確立やベースアップなどのメリットがたくさんあります。 正社員には社会的な制度の保証があります。最大のメリットは仕事や生活が安定していることです。 正社員は仕事や自分への評価が直接収入やスキルアップ・ベースアップへと結びつくので、働く意欲や生きがいを持ちやすい生活を送ることができます。

反対にデメリットはないか

正社員のデメリットは時間や生活の拘束です。 派遣社員は残業時間を好きに決めることができます。できない仕事や嫌な仕事を断る権利があります。勤務地や仕事の時間や条件もあるていど選ぶことができます。ワークバランスを自分で取れることが、派遣社員の特徴です。 正社員にはそれができません。正社員は社会的保障とともに責任が与えられているため、派遣社員に比べると拘束される部分が多く、それがデメリットになります。

登録型、常用型、紹介予定派遣の違い

登録型、常用型、紹介予定派遣の違いは、派遣会社との雇用形態の違いです。 登録型は、派遣される期間だけ派遣会社と契約を結ぶ方法の雇用形態です。 常用型は、常に派遣会社と契約している形態の雇用方法です。専門職の人が多く利用している制度で保障などもあります。 紹介予定派遣とは、派遣期間を研修期間と考え、派遣期間終了後に派遣されていた企業と雇用を結ぶ方法です。派遣から正社員になれるチャンスが広がる方法です。

派遣から正社員になるには

派遣社員から正社員への道を探る|欠かせない7つのポイント

派遣から正社員になるためには、いま派遣されている会社に派遣から正社員になる制度がないと厳しいです。 派遣から正社員になる仕組みは、経営方針や人事の判断が必要なので、個人の努力ではどうにもなりません。 現在働いている職場で派遣から正社員になりたいと考えるなら、過去にそのような事例があったのか調べてみましょう。過去に派遣から正社員になった人がいるという事実があれば、チャンスが巡ってくる可能性があります。

ポイント1:正社員に登用される仕組みがあるか

派遣から正社員になりたい人は、その職場に正社員に登用される仕組みがあるかどうかを事前によく把握しておきましょう。 特に年齢制限に注意しましょう。資格の有無や婚姻・子供の有無も関係してきます。派遣から正社員に登用される仕組みがあっても自分が条件に当てはまらない職場は、正社員になれる可能性が低いと判断できます。

ポイント2:正社員を目指すには紹介予定派遣

現在、派遣から正社員を目指す人のいちばんの近道が紹介予定派遣だといわれています。 派遣期間を研修期間とみなして働く紹介予定派遣は、正社員を目指す人にはたいへんありがたい制度です。派遣期間は最長でも6か月で、その間に派遣された人物と企業、双方がそこで働くことができるかどうかを見極めることができる制度です。

ポイント3:派遣をやめて就職試験を受ける

派遣から正社員になる道にはいろいろあり、派遣をやめて就職試験を受ける方法もあります。 派遣から正社員になるために、現在派遣されている企業で正社員の道を探るのではなく、他の会社の就職試験を受ける手立ても有効です。

ポイント4:正社員に登用される人材になるには

派遣社員から正社員への道を探る|欠かせない7つのポイント

派遣から正社員に登用される人材とは、その企業が望む人物像にぴったり合う人間でなくてはなりません。 派遣から正社員に登用される人材をひとことでいえば、仕事で成果が出せる人間です。仕事は率先してこなし、なおかつ仕事に結果が出せれば、派遣から正社員に登用される可能性が広がっていきます。積極的に自分をアピールしていきましょう。

ポイント5:派遣から正社員になる際の心構え

派遣から正社員になる際の心構えとしては、仕事に責任感が生まれることを自覚しておきましょう。 派遣から正社員になると仕事の幅が広がります。仕事面での人との付き合いも広がり、忙しさが増します。精力的に前向きに仕事をする心構えが必要になります。

ポイント6:正社員の誘いがあった際の注意

もしも派遣から正社員の誘いがあった際は、注意しなくてはいけないことがあります。 その第一が派遣元への報告です。トラブルに繋がるといけないので、派遣から正社員の誘いがあった際は、派遣会社を通すようにしましょう。

ポイント7:むしろ待遇が悪くなることも

派遣から正社員になると、むしろ待遇が悪くなることも予想されます。 これは当然の結果です。正社員は残業も増えますし、責任感や仕事量が派遣社員のときよりも増していきます。その代わり、成果がベースアップやスキルアップ・昇格に結びつき、仕事にやりがいが生まれてきます。

派遣から正社員になりたい人のためのお役立ちサイト

「転職エージェント(マイナビエージェント)」は、株式会社マイナビが運営する画期的な転職サイトです。 派遣から正社員を目指す人は、紹介予定派遣に登録しましょう。もしくは、転職エージェント(マイナビエージェント)は今の派遣先で就労したままでも登録ができますので、派遣期間終了に合わせて転職を決めておくのもよいでしょう。 経験豊富で、数々の企業とのパイプを持つアドバイザーによるフォローを受けることができます。

どんな人が派遣から正社員に向いているか

派遣社員から正社員への道を探る|欠かせない7つのポイント

正社員に向いている人とは派遣向きではない人です。 正社員に向いている人は、ひとつの場所で長く働きたい人です。同じ職場に長く勤めることは、人間関係も含めてたいへんなことです。 しかし、会社の経営が行き詰ったときにいちばんに切られるのは派遣です。同じ仕事場で働き続けたい人は、会社の経営状態が良い時期を見計らって、派遣から正社員への道を模索していきましょう。 安定した生活を望む人は正社員に向いている人です。

こんな人は派遣社員の方がよい

派遣社員に向いている人は、仕事上の変化を強く望む人です。 派遣社員は同じ職場で働き続けることが滅多に無いため、職場環境が変わりやすいのが現状です。新しい環境をその都度その都度、楽しめる人が派遣社員に向いています。 派遣社員は正社員に指示されることが多いので、臨機応変に素早く処理できる能力が大切です。派遣社員は自分の時間を大切にしたい人なので、仕事は割り切ってなんでもこなせる人が向いています。

正確な正社員像を把握する

派遣社員から正社員への道を探る|欠かせない7つのポイント

派遣から正社員を望む人は、正確な正社員像を把握しておく必要があります。 派遣から正社員になりたい人は、その会社がどんな正社員を求めているのかを知っておく必要があります。企業が求める人材にならなければ、派遣から正社員に採用してもらえないからです。 派遣から正社員になりたい人は、事前に正確な正社員像を把握しておかないと、いざ正社員になったときに戸惑うことになります。正社員像はしっかり把握しておきましょう。

悔いのない選択をする

派遣から正社員になりたい人は、悔いのない選択ができるように慎重に行動しましょう。 いざ派遣から正社員になったときに、こんなはずではなかったという結果にならないよう、よく考えてから行動しましょう。 自分の性格や生き方、将来設計までよく吟味してから転職してください。正社員よりも派遣社員の方が向いている人もたくさんいます。正社員は制約が多いということをよく頭に入れて、派遣から正社員を目指してください。

Mayonezがおすすめする派遣サービス5選

あなたはどんな働き方をしたいですか? ・ワークライフバランスを重視したいすっきりとした人間関係でいたい会社の外に仕事の相談をできる人が欲しい これらのどれかに当てはまる人がいたら、「派遣」という働き方を考えて見てもいいでしょう。 下記の記事で、派遣で働くことのメリットMayonezがオススメする派遣サービスを紹介しているのでチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング