IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

派遣とは・紹介予定派遣との違い・派遣と紹介予定派遣の仕組み

転職ノウハウ

今ではすっかりメジャーになている、「派遣」という働き方。このページでは、「派遣とは」をテーマに、「派遣とはどのようなシステムの雇用形態なのか?」「メリット・デメリットはどのようになっているのか?」などをご紹介しています。

更新日時:

派遣とはどんな働き方?特徴や種類について

働き方や雇用形態が多様化している現代社会。「派遣」もまた、1つの雇用形態・働き方として、地位を確立しています。 ニュースなどでも、派遣という雇用形態や派遣社員の待遇などについて取り上げられることもあり、今やメジャーな働き方の1つとなっています。 しかし、「派遣」という言葉が普及していく反面で、派遣とはどのような働き方なのか、正確に把握している方は、少ない印象を受けます。「何となく」の理解で納得してしまっている方も多いのではないでしょうか? そこで、今回は「派遣とは」というテーマのもとに、派遣の働き方や種類、仕組みなどについてご紹介していきたいと思います。

システムから学ぶ、「派遣とは」

まずは、派遣とはどのようなものなのか、システムや仕組みを確認するところから始めます。 各企業の社員として働く場合、その企業や社長と直接、雇用の契約を交わします。 一方、派遣の場合は職場となる企業とは契約を交わしません。職場として実際に働く企業の他に、派遣社員を雇用している派遣会社が存在し、派遣会社と雇用契約を結ぶことになります。この点こそが、派遣の最大の特徴と言えるでしょう。 また、給与の支払いに関するシステムにも、派遣ならではの特徴があります。 正社員の場合は、職場として雇用契約を交わしている企業が毎月の給与を社員に支払います。 派遣の場合は、職場として働いている企業からは、給与は支払われません。あくまでも、雇用契約を交わしているのは派遣会社。よって、給与も派遣会社から支払われることになります。 しかし、就業時間や会社の規約、ルールなどに関しては、派遣会社のものではなく、派遣先である企業のものに従うことになります。また、派遣社員の評価や業務内容なども、基本的には派遣先である企業が決定する場合が多いようです。

メリットから見る、「派遣とは」

派遣として働く際の大まかな仕組みが把握できたら、今度は働くメリットや利点から「派遣とは」について考えていきたいと思います。

希望の時間や場所で、比較的自由に働ける

派遣として働く最大のメリットは、比較的自由に働ける点だと考えられます。 通常、企業と契約して社員になると、企業が指定した時間に出勤し、時には残業などもしなければなりません。また、命じられれば、休日出勤などもしなければならなくなり、企業の要望や指示を基準とした生活になります。 しかし、派遣として働く場合は、そもそも条件に見合った勤務先に配属されることになります。派遣の場合は、あらかじめ希望の勤務時間や勤務地、職種などを派遣会社に登録しておき、その希望に近い派遣先へ派遣されるという仕組みが一般的です。 その為、予想外の時間帯に会社から呼び出されたり、休日に出勤したりといったことが少なく、比較的自由。 プライベートやオフの時間を優先した働き方ができるというわけです。

トラブルがあったら、派遣会社に相談できる

派遣先でトラブルがあったり、待遇や条件が契約と異なったりした際に、契約を交わしている派遣会社に相談することができる点も、派遣として働くメリットと言えるでしょう。 もし、社員として企業と直接契約した場合、会社とトラブルがあっても、自分自身で対処しなければなりません。 しかし、派遣であれば派遣元の企業に相談することができますし、派遣会社がしっかりした企業であれば、何らかの対応を取ってくれる可能性もあります。もしもの時に、自分だけで解決しなくても良い点は、派遣ならではの安心感であると言えそうです。

デメリットから見る、「派遣とは」

どんな物事にも、良い面と悪い面が存在します。派遣として働く場合も、上記でご紹介したメリットのような良い面はたくさんありますが、反対にデメリットや悪い面も存在します。 今度は、デメリットをもとに「派遣とは」について考えていきたいと思います。

収入が安定しない

派遣で働くデメリットとして、収入の安定感のなさが挙げられます。 派遣の場合、派遣会社に情報や希望を登録し、マッチする企業があれば派遣されて働くことができます。つまり、派遣されなければ、働くことはできないというわけです。 勿論、働かなければ、給与は発生しません。派遣会社に情報や希望を登録しているだけでは、お金を稼ぐことができないというわけです。 すぐに仕事が見つかるとも限らないので、派遣されるまでの期間が長いと、無収入となってしまうリスクがあります。

派遣先が見つかる保障はない

また、派遣先が必ず見つかる保障がない点も、派遣として働くデメリットであると言えるでしょう。 特に、年齢を重ねていくと、仕事が見つかりにくくなることもあるようです。 年齢が高くなると共に、派遣先の企業から高い技術力やスキルを求められるようになります。資格や実績がないと、なかなか派遣先が見つからないという可能性も、ゼロではありません。 その為、派遣で長く働くのであれば、若いうちにスキルや資格を身につけておく必要もありそうです。

派遣の種類

「派遣」と一言で言っても、種類があり、それぞれに特徴があります。 派遣の種類は、大きく分けて2種類あり、「一般派遣」と「紹介予定派遣」に分かれています。 一般派遣については、上記で特徴やメリット・デメリットをご紹介しました。 紹介予定派遣の特徴や違いについては、以下でご紹介していきますので、い一般的な派遣と比較してみて下さい。

紹介予定派遣とは

上記でご紹介した、派遣の特徴は、一般的な派遣をもとにしたものです。 では、もう1つの派遣の種類である、「紹介予定派遣」とは、どのようなものなのでしょうか?紹介予定派遣について、システムなどをご紹介していきます。 紹介予定派遣とは、派遣先の企業に、直接雇用されることを視野に入れた契約で働くことを言います。 基本的には、一般的な派遣と同じように、派遣会社を雇用主として、派遣先で働きます。 しかし、紹介予定派遣の場合は、単に契約更新をして派遣として働き続けるだけではありません。一定期間を経て、派遣先の企業と本人の希望が一致すれば、雇用主を派遣会社から派遣先の企業へと変えて働くことができるという仕組みになります。 つまり、正社員への採用を前提とした派遣というわけです。 派遣として自由気ままに働いていたいという方もいる反面で、安定して収入を得られる正社員になりたいと考える方もたくさんいます。 そのような方が、紹介予定派遣という形態を利用すると、正社員になるチャンスを得られるというわけです。

メリットから見る、「紹介予定派遣とは」

では、一般の派遣とは異なる紹介予定派遣という形態には、どのようなメリットがあるのでしょうか? メリットをもとに「紹介予定派遣とは」について考えていきましょう。

正社員になるチャンス

上記でも触れたように、紹介予定派遣の場合、一定期間後に派遣先企業と本人の希望が一致すれば、正社員になれるチャンスがあります。その点こそが、紹介予定派遣の最大のメリットと言えるでしょう。 正社員になりたいものの、何らかの理由で1度退職をしたまま、就職出来ずにいる人。また、未経験の業界や職種のため、正社員を希望することが出来ない人。そういった方に対して、紹介予定派遣は正社員のチャンスを与えてくれる制度であると言えます。 未経験の職種の場合も、派遣社員として一定の期間働くうちに、業界の知識やスキルが身につきます。 そのため、新しい業界や職種に挑戦したいという場合も、段階を踏んでスムーズにチャレンジできる点は、紹介予定派遣ならではのメリットと言えるでしょう。

職場を知ってから就職できる

転職活動や就職活動の場合は、事前に職場を知る機会があまりありません。 しかし、一定の期間を派遣社員として働いた後に採用するシステムを取っている紹介予定派遣では、職場の雰囲気や人々、業務内容などを充分知った上で、就職することができます。 一般的な就職の場合、転職活動や就職活動を頑張って、やっと内定を得たものの、いざ勤めてみたら思っていたものと異なっていた…ということも、有り得ます。また、職場の人間関係が上手くいかず、退職してしまうリスクなども考えられます。 しかし、紹介予定派遣であれば、職場の人間関係や業務内容などを熟知した上で、その企業に就職するかどうか決められるので、上記のようなリスクは避けられるというわけです。

デメリットから見る、「紹介予定派遣とは」

一見すると、良いことばかりのように思える紹介予定派遣。 しかし、そんな紹介予定派遣にも、デメリットや悪い面は存在します。 今度は、デメリットから「紹介予定派遣とは」について見ていきたいと思います。

求人情報が少ない

紹介予定派遣のデメリットとして、一般的な派遣よりも求人数が少ない点が挙げられます。 紹介予定派遣となると、企業としても派遣社員を採用する可能性が出てくる為、慎重になりがち。また、派遣と比較すると、紹介予定派遣という雇用形態は、まだまだメジャーとは言い難いものです。 その為、派遣会社に登録はしたものの、なかなか希望や条件とマッチする職場が見つからないという状態に陥ることもあります。 紹介予定派遣の場合も、現場に行って働かないことには、給与は発生しません。その為、無収入の期間が出てきたり長くなったりする可能性も高いと考えられます。

正社員としての採用が確定しているわけではない

紹介予定派遣の特徴として、正社員になれるチャンスがある点が挙げられますが、必ず正社員になれるわけではないということも、頭に入れておかなければなりません。 派遣の期間が終了し、自分ではその企業の社員として働きたいと思っていても、企業側が採用しない場合もあります。そうなれば、再び別の派遣先を探したり、転職活動などをして就職したりしなければなりません。 場合によっては、求人情報の少なさから、条件などに見合わない企業に派遣された上に、正社員にもなれなかったという可能性も、ゼロではないと考えられます。

どの雇用形態にも、メリット・デメリットがある

今回は、派遣をテーマにして、メリット・デメリットをご紹介しました。 派遣に限らず、どんな雇用形態にも、良い点と悪い点が存在します。 正社員であれば、収入や生活は安定しますが、自由な時間が少なくなったり、残業や休日出勤をしなければならなかったりします。 アルバイトは、責任などがあまりなく、好きな時間に気軽に働けるというメリットがあるものの、キャリアや収入のことを考えると、心もとない場合もあります。 このように、どんな雇用形態にもメリット・デメリットがあるので、それぞれの誇張携帯の特徴をしっかり把握した上で、自分の働き方を選ぶことが大切です。

一般的な派遣と紹介予定派遣。違いやそれぞれの良さを見極め、自分に合った働き方を

いかがでしたでしょうか?今回は、「派遣とは」「紹介予定派遣とは」というテーマで、派遣の種類や特徴、メリット・デメリットなどをご紹介しました。 一般的な派遣と紹介予定派遣の違いは、正社員になれるチャンスがあるかどうか。一見すると、派遣として働いた後に正社員になれるかもしれない紹介予定派遣の方が、メリットが多いように思えるかもしれませんね。 しかし、紹介予定派遣は求人情報が少なく、一般的な派遣として働く場合よりも、派遣先が見つかりにくい可能性があります。 このように、派遣・紹介予定派遣には、それぞれにメリット・デメリットがあります。 もっと大きな目で見ると、正社員と派遣、アルバイトと派遣などにも、比較をすればそれぞにのメリット。デメリットが見えてくるはずです。 充実した社会人生活を送るには、各雇用形態の良さと欠点を理解し、自分に合った雇用形態を選択することが大切です。

関連タグ

アクセスランキング