IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアは転職すると年収がアップするって本当?なぜ?

転職ノウハウ

人材不足が囁かれ続けているIT業界。今後2020年までにIT市場の規模は約4.5倍に拡大すると予想され、エンジニアの需要がさらに高まると予想されています。そこで、今回はITエンジニアの転職にクローズアップして本当に年収がアップするのか、その現状と年収アップの理由を探っていきたいと思います。

更新日時:

IT業界の平均年収は高め

まずはその前に、参考数値としてIT/通信系業界全体の平均年収を見ていきたいと思います。参考資料として転職サイトDODA提供の2015年平均年収ランキングを使用します。(※2)結果は、以下のようになっていました。

IT/通信業界の平均年収

・平均年収-489万円 ・男性-504万円 ・女性-415万円 この結果だけだと、IT業界の年収の実態がわかりずらいので他業種との年収比較でも見てみますと、以下の通りになっていました。

業種別平均年収TOP5

1位-企画/管理系-546万円 2位-技術系(電気/電子/機会)-508万円 3位-技術系(IT/通信)-489万円 4位-技術系(メディカル/科学/食品)-473万円 5位-営業系-462万円 男女間での平均年収差が見られるものの、他業種間での比較では平均年収ランキング3位と高い傾向を見せています。

前職と比べた年収アップ率のボリュームゾーンは5〜25%アップ

それでは、次に実際に転職アップすると給与がどれくらい上がるのか見ていきたいと思います。Tech総研発表の年収アップに成功したエンジニア100人を対象に調べた統計によると(※3)前職で400万円以下の年収のエンジニアの割合は100人中47名と約50%弱とかなりの割合を占めていました。さきほど、調べた業界全体の平均年収489万円と比較しても大幅に年収が少ない状況になっています。 エンジニア100人の前職の年収の状況 ・300万未満-23人 ・300〜400万円未満-24人 ・400〜500万円-13人 ・500〜600万円-18人 ・600〜700万円-12人 ・700〜800万円-7人 ・800〜900万円-1人 ・1000万円以上-2人 900〜1000万円は0人でした。 逆に前職で合計9名と少なかった700万円〜1000万円以上のゾーンは転職後に合計33名と大幅に増加しました。 700万円から上の転職後の収入状況の変化 ・700〜800万円-7人→15人 ・800〜900万円-1人→11人 ・900〜1000万円-0人→1人 ・1000万円以上-2人→6人 年収アップ率で見ると上昇率差はあるものの平均して5~25%のアップが全体の3/4を占めており、転職をすることによって年収があがる状況を示しています。

なぜ転職すると年収アップするのか?

ではなぜ、ITエンジニアが転職すると年収がアップする傾向にあるのでしょうか? 上記Tech総研資料の続きにその回答のヒントが記載されていました。その答えは、「企業」にあります。もちろん個々のエンジニアが持つ技術的スキルや役職によっても年収は、変動しますが、あくまで賃金を払うのは企業です。そのような意味で最初から年収をアップできる環境を持つ企業を選ぶことによって、前職と比較して年収を上げることが可能になります。前職からの転職先の傾向としては、従業員1000人以上の大企業や従業員100以下でも独自のサービスを展開するベンチャー企業に転職する割合が多いようです。

企業規模によって年代別でも年収格差の傾向がある

最後に、勤務している企業規模によって年代別でもエンジニア間で給与格差が広がることをお伝えしたいと思います。 今回は、Tech総研が発表した資料「大手とベンチャーどっちが高給?」(※4)を参考に考察していきます。ベンチャー企業、中小企業(従業員300人前後)、大企業(従業員1000人以上)と分けてシステム開発エンジニアの年収を比較したところ、大手の給与を100%とした場合、20代のエンジニアは中小の給与は90%程の割合で、大手との大きな差はありませんでした。しかし、30代後半のシステム開発エンジニアになると、中小企業の年収は大手企業と比較して20%低いという結果になっています。この結果から、企業規模によっても年収に開きが出るということを、十分念頭にいれておいたほうが良いかもしれません。 いかがだったでしょうか?今回は転職によって年収がアップする状況とその理由を見てきました。年収は重要な要素ですが、働く際のもう一つの重要な要素は「やりがい」ではないでしょうか?さきほどの統計でも、大手とベンチャ企業に転職する人の割合が多いことをお伝えしましたが、まさにベンチャー企業などは働き手が企業に対する将来性に期待する部分ややりがいを感じて転職するケースがおおいのではないでしょうか?今後、転職を考える方もぜひトータル的な観点からご自分にあった将来設計をしてみてください。 [参考資料] ITエンジニア転職の現実:日経ビジネスオンライン 平均年収ランキング2015(89職種の平均年収/生涯賃金) |転職ならDODA(デューダ) ITエンジニア100人が語る、年収アップ転職成功の条件|【Tech総研】 年収一挙公開!大手VSベンチャーどっちが給料多い!?|【Tech総研】

いまの年収に不満はありませんか?

独自の求人を持つことで多くの企業の紹介が可能

エンジニア・クリエイターに特化したフォローアップ体制で転職を有利に進めることができます。 企業別の対策が詰まった面接詳細や模擬面接、客観的に強みを引き出すカウンセリング、また驚くほど企業の評価が変わる職務経歴書の添削など、あなたにあった方法で転職をスピーディーかつスムーズに行うことができます。

企業との絶対的な信頼関係を実現

転職エージェント以外にフリーランスの参画サポートサービスを8年以上に渡り運営しており、数多くのIT・Web系企業と取引があります。そのコネクションを活かして、現場プロジェクトマネージャーとの情報交換MTGを年間累計3000回以上実施しています。 そのため企業から絶対的な信頼を得ています。この信頼関係があるため、通常より短い期間での面接設定→内定を可能としています。

転職のために設計されたフォローアップ体制で転職を有利に

人事担当者やプロジェクトマネージャーとのMTG中に「そういえば、今度◯◯やるから、実はこういう人が欲しいんだよね」といった非公開の求人が出てくるのも、レバテックの強みです。また、競争が激しいWebサービスでは秘密裏に開発を進めるプロジェクトも多いため、予想外の珍しいポジションも存在します。 さらに、求人がクローズしている企業とも日頃からコミュニケーションをとっているため、企業担当者に「実は最近、こんな人が転職を検討しているのですが・・・」という紹介をきっかけに急遽ランチやMTGが設定され、採用に至るケースもあります。

関連タグ

アクセスランキング