C言語入門|スライドと動画で学ぶ入門教材資料まとめ

入門

今回は、そんなC言語の学習の手助けとして、入門教材を紹介していきたいと思います。難易度を入門編、応用編、実践編に分けて初学者でも順番に学習出来るようにしました。

更新日時:

C言語入門資料まとめ

それでは早速入門編から始めてみましょう。

入門編:まずはC言語のおおまかな特徴をつかんでみよう

入門編では、2つのスライドでC言語の概要と特徴を学習してみます。 1:「C言語入門〜C言語について〜」

このスライドでは、C言語の特徴とC言語で作られているモノが簡潔に書かれています。ページ数も少ないのでサクサクと読み進めて下さい。 2:「C言語超入門」

このスライドでは、プログラムとは何か?といった基本的なところからC言語の概要、コンパイラの説明、開発環境のMicrosoftVisual Studioのインストール方法などが紹介されています。実際にプログラミングをする前の準備を整えましょう。

応用編:C言語のプログラミングをしてみよう

C言語の簡単な概要が掴めた所で応用編では簡単にプログラミングの練習をしてみましょう。 1:「C言語入門 – C言語の基本」

VisualStudioを使って新規プロジェクトを作成してみましょう。実際にプログラミングを打ち込みながらC言語の基本や標準関数のprintfについて学んでみましょう。 2:「やさしく知りたいC言語」

プログラミングをしながら先ほど学んだprintfの使い方から、もう少し踏み込み変数の概念や使い方などを学習してみます。

実践編: もっと踏み込んだ内容をチュートリアルで学習してみる

入門編と応用編のスライダーでプログラミングの概要やC言語に少し慣れたと思うので、仕上げとしてC言語の基礎と全体像を動画とチュートリアルを通して学習してみましょう。 1:動画でC言語の基礎を学ぶ

スライダーだけでは理解できなかった部分でも、動画を見ながらプログラミングすることで理解が深まります。変数、演算子、IF文、参照渡し、ポインタの概念など基礎部分をバランスよく学習できます。特にC言語の難所のポインタの概念は押さえておきたい所です。 2:一週間でC言語の基礎をマスターする

1週間でC言語の基礎を学ぶために構成されているチュートリアルです。ドットインストールと学習内容がかぶってしまいますが、イラストも多いので復習をかねて挑戦してみてください。基本編、応用編が終わったら練習問題をやってみましょう。

終わりに

いかがだったでしょうか?今回は初学者の方を対象にしたC言語入門の学習教材を紹介してきました。これまでなんとなくC言語って名前は聞いたことがあるけどよく理解できなかった方も以前より理解が深まりましたでしょうか?初学者にとってC言語は簡単な言語ではなく学習コストが高めですが、現在でも案件ニーズがあり、多くの言語に影響を与えた言語ですので実際にプログラミングをしながらC言語をマスターしてみてください。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)