Hadoop入門資料まとめ|スライドでやんわり入門しよう

入門

ビッグデータを活用する為に必要な技術として、Hadoopもまた、今後はますます普及していく可能性があります。今回は、そんなHadoopを学んでおきたい!という方に向けて、Hadoop入門におすすめの資料をご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみて下さい。

更新日時:

Hadoop入門資料まとめ

入門編・応用編・実践編という、3つのステップでご紹介していきます。自分のレベルに合った難易度の資料を使って学習して下さいね。

入門編:Hadoopとは?

まずは、Hadoopがどのようなものなのかを学んでいきましょう。

「Hadoopとは何か?」という疑問に対する答えがこの中にあると言っても過言ではない程、しっかりまとまっているスライドです。このスライドに目を通せば、Hadoopがどのようなものかがしっかり理解できますよ。

こちらも、Hadoopについて、概念や基本知識をまとめたスライドです。上記のスライドと合わせて学んで、Hadoopについて覚えた知識を定着させていきましょう。

応用編:Hadoopの動かし方を学ぶ

「Hadoopとは何か?」ということがはっきり分かるようになったら、次はどのようにいてHadoopを動かし、使っていくのか見てきましょう。

入門編でご紹介したスライドよりも、踏み込んだ内容を説明しています。Hadoopとの付き合い方や、どういうシステムを作って活用していくべきかが説明されています。このスライドを通して、Hadoopを動かしたり活用したりするイメージを具体的にしていきましょう。

スライドの枚数に圧倒されがちですが、1枚1枚が視覚的に見やすくなっています。Hadoopの基礎知識や基本操作を網羅する内容となっているので、入門編・応用編のまとめとして、目を通しておくことをおすすめします。

実践編:Hadoopを自分の手で動かしてみる

どんなものなのか、そしてどのように使っていくべきなのかを学んだら、今度は自分の手で動かして、体感的にHadoopを勉強していきましょう。 Hadoopをセットアップする

Hadoopに限らず、新たなIT技術を学習し、実践してみる際に躓いたり挫折したりする人が多いステップが、実行環境のインストールやセットアップです。このサイトでは、そんなHadoopのセットアップについて、詳しい解説と実際の実行画面やサンプルコードを用いて説明しています。実践編の第一歩としておすすめです。 Hadoopのフローをカスタマイズしてみる

Hadoopの基本知識があり、インストール・セットアップも済ませている方を対象にしたチュートリアルです。フローのカスタマイズについて、サンプルコードを豊富に使って分かりやすいく解説しています。2と3もあり、今回ご紹介したページの下部にそれぞれのリンクが設置されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?Hadoopやソフトウェア基盤について、知識や使用した経験がない方にとっては、少し、難しい内容だったかもしれません。しかし、ビッグデータの価値が日に日に増していき、大容量のデータを高速で処理する必要性が上がってきている今、将来に向けてHadoopについて学んでおくのは、とても価値のある行動だと思います。 今回ご紹介した資料意外にも、Hadoopの入門向け資料はたくさんあります。ぜひいろいろな資料やチュートリアルを活用して、Hadoopに関する理解と知識・技術を深めていって下さいね

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)