IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職は誰に相談すればいい?上司・窓口・コンサルタントの正しい選択

転職ノウハウ

転職相談に適するのは誰か?転職エージェント・コンサルタント(人材派遣会社)の方々である。理由はその人たちがプロであるので良い会社を勧められるからだ。ただし、相談する会社の情報を調べておく必要がある。また転職のことは身内にも伝えなければならない。

更新日時:

転職、誰に相談するのがベストか?

昨今様々なキャリアの歩み方が出現し、転職を考える方々は少なくないです。 あなたが転職をしたいと思った時、誰に相談するのがベストなのか考えていきましょう!

そもそも本当に転職すべきか?

これからこの記事を読んでいただく前に、じっくり”本当に転職すべきなのか”を考えてみてください。 あなたは勤めている会社でベストを尽くしていますか? その会社にいたら普段の生活すらままならないという場合を除いて、転職する際には自分の状況をしっかりと見直すことが大切です。 それでも転職を考える方は以下の記事で誰に相談するのがベストか参考にしてください。

転職相談:転職エージェント・コンサルタントに相談する

メリット

・仕事なので一生懸命に希望条件とマッチングしている会社を探してくれる ・経験からもっている情報と数値データをもっている ・知人に知られずに、相談ができる

デメリット

・会社にとって都合の良い会社を勧められる ・気軽に本音で話せない

メリット・デメリットをざっくり挙げてみました。 それぞれ見ていきましょう。 メリットはやはり相手が仕事のプロであるということ。 会社と転職者をマッチングさせてくれるでしょう。 また、経験から膨大なデータをもっているのも強みです。 ある調査によると、実は3人に1人は転職をすべきではない方々だそうです。 その場でまだやれることがたくさんあるということでしょう。 知人に知られずに転職活動を行えるのも魅力の一つです。 対してデメリットは 相手(人材派遣会社)のことを調べずに相談するとうまい話に乗せられ、都合の良い会社に入れられてしまうかもしれないことです。 入念に相談する会社のことを調べましょう。 また、気軽にこれは嫌だ!など本音を言えない場面もあるでしょう。 これら踏まえたうえで、僕は転職エージェント・コンサルタントに相談するのは良いと判断します。 仕事のプロである点が大きいからです。

転職の相談なら満足度No.1のDODA

転職なら満足度No.1のDODAがおすすめです。 履歴書や職務経歴書の添削もしてくれます。特に初めての転職活動の場合は、心強いパートナーになってくれるでしょう。

転職相談:上司に相談する場合

メリット

・自分のこと(仕事という面において)をよく知っている身近な相手なので的確な答えがもらえそう ・その方のツテ(仕事先)を紹介してもらえるかもしれない

デメリット

・情報漏えいのリスクをはらむ ・部下のことを考えるか、会社のことを考えるかで悩ませてしまう、結果会社優先で考えられるかもしれない

自分の仕事のできを一番身近で見ている存在としては間違いないでしょう。 また人情に厚ければ部下のことを思ってよい転職先を紹介してくれるかもしれません。 しかし、デメリットのほうが大きいと思うのが個人的な見解です。 特に上司に選択を迫ることが良くないところです。部下か会社か・・・。 正解はありません、またどちらを選んでも間違えではないのです。 そう考えるならば上司の方のためにも、自分のためにもこの選択はとらないほうが良いと思います。

転職相談:家族・友人・恋人など生活上での身近な相手の場合

メリット

・本音で話せる ・応援してもらえれば大きな心の支えになる

デメリット

・転職そのものには詳しくはないので、具体的なアドバイスはもらえない ・安定志向であれば心配され、止められる

本音で話し、応援してもらった上で転職に臨む場合、大きな支えをもちながら挑めるでしょう。 しかし、転職=変化と考え、変化を恐れるのは人の本能としては何ら不思議ではありません。 転職の相談相手としてはふさわしくはないでしょう。 しかし、いつかは話さなければならないのです。 ある会社の調査によると転職を本格的に始める前に身内に相談する方々は76%だそうです。 そして転職後の約80%の方が転職後に特に不満がないと答えているみたいです。転職前に「現状の不満や不安」を話す方が大半らしいです。 そう考えるならば、転職のことについて相談しなければならない相手です。 具体的な転職のアドバイスは他の方にするのと並行して話しておくべきでしょう。 ただ、間違ってはいけないのは転職の仕方についてはプロフェッショナルではないので、それは切り離して考えましょう。

転職する決意

どうでしょうか?相談する相手の姿がだいたい見えてきたと思います。 あとは決断をするだけです!

結論

転職相談相手は転職エージェント・コンサルタント(人材派遣会社)の方々にするのが無難です。しっかりと相談する会社の情報を収集し、相談してみましょう。 そして、並行して自分の現状の気持ちを身内に相談するのも必要だと思います。自分の思いだけでなく、生活を共にしている相手の気持ちも汲み取り、満足いく転職をしましょう!

おわりに

思っているよりも転職は悪くないものかもしれません。現状の自分の状態をしっかり見つめたうえで、キャリアを歩んでいきましょう!

関連タグ

アクセスランキング