エンジニア転職の面接で人事にウケる逆質問例

転職ノウハウ

エンジニア転職の面接で人事にウケる逆質問例

更新日時:

こんにちは、BrandingEngineer広報部です。どんな職種でも、転職活動をしていく上で避けて通ることができない過程が、面接です。「技術や知識には自信があっても、面接はどうにも苦手」という方も、多いのではないでしょうか?

そこで今回は、エンジニアへの転職における面接対策として、「人事に良い印象を与える逆質問」をテーマにリサーチしました。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

人事への逆質問は重要

面接というと、人事や面接官の質問に対して、こちらが答える立場になることが多いかと思います。しかし、面接は本来、企業にとっても個人にとっても、お互いのことを知る為の時間。こちらから、企業について尋ねても良いのです。むしろ、積極的に質問をする姿勢は、人事にとって印象の良いものでしょう。逆質問は、企業の実態を探れる上に好印象を残せる、一石二鳥の手段なのです。

しかし、何でも良いから質問すれば良いというわけではありません。的外れな質問は、かえって悪印象になってしまう可能性があります。

せっかくの転職のチャンスを無駄にしない為にも、エンジニア転職で人事にウケる逆質問の例をご紹介していきますね。

必見!エンジニア転職の逆質問マニュアル

エンジニア転職で聞いておきたい、逆質問の例を2つご紹介します。

1つ目は、「新人の教育制度の内容」です。どのくらい力を入れているのか、教育制度では何を重点的に教えるようにしているのかなどを聞くことで、その企業がエンジニアに対してどのような働きを期待しているのかが分かります。その答えをヒントに、望まれている働きに対して、自分がエンジニアとしてどのような活躍ができるのかをアピールすると良いでしょう。

2つ目は、「エンジニアや関連する可能性がある部署の平均年齢」です。特に、チームやプロジェクトのリーダーの年齢を知ることは大切。その企業が勤続年数や年齢を重視しているのか、それとも実力や成果を優先しているかが分かる為です。企業の情報を探るだけでなく、年齢の話題から自分の将来のビジョンや目標などに話題を繋げやすいので、話題に困っている時におすすめの質問です。

逆質問で技術面接対策を!

いかがでしたでしょうか?逆質問は、人事や面接官へのアピールや話題作り、その企業の情報収集と、さまざまな目的で使えるテクニックです。積極的に活用して、充実した面接にしましょう。

また、エンジニアとして転職する場合、技術面に関する面接が別途開催されるケースもあります。その場合、面接官は技術者になる可能性もあるので、逆質問でその企業におけるエンジニアの立場などを理解しておくと、スムーズに進められますよ。

参考資料:「リクナビNEXT ITキャリア

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)