エンジニア転職の限界年齢は何歳?30代、40代でも転職できるの?

転職ノウハウ

エンジニア転職の際、特に気にしておきたいのが年齢です。いわゆる「新卒」で入社した社員と比べると、転職者の方が年齢が上です。何歳くらいまでならば、エンジニア転職が成功する可能性があるのでしょうか?今回は、年齢に注目して転職活動の流れや企業の反応などをご紹介していきます。

更新日時:

年代別に見るエンジニア転職の手応え

一般的に、「エンジニア転職は何歳まで」という決まりはありません。自分が「転職したい」と思えば、いつでも、何歳からでも転職活動をすることはできます。 しかし、転職者を受け入れる企業の方で、年齢制限を設けている場合があります。求人情報などで公開されているケースもあれば、公開していなくても目安として年齢制限を決めている企業もあるので、年齢を重ねてからの転職活動は、難しいと言われています。 20代で行う転職活動と、キャリアと年齢を重ねてからの転職活動では、どのような点が異なるのか、見ていきましょう。

20代~40代のエンジニア転職の記録

実際に20代と30代に転職をしてきたエンジニアの体験談「やまろうのITエンジニア仕事術」によると、「20代の転職は楽勝だった」そうです。ハローワークで紹介された企業に応募しただけで、簡単に内定を得ることができたのだとか。更に、より良い企業を吟味する為、エージェントなども利用して転職活動を続けたところ、紹介される企業の数がとても多く、企業からの反応も上々だったそうです。最終的に、エージェントを通して応募した20社の企業のうち、2社から内定を獲得できたとのことです。能力や転職までに形成してきたキャリアなどによって、個人差はありそうですが、20代の転職者であれば、求めている企業が多く、すんなりと受け入れている印象を受けますね。 では、30代の転職はどうでしょうか。上記のエンジニアは、30代前半で2度目の転職をしています。その際の手応えとしては、「20代の時の転職と同じような結果になった」そうです。前回と同様に、20社程に応募して、最終的に2社から内定を獲得できたという結果から、「30代前半の転職者も、企業からの需要は20代転職者と同じくらいある」と考えられそうですね。 しかし、30代後半になると、エンジニアの求人情報が減ってくるという情報もあります。「リクナビNENT」によると、インタビュー記事の中に「36歳の時に転職活動を行った際、35歳までの求人が多くて大変だった」という体験談がありました。また、転職者を採用する企業の目線では、「30代後半になってくると、今まで何をしてきたのかを話す人が多いが、企業としてはこれからどうなっていくのかを聞きたい」という発言もあります。求人情報の数が多く、勢いで内定を得られるイメージがある20代の転職と比較すると30代後半の転職活動は、発言の内容なども重要視されるようになるのかもしれませんね。 ただし、30代後半がエンジニア転職における年齢の限界というわけではありません。「やまろうのITエンジニア仕事術」によれば、40代でも転職に成功した知人のエンジニアの話題が出てきています。また、50代になっても、柔軟な思考の持ち主であれば、転職することも可能なのではないかという予想もあります。20代・30代前半の転職と比較すると、求人情報が少なくなり、難易度は上がりそうですが、不可能なわけではなさそうですね。

エンジニア転職の年齢に限界はない

いかがでしたか?実際に転職に成功したエンジニアの体験談を通して、転職活動の年齢について考えてきましたが、最終的には、「エンジニア転職の年齢に限界はない」と言えるでしょう。 ただし、年齢とともに、企業側から求められるハードルが上がったり、求人情報の件数が減ったりするのも事実です。、年齢を重ねてからの転職活動は、20代・30代の転職活動と比べて難しくなる可能性はあります。 エンジニアとして働く上で大切なのは、自分のエンジニアとしての理想や目的を叶えられそうな企業で、充実した日々を送ることです。その手段の1つとして、転職を活用してみるのも良さそうですね。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)