IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーエンジニアが安定した年収を維持するために必要なこと

年収・給与

フリーエンジニアが安定した年収を維持するために必要なこと

更新日時:

みなさんは「フリーエンジニア」にという職業にどういった印象をもっていますか? 「フリーエンジニア」というと自由に働けるイメージが強く、「いつかはそうなりたい」と考えている方もいるかと思います。しかし、自由である一方で、収入や社会保障の安定性には欠けそうですね。 そこで、今回は「フリーエンジニアが安定した年収を維持するには?」というテーマで、さまざまな情報をご紹介していきます。

年収を安定させるポイントは、仕事の量と質

フリーエンジニアとして収入を得るには、仕事を自ら獲得しなければなりません。年収を維持するには、「受注できた仕事の量✕質」における「量」「質」を高めていかなければなりません。正社員よりも、仕事の量と質が直に年収に反映されるフリーエンジニアが年収を維持するためには、仕事の探し方が鍵となってきます。

フリーエンジニアの仕事の探し方3つ

フリーエンジニアの案件はネット上で検索すれば沢山見つかります。しかし、フリーエンジニアが、ネット上には出てこない高単価な案件を探す方法は、大きく分けて次の3つがあります。 1つ目は、「紹介」です。知人や既存のクライアントから紹介を受け、それが新たな仕事へと繋がるケースは、少なくありません。また、以前の職場からの繋がりで受注することもあるため、人脈というのはフリーエンジニアになる前から構築しておきたいものです。 2つ目は、「情報発信」です。QiitaやGitHub、ブログ、はたまたSNSによる情報発信が鍵となる場合があります。ネット上に開発したアプリを公開したり、ライブラリを公開したりすることで、技術力を可視化することができるため、直接依頼が来たり、企業側で発注先が複数あった際に任されやすくなります。 3つ目は、「エージェント」です。人から紹介を受けることと似ていますが、エージェントの方は、それを職業としています。企業からの案件情報の宝庫であるエージェントに頼ることで、自分に合った優良案件の紹介を受けられる可能性が高くなります。まだコネクションが構築できていないフリーエンジニア初心者の方にはおすすめです。

他のフリーランスとの差別化

今回は、「フリーエンジニアが安定した年収を維持するには?」というテーマで、さまざまな情報をご紹介しました。 より多くの高単価の案件を得る為の基本として、他のフリーエンジニアにはない自分だけの強みをアピールし、多くの人から仕事を紹介してもらえるコネクションを構築することが大切です。 フリーエンジニアが増えてきている昨今、他のフリーエンジニアに対して、「これだけは負けない」という自分の強みを見つけることが、より多くの仕事を獲得し、年収を安定させるために必要なことだと言えるでしょう。それは必ずしも「技術」だけにとどまらないところがポイントなのです。

おすすめの「エンジニア転職サイト・エージェント」

良質な求人情報が期待できそうな、エンジニアにおすすめの転職サイト・転職エージェントランキング形式でご紹介します。 IT業界やエンジニア職に特化した転職サイトを中心にまとめていますので、転職を検討しているエンジニアの方は、ぜひ参考にしてみてください。

関連タグ

アクセスランキング