Docker入門スライドまとめ|初心者も簡単に学べる学習教材

入門

オープンソースソフトウェア「Docker」。使い勝手が大変良いことから、IT技術者や開発者達から、注目を浴びている存在です。今回は、これからDockerに入門して学習する方におすすめの資料をご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみて下さい。

更新日時:

Docker入門資料まとめ

それでは、Dockerの入門におすすめの資料をご紹介していきます。入門編~実践編と、3種類のレベルに分けてご紹介するので、自分のレベルに合った難易度のものから始めてみましょう。

入門編:まずはDockerについて知る

最初に、Dockerとは何かについて学んでいきましょう。

Dockerがどのようなものか、大変分かりやすく解説しているスライドです。Dockergとは切っても切り離すことができない、「コンテナ技術」についても説明されているので、Docker入門の第一歩として、このスライドに目を通しておくことをおすすめします。

Dockerを語る上で欠かすことができない、コンテナ技術にスポットを当てて説明しているスライドです。コンテナ技術を通して、Dockerの仕組みや特徴を理解していきましょう。

応用編:Dockerの動かし方や手順を学ぶ

入門編でDockerの特徴や仕組みなどを学んだら、今度はDockerをどのように動かし、活用していくのか勉強していきます。

こちらのスライドでは、Dockerに触ったことがないという方向けに、基本操作について説明しています。Dockerのインストール方法から基本的なコマンドまで、しっかり解説されているので、Dockerを使った作業の一連の流れを学べますよ。

これまでのスライドと比較すると、ボリュームが多くなりますが、Dockerの概念や基礎知識から、応用的な技術に関する内容まで、大変詳しく解説しているスライドです。入門編・応用編のまとめとして、復習も兼ねて目を通しておくと、実践編へのステップアップがスムーズになりますよ。

実践編:Dockerを自分の手で動かす

入門編・応用編でDockerの知識や動かし方を学んだら、いよいよ自分の手でDockerを操作してみましょう。 ●Dockerをインストールして基本操作をしてみる

Dockerの公式チュートリアルを、実際にやってみた方による、感想と解説です。個人の方の記事ですが、英語表記のDocker公式チュートリアルについて、手順やポイントを日本語で正確に説明しているので、英語が苦手な方でも安心して学べます。解説とサンプルコードに従って操作をすれば、Dockerのインストールや基本操作ができるようになっているので、実践経験を積みたい方におすすめです。

Docker入門 ~公式チュートリアルに沿って~ - イモケンピウスの辞書

●動画でDockeの実践経験を積む

動画で学ぶタイプの、Docker入門講座です。動画の説明通りに操作をしていくことで、Dockerを体感的に学ぶことができます。全11回分の動画を視聴し終える頃には、Dockerの基本操作を手で覚えることができているでしょう。

Docker入門 (全11回) - プログラミングならドットインストール

動画で学ぶタイプの、Docker入門講座です。動画の説明通りに操作をしていくことで、Dockerを体感的に学ぶことができます。全11回分の動画を視聴し終える頃には、Dockerの基本操作を手で覚えることができているでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?新しいことを学ぶのは、勇気が必要なことだと思います。また、知らないことを勉強するのは、ストレスが溜まったり、苦痛に感じたりするかもしれませんね。もし、今回ご紹介した資料を呼んでいて、「よくわからない」と思ったら、そこで挫折せずに、ぜひ他の資料やサイトと併用して活用してみて下さい。わからない単語について説明されていたり、難しい内容が他の資料では別の視点や言葉遣いで解説されたりしているかもしれませんよ。 複数の資料やサイトを上手く使って、確実にDockerを習得しましょう!

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)