エンジニア転職の質問で役員にウケる逆質問例

転職ノウハウ

エンジニア転職の質問で役員にウケる逆質問例をご紹介します。

更新日時:

就職活動や転職活動をしていると、必ず1回は受けることになる面接ですが、皆さんはどのような印象を持っていますか?「面接」と言うと、「企業からの質問に答えるもの」と考えている方も、多いのではないでしょうか。しかし、面接とは本来、企業と個人がお互いに、相手のことを知ったり、自分と相性が合うか見たりする為のものです。企業側が質問をするのと同じように、こちらから質問をする権利もあります。このように、個人から企業の面接官に質問をすることを「逆質問」と言います。

逆質問は、適切に活用することで、面接官に良い印象を与えることができる、テクニックの1つでもあります。しかし、それには内容やタイミングを吟味する必要があります。特に内容は、面接官がどのような人なのかによって、変えた方が良いでしょう。例えば、1回目の面接であれば、面接官は人事や人材を募集しているチームのリーダーなどが担当するケースが殆どです。しかし、最終面接ともなると、その企業の役員や社長と言った、上層部が面接官となる可能性もあります。転職活動のゴール・内定を目前に控えた最終面接ともなると、一般的な面接と比較して、経験値が少ないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、最終面接にポイントを絞って、おすすめの逆質問例をご紹介していきます。

逆質問は現実的な内容がおすすめ

最終面接は、エンジニア転職の最終難関とも言えるステップ。この面接をクリアすれば、大抵の場合は内定を獲得できます。それだけに、企業側も慎重です。これまで、人事や部署のリーダーが担当していた面接官が、役員や社長といった上層部になるケースも少なくありません。「ただでさえ、面接は緊張するものなのに、役員を相手にどんな受け答えをすれば良いのか」と不安になる方も、少なくはないでしょう。

最終面接は、内定を目前に控えた状態なので、より具体的で現実的な内容を話すと有効です。特に、逆質問をする場合は、自分が企業に入社して働いている姿を、相手にイメージさせるような内容にすることをおすすめします。何度かの面接や試験を経ている状態で、抽象的なことを質問すると、相手に今更という印象を与え、マイナスの評価に繋がる可能性がある為です。

役員に好印象を与えられる逆質問集

では、具体的にはどのような質問が良いのでしょうか。面接は会話であり、コミュニケーション方法の1つなので、確実な方法や正解はありません。しかし、よりスムーズに進めるテクニックやポイントはあります。

最終面接の場合は、現実的な内容の逆質問が好まれる傾向にあります。その為、一例としては、「社内のエンジニアがどのような環境やツールを使って仕事をしているのか」という質問はおすすめです。もし、それらに自分の得意分野が含まれていれば、長所としてアピールするチャンスになりますよ。反対に、自分が使ったことのないものだった場合は、「入社までに勉強しておきます」などと回答することで、やる気や熱意を見せることができます。

また、「エンジニアの評価基準」を逆質問で尋ねるのも良いでしょう。役員や社長の考え方は、その企業の方針に結びついています。役員が語るエンジニアの評価基準から、その企業でどのようなエンジニアが求められているのか、知ることができるかもしれません。役員や社長にとっても、どのような人材を求めているのかより現実的に話すことで、両者の価値観のすれ違いを防げるので、嬉しい質問と捉えられる可能性があります。ただし、その延長線で給与や昇給のタイミングなどを聞くのは、避けた方が良いでしょう。あまり細かく尋ねすぎると、業務よりもそちらに関心があると思われる可能性があります。

最終面接攻略の鍵は熱意

最終的に、エンジニア転職で内定を獲得する為に必要なのは、エンジニアという職業に対して、いかに真摯に向き合っているのか、熱意ややる気を相手に見せることです。

逆質問は、その為の有効なテクニックとして活用していきましょう。熱意を見せようと、理想や目標ばかりを語るのは、現実的とは言えません。役員や社長の胸には、抽象的な内容よりも、現実的な内容の会話や質問の方が響く可能性が高いのです。逆質問の内容次第では、現実的な印象を与えつつ、熱意ややる気を相手に伝えられる可能性があるので、上手く活用して下さいね。

面接官が役員や社長であっても、臆することなく自分の良さをアピールして、転職を成功させましょう。

参考資料:「paiza

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)