IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

企業・会社選びの基準となる「軸」と具体例|大企業・中小企業のメリット・デメリット

業界・企業研究

転職をする場合に、企業・会社選びが一番の課題です。どんな企業・会社に転職するのかと言った選びの軸をしっかりと持っておくことが重要と言えます。転職が成功するかどうかはこの企業・会社選びの軸によるものが大きく、転職のための会社選びについてまとめました。

更新日時:

企業・会社選びの基準となる「軸」は人それぞれ

企業・会社選びの基準となる「軸」は、人それぞれです。企業・会社に何を求めるのかによって選びの軸も変わってくるでしょう。 企業・会社に転職する際に、自分の興味のあることや、やって楽しいことを仕事にしたいと考える人、自分の得意なことを仕事にしたいと思う人、また社会的貢献などを目指して企業・会社に働きたいという価値観を持っている人など、選びの軸はそれぞれです。 そして、多くの場合、転職の動機となった自分の思いが次の企業・会社を選ぶ際の基準のポイントになります。そういう意味ではどうして転職したいのかを自分で分析することがとても重要です。 自分が求めている企業へのイメージ、自分の働く理想のイメージをしっかり固めることも必要です。

転職動機が企業・会社選びの軸になる場合

自分の興味をもとに企業選びをする場合のポイント

仕事を選ぶ軸として、自分の興味のあることを基準に企業を選ぶというのは理想ですよね。洋服が好きな人がショップ店員になったり、ある製品が好きでその製品を作っている会社に就職したりする場合も多くありますよね。 この場合は企業選びもしやすく、転職の動機として自分が製品や企業に強い興味を持っていることを示すことで転職もしやすいでしょう。どんな興味を持っているのかを具体的に伝えることができるように準備をします。 ただ、自分の興味となる企業や会社に本当に就職が叶えばいいのですが、なかなか難しい場合も現実的にはあります。少しの間求人を待ってでも情熱を伝えていきたいものです。

企業・会社選びの軸を得意な分野にする場合のポイント

得意な分野を仕事にする場合は、例えば語学力を活かして外資系企業などに転職する場合などがあります。 この場合は得意な分野の専門性を磨いておく必要があります。しっかり語学力を高めること、資格などを取っておくことも大事ですね。 また、本当に転職後に英語が活かせるのかどうかもきちんと確認することが大切です。いざ入社してみるとあまり語学力は必要でなかったなどということもあり希望と違うという事にもなります。

企業・会社選びの軸を会社の価値観にする場合のポイント

企業や会社の理想とするものが好きであったり、経営者の人格や方針に惹かれて企業選びの軸にすることもありますよね。 経営者が書いている本やインタビュー記事などを見て惹かれることもあるでしょう。この経営者の下で働きたいということが企業選びの軸になる場合です。 社会貢献への意識の高い企業などや時代への挑戦をしている企業などで働きたいと企業への憧れを持ったり、価値観に共感して企業選びの軸にするのもいいですよね。

企業選びの軸を見つけるための自己分析も大事なポイント

企業選びの軸を考えるためには、自己分析がきちんと行われているのかどうかも大切です。自分が転職する場合に何を重要視しているのか、どんな興味や楽しさ、価値観を企業に求めようとしているのかをきちんと自己分析しておくことが大事です。 企業選びの軸を考えるために自己分析をきちんとしておくと、面接の際になぜこの企業にしたのかをはっきりと伝えることができますよね。

会社の規模を企業選びの軸にする場合

また、企業規模をもとに選ぶ軸を考える人も多くいると思います。有名な大手企業で働きたいと考える人や中小企業で自分の活躍の機会を求める人などこの場合も人それぞれです。 大手企業だけを就職先に考えて上手くいっていない場合には、少し方向性を変えて選ぶ軸を中小企業に目を向けてみるのもおすすめです。中小企業なら多くの企業がありますので沢山の中から選ぶこともできます。

自分が大企業と中小企業のどちらで働く姿を理想とするのか

大手の大企業に転職するのか、それとも中小企業に就職するのかは大きく分かれる企業選びの軸となってきますよね。有名な大手企業で社会的な価値も感じながら働きたいという人が多くいるのも事実で、その分転職の際の倍率は高く難しくなります。 自分のスキルや経験値が高ければこうした大手企業への転職も可能です。転職する度に大きな企業へ移っていく人もいます。 また、その一方で中小企業の場合は社員の人数が少ないので割と大きな仕事を任せてもらえたり、活躍する場も相対的に多くなります。そうしたメリットを考えて選ぶ人も増えてきています。

大手と中小企業を選ぶ際のそれぞれのポイント

大企業で働く場合の特徴ポイント

大企業と中小企業で働く場合のポイントを色々挙げてみました。大企業で働く場合は、企業の安定というのが一番大きなポイントかもしれません。他にも沢山の特徴ポイントを列挙してみます。

メリットと言えるポイントは、 ・社会的貢献を大きく評価されていることが多い ・知名度が高い ・給与などが高い場合が多い ・住宅手当や家族手当などの福利厚生制度がしっかりしている ・経営体制が安定している ・教育制度や資格制度などがしっかりしている ・きちんとした昇格、昇給がある所が多い などと言った点で優遇される面があります。

その一方でデメリットのポイントは、 ・同僚や上司との関係があまり密でない ・あまり責任のある仕事が任されないこともある ・自分の意見があまり言える機会がない ・昇格や昇給するのに時間がかかる などが挙げられます。

中小企業で働く場合の特徴ポイント

中小企業で働く場合には下記のポイントがあります。規模が小さいことから仲間意識が高くみんなで頑張る意識が高い事や任される仕事が多いなどが魅力のポイントと言えます。

中小企業のメリットと言えるポイントは、 ・一人一人に責任のある仕事が任される可能性が高い ・自分の意見を言える機会が多い ・上司や同僚との関係が蜜である ・頑張れば昇格や昇給になる可能性が高い

デメリット言えるポイントは、 ・知名度が低い ・給与などが低いことが多い ・福利厚生が充実していないことがある ・企業の経営体制があまり安定していない ・教育制度がないことも多い などと言った規模が小さい事や新しい会社がゆえのデメリットなどがある場合もあります。

魅力的な中小企業の見つけ方のポイント

魅力的な中小企業も見つけたいと思いますが、そのためには実際にどうしたらいいのでしょうか。「日経テレコン21」というビジネス情報のデータベースを見て選ぶのもおすすめです。 あまり知られていない中小企業も調べることができますので、よく調べて企業規模だけにこだわらず、自分が働く価値を見出せる企業を選んでみませんか。最近では魅力的な中小企業を「日経テレコン21」などで調べることで様々な情報を得ることができます。 業界情報や市場情報、人物、人事情報、最新の海外情報なども入手できますよ。

転職サイトを活用して企業選びの軸を相談

また、転職サイトを活用することで企業選びの軸を一緒に考えていくという方法もあります。アドバイザーから助言をもらって、企業選びの軸を考えます。 自分では思いも寄らないような職種など新しい企業選びの軸を教えてもらうことができておすすめです。転職サイトでは沢山の企業の求人情報を得ることもできますので選択肢は多い方がいいでしょう。 転職が上手く行かない時などはちょっと視点を変えるために転職サイトを利用してみるのもおすすめです。

おすすめの企業選びの軸の具体例

多くの人が実際に企業選びの軸をどんな内容にしているのかを最後にご紹介します。 〇仕事をしていて楽しい会社の雰囲気かどうか 〇同じ理念で働く会社の仲間がいるかどうか 〇社会の役に立つ仕事が行えるかどうか 〇自分自身の仕事のやりがいがあるかどうか 〇給与や福利厚生がいいかどうか 〇勤務時間が短いなどの勤務環境がいいかどうか 〇長く続けられる仕事かどうか 〇自分がやったことが評価されたり、成長できる場所であるかどうか 〇成長する機会や支援が多く行われるか、ステップアップや昇格の機会の提供があるかどうか 〇独立支援なども行ってくれるかどうか 〇仕事を通じて多くの人と出会えたりするかどうか 〇海外での勤務体験などができるかどうか など、様々な企業選びの軸を設定しています。どれを大事に選ぶかは自分の中で優先順位を付けておきませんか。

失敗しない企業選びの軸についてのまとめ

企業選びの軸についてご紹介しましたが、本当に人それぞれです。例えば販売や営業の仕事に就いた人の中でも、そこに売ってある商品が気に入って会社を選んだ人もいれば、純粋に販売や営業自体の仕事が好きだという人もいます。 どちらの場合もそれぞれの企業選びの軸で会社を選んでいると言えます。商品が好きな人は就職した後も商品についての知識をもっと磨くことで喜びにつながっていくでしょう。 また、純粋に販売や営業の仕事自体が好きな人はそういう環境にいることで自分のスキルや経験を積むことができれば楽しく仕事ができます。 いろいろな動機の人がいていいのです。それぞれに喜びや楽しみを仕事に感じることができるように、しっかりとした企業選びの軸を持っていれば転職後も仕事が長続きしていきます。それが一番重要な事ではないでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング