IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

企業・会社選びの基準となる「軸」と具体例|大企業・中小企業のメリット・デメリット

初回公開日:2016年12月13日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2016年12月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

業界・企業研究

転職をする場合に、企業・会社選びが一番の課題です。どんな企業・会社に転職するのかと言った選びの軸をしっかりと持っておくことが重要と言えます。転職が成功するかどうかはこの企業・会社選びの軸によるものが大きく、転職のための会社選びについてまとめました。

企業・会社選びの基準となる「軸」は人それぞれ

転職動機が企業・会社選びの軸になる場合

自分の興味をもとに企業選びをする場合のポイント

企業・会社選びの軸を得意な分野にする場合のポイント

企業・会社選びの軸を会社の価値観にする場合のポイント

企業選びの軸を見つけるための自己分析も大事なポイント

企業選びの軸を考えるためには、自己分析がきちんと行われているのかどうかも大切です。自分が転職する場合に何を重要視しているのか、どんな興味や楽しさ、価値観を企業に求めようとしているのかをきちんと自己分析しておくことが大事です。 企業選びの軸を考えるために自己分析をきちんとしておくと、面接の際になぜこの企業にしたのかをはっきりと伝えることができますよね。

会社の規模を企業選びの軸にする場合

自分が大企業と中小企業のどちらで働く姿を理想とするのか

大手と中小企業を選ぶ際のそれぞれのポイント

大企業で働く場合の特徴ポイント

大企業と中小企業で働く場合のポイントを色々挙げてみました。大企業で働く場合は、企業の安定というのが一番大きなポイントかもしれません。他にも沢山の特徴ポイントを列挙してみます。

メリットと言えるポイントは、 ・社会的貢献を大きく評価されていることが多い ・知名度が高い ・給与などが高い場合が多い ・住宅手当や家族手当などの福利厚生制度がしっかりしている ・経営体制が安定している ・教育制度や資格制度などがしっかりしている ・きちんとした昇格、昇給がある所が多い などと言った点で優遇される面があります。

その一方でデメリットのポイントは、 ・同僚や上司との関係があまり密でない ・あまり責任のある仕事が任されないこともある ・自分の意見があまり言える機会がない ・昇格や昇給するのに時間がかかる などが挙げられます。

中小企業で働く場合の特徴ポイント

中小企業で働く場合には下記のポイントがあります。規模が小さいことから仲間意識が高くみんなで頑張る意識が高い事や任される仕事が多いなどが魅力のポイントと言えます。

関連タグ

アクセスランキング