IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【2016年版】PHPフレームワーク人気比較

入門

CakePHP、Laravel、CodeIgniterなど多くの種類があり、「一体どれを使えばいいんだ」と迷われる方が多いでしょう。今回は、PHPフレームワーク、laravel、CakePHP、zendframework、Symfony、codeigniterに絞って、最近の人気度を比較していきます。

更新日時:

各フレームワークのトレンド比較

Googleトレンドは、その単語をGoogle検索にかけた数を表示します。人気のフレームワークであれば、チュートリアルや機能を調べるためより検索されます。ここでは、2016年現在の各PHPフレームワークを、Googleトレンドを使って比較してみました。

主流はCakePHP、Laravelが上昇傾向

●「CakePHP」ー2016年では、CakePHPが主流ですが、2009年7月ごろをピークに、徐々に検索数が減少しています。 ●「Laravel」ー2012年ごろに登場し、現在はCakePHPに次ぐ2番人気。少しずつ検索数が上昇。 ●「CodeIgniter」ーもともと人気はそれほど高くなく、低空飛行を続け、わずかに減りつつあります。 ●「Symfony」ー2008年ごろはCakePHPを追いかけるほどの勢いがありましたが、2016年の現在は完全に下火。 ●「zendframework」ーSymfonyとほぼ同時期に登場しましたが、あまり活躍する姿を見せないまま、現在ではほとんど検索されません。 Laravel以外のPHPフレームワークは減少傾向にあるようです。ここまでは日本国内だけを見てきました。次に海外の現状を見てみます。

世界ではすでに「Laravel」が主流

次に「世界」と「日本」のPHPフレームワークのGoogleトレンド比較をしてみましょう。世界のトレンドは次のようになっています。

日本と全く状況が違います。一番検索されている(使われている)のは青色の「Laravel」。Laravelだけが上昇し、その他が減少しているという点においては日本と同じ傾向ですが、現在Laravelが一番主流となっている点が日本と全く違います。日本も数年遅れて海外の流れに即していくでしょうから、このまま「CakePHP」が減少し、「Lavel」が主流になっていきそうです。

ベンチマークでは「Phalcon」が最速

ここまでは「人気」で比較してきましたが、次に「速度」で比較してみましょう。主なPHPフレームワーク9つをベンチマークテストした結果を他サイトから引用しました。

Phalconが最速で、SlimとCodeIgniterが続きます。FuelPHP、Silex、BEAR.Sundayが同じようなパフォーマンスです。Laravelは非常に重いですね。

「Phalcon」というPHPフレームワークが、このテストで抜きん出て最速でした。Laravelは一番遅いという結果に。でも今回の比較では「Phalcon」を対象に入れていませんでしたね。では「zendframework」と入れ替えて、トレンドをみてみましょう。

最速でもPhalconは普及していない

黄色が「Phalcon」です。2013年に登場し、少しずつ上昇していますね。処理速度が最速でありながら、その人気はあまりないゆです。 一番遅い「Laravel」ですが、処理速度が遅いものの、開発者にとって開発しやすいフレームワーク。そのため、日本国内・海外でも普及の流れがあるようです。

時代の流れにあったPHPフレームワークを選ぼう

フレームワークはその言語に加えて、新しい「ルール」を覚えなくてはいけません。「流行している」ということで、その使いやすさも認められ、企業でも採用する傾向にあるので、新しいPHPフレームワークを学ぼうというときには、傾向を考慮して選んでみると良いでしょう。

未経験からエンジニアに転職したい

未経験かつ独学でのエンジニアへの転職は実際のところ難しい。未経験からの転職では「実務経験」がネックになるからです。 プログラミングスクール「Webスク」のカリキュラムでは、実務が積めます。しかも、スクール卒業後の転職までも保証(転職できなかったら全額返金)。もちろん講師は開発現場で経験を積んだプロであるため、最短でプログラミング技術を身につけられます。 本気で未経験からエンジニアへの転職を考えている方は、Webスクで実務経験を積みながら、エンジニアになることをおすすめします。 まずは「無料カウンセリング」から。

「起業したい!」 「スピード感を持ってエンジニアスキルをつけたい!」 「最新の技術を学びたい!」 という方には、TECH BOOSTがおすすめです。 TECH BOOSTは、「未来のなりたいキャリア」から逆算して、講座内容が組まれている、3ヶ月間のプログラミングスクールです。開催しているBranding Engineerという会社は、エンジニアの転職や独立を支援している人材会社なので、スクール卒業後のキャリアについても力になってくれます。 誰よりも早くエンジニアになり、最新の技術に挑戦していきたい人にオススメです。

関連タグ

アクセスランキング