IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

Laravel入門に最適なチュートリアル資料まとめ

入門

今回は、Laravelのおすすめ入門資料をご紹介していきます。ゼロから学ぶ入門編から、より実践的な技術を身につけられる応用編・実践編と、ステップを踏んで学べるようになっているので、自分のレベルや状況に合わせて活用してみて下さいね。

更新日時:

Laravel入門資料まとめ

それでは、Laravel入門資料を見ていきましょう。

入門編:まずはLaravelのことを知る

まずは、「Laravelとは何か」「Laravelを使うとどんなメリットがあるのか」など、Laravelの概要などを大まかに学びます。

Laravelの機能や特徴、メリットやインストール方法などが学べるスライドです。ゼロからLaravel入門を始める方や、Laravelについてあまり知識がないという方は、このスライドに目を通せば、「Larravelとは何か」が何となく分かるようになると思います。

Laravelを使ったアプリケーション開発について、その手順や流れをざっくりと解説しています。「Laravelを使ってアプリを開発する場合、どのように進めていくことになるのか」を大まかに覚えておくと、応用編・実践編にスムーズに移行できますよ。

応用編:Laravelの基本的な書き方・活用方法

Laravelを使ってみることを目的としているスライドです。基本的なLaravelの操作や書き方を詳しく学べます。実際に、スライドの説明に従って手を動かしてみると、Laravelを体感的に学べますよ。

実際にLaravelを使って、アプリケーションを開発した手順についてまとめたスライドです。より専門的な目線や内容で、Laravelによるアプリ開発の手順や操作方法を学べるので、実践に役立つ知識が得られます。

実際にLaravelを打ち込んでみる

動画の説明に従って操作していくだけで、Laravelの操作方法や書き方が学べるようになっています。「実践でLaravelを使うのは初めて」という方におすすめです。 Laravel5で画像投稿機能付き掲示板の作成

Qiitaの投稿で、Laravel実践の入門として、画像投稿機能付き掲示板を作成する記事がありましたので、ぜひ挑戦してみましょう。これまで学んできたLaravelの知識と技術を駆使して、一つの作品を完成させることで、Laravelをより深く理解できるようになりますよ。

まとめ

いかがでしたか?プログラミングの経験がない初心者にとっては、やや難しい内容だったかもしれません。しかし、IT業界におけるLaravelの需要は、PHPと共に今後も上がっていくかもしれないので、Laravelを習得しておいて、損はないはずですよ。 入門編・応用編でLaravelの知識や基本的な書き方を覚えたら、積極的に実践編に挑戦してみましょう。手を動かして実際にLaravelを使ってみることで、これまで理解できなかったことが分かったり、新たな発見があったりするかもしれません。 また、チュートリアルを終えた方は技術評論社からでている「Laravelエキスパート養成読本[モダンな開発を実現するPHPフレームワーク!] 」を実践してみることをおすすめします。 手元に一冊Laravelの参考書があると、開発スピードも上がり、これまで行っていたさまざまな時間が短縮され、ぐっと効率化できるかもしれませんよ。

未経験からエンジニアに転職したい

未経験かつ独学でのエンジニアへの転職は実際のところ難しい。未経験からの転職では「実務経験」がネックになるからです。 プログラミングスクール「Webスク」のカリキュラムでは、実務が積めます。しかも、スクール卒業後の転職までも保証(転職できなかったら全額返金)。もちろん講師は開発現場で経験を積んだプロであるため、最短でプログラミング技術を身につけられます。 本気で未経験からエンジニアへの転職を考えている方は、Webスクで実務経験を積みながら、エンジニアになることをおすすめします。 まずは「無料カウンセリング」から。

「起業したい!」 「スピード感を持ってエンジニアスキルをつけたい!」 「最新の技術を学びたい!」 という方には、TECH BOOSTがおすすめです。 TECH BOOSTは、「未来のなりたいキャリア」から逆算して、講座内容が組まれている、3ヶ月間のプログラミングスクールです。開催しているBranding Engineerという会社は、エンジニアの転職や独立を支援している人材会社なので、スクール卒業後のキャリアについても力になってくれます。 誰よりも早くエンジニアになり、最新の技術に挑戦していきたい人にオススメです。

関連タグ

アクセスランキング