IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

海外のソフトウェアエンジニアの平均年収|アメリカはなんと900万円も

転職ノウハウ

ここでは海外のソフトウェアエンジニアの平均年収を紹介します。今まさに海外への転職を考えているソフトウェアエンジニアの方はもちろん、そうでない人も将来のキャリア形成の参考にしてみてはいかがですか?

更新日時:

いまの年収に不満はありませんか?

今の仕事に不満を感じてるけど、転職はリスキーであまり前向きでないあなた、エンジニアにおすすめの転職エージェントをうまく活用して心機一転新しい仕事に取り組んでみませんか?

独自の求人を持つことで多くの企業の紹介が可能

エンジニア向け転職エージェント「レバテックキャリア」ではエンジニア・クリエイターに特化したフォローアップ体制で転職を有利に進めることができます。 企業別の対策が詰まった面接詳細や模擬面接、客観的に強みを引き出すカウンセリング、また驚くほど企業の評価が変わる職務経歴書の添削など、あなたにあった方法で転職をスピーディーかつスムーズに行うことができます。

企業との絶対的な信頼関係を実現

レバテックキャリアは転職エージェント以外にフリーランスの参画サポートサービスを8年以上に渡り運営しており、数多くのIT・Web系企業と取引があります。そのコネクションを活かして、現場プロジェクトマネージャーとの情報交換MTGを年間累計3000回以上実施しています。 そのため企業から絶対的な信頼を得ています。この信頼関係があるため、通常より短い期間での面接設定→内定を可能としています。

転職のために設計されたフォローアップ体制で転職を有利に

人事担当者やプロジェクトマネージャーとのMTG中に「そういえば、今度◯◯やるから、実はこういう人が欲しいんだよね」といった非公開の求人が出てくるのも、レバテックの強みです。また、競争が激しいWebサービスでは秘密裏に開発を進めるプロジェクトも多いため、予想外の珍しいポジションも存在します。 さらに、求人がクローズしている企業とも日頃からコミュニケーションをとっているため、企業担当者に「実は最近、こんな人が転職を検討しているのですが・・・」という紹介をきっかけに急遽ランチやMTGが設定され、採用に至るケースもあります。 様々なメリットを持つレバテックキャリアはエンジニアの方に一番おすすめできる転職エージェントです。あなたもレバテックキャリアで転職を成功させませんか?

▽レバテックキャリアについての詳しい記事はこちら レバテックキャリアのよく聞く評判と口コミ・面談の雰囲気と方法 ▽その他のエンジニア向けおすすめ転職エージェントはこちら おすすめの「エンジニア転職サイト・エージェント」29選と特徴・強み

海外のソフトウェアエンジニアの平均年収

まず、日本と海外のソフトウェアエンジニアの平均年収を紹介します。 国名 エンジニア平均年収 日本(※1) 440万円 アメリカ(※2) 898万円 オーストラリア(※3) 587万円 カナダ(※4) 557万円 イギリス(※5) 546万円 フランス(※6) 471万円 中国(※7) 237万円 シンガポール(※8) 374万円 これらのデータを見ると、アメリカのソフトウェアエンジニアの半数が900万円近い年収を得ており、ダントツで高い年収になっているのが分かります。中国は「爆買い」のイメージのためかソフトウェアエンジニアの年収も高いのかと思いましたが、実際は日本の半分ほどの年収しか得られないようです。

アメリカのソフトウェアエンジニアは平均年収が高い。ただし解雇のリスクも高い

アメリカの場合は日本よりも業務の範囲が広いため、必然的に年収が高くなります。シリコンバレーで働くソフトウェアエンジニアであればもっと稼いでいると思われますが、このデータは国全体のものなので、アメリカではエンジニアのような専門職の年収が他国よりもかなり高いと言えます。ただ、能力主義なため、成果を出せなければ日本より解雇されるリスクは高いです。 イギリスやフランスの場合は、日本とあまり大差が無いように見えますが、イギリスの平均年収が477万円、フランスの平均年収が340万ということを踏まえると、こちらもなかなか高給な職業の部類に入ると思われます。これは、イギリスやフランスでは数学が非常に重視されており、エンジニアという職業の社会的な地位が日本よりも高いためです。中国は、ソフトウェアエンジニアという職業の給料が低いというよりかは、物価が安いということや、地域によって貧富の差が非常に大きいということが、年収の低さの原因となっているようです。

海外のソフトウェアエンジニアの社会的地位

アメリカ以外の国と比較すると、日本のソフトウェアエンジニアの平均年収が極端に低いというわけではなさそうです。ただ、日本のように文系出身でもエンジニアになれる環境と異なり、学歴でエンジニアへの道がかなり制限されるような国では、ソフトウェアエンジニアという仕事の社会的地位は日本よりも高くなっています。 いかがでしたか?海外のソフトウェアエンジニアの年収事情が少し見えたでしょうか。地域によってソフトウェアエンジニアの年収だけでなく、責任や仕事の範囲は多少変わってきます。もし海外への移住などを考えている際には、より現地の言語でその仕事内容などを調べてみましょう! [参考資料] 「SoftwareEngineer Salary (Japan)」-payscale 「Software Engineer Salary (USA)」-payscale 「Software Engineer Salary (Australia)」-payscale 「Software Engineer Salary(Canada)」-payscale 「Software Engineer Salary (UK)」-payscale 「Software Engineer Salary (France)」-payscale 「Software Engineer Salary (China)」-payscale 「SoftwareEngineer Salary (Singapore)」-payscale

関連タグ

アクセスランキング