IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「怖い上司」への対処方法6つ・転職するという選択肢

悩み・不安

社会人生活をしていると、どうしても苦手な人や怖いと感じる人とも、出会うことがあります。特に、職場の上司が怖いと、ストレスがたまるし仕事にも支障が出そうで、何かと大変ですよね。このページでは、怖い上司への対処方法をご紹介しています。ぜひ参考にどうぞ!

更新日時:

上司が怖い!そんな時の対処法

人付き合いをしていると、どうしても苦手な人や嫌いな人も出てくるかと思います。性格が苦手であったり、何となく自分とは合わないと感じたりする人でも、社会人として生きる以上は、我慢して良い関係を築いていく必要があります。 特に、会社の上司は、仕事でお世話になることも多いですし、毎日顔を合わせる存在です。そんな上司が、苦手だったり怖かったりすると、毎日出勤するのも憂鬱になってしまいますよね。 そこで、今回は「怖い上司」をテーマに、対処法などをご紹介していきたいと思います。

怖い上司の特徴

一般的に、どのような上司が「怖い上司」と言われているのでしょうか? 怖い上司の特徴を見ていきたいと思います。

気分によって態度が変わる

迷惑な上司でもありますが、気分によって態度が大きく変わる上司は、怖い上司と言えるでしょう。 機嫌が良い時は、面白かったりとても優しかったりと、良い上司なのですが、機嫌が悪い時に話し掛けてしまうともう大変。理不尽なことで怒られたり、八つ当たりをされたりしてしまいます。 気分によって感情の落差が激しい上司だと、部下も常に顔色を窺わなければならなくなり、ビクビクし続けることに。このような上司とは、できることなら、なるべく関わりたくないですよね。

言葉遣いがきつい

どんなに良い人であっても、言葉が汚かったり辛辣であったりすると、やはりその上司に対しては「怖い」と感じる部下が多いでしょう。 例え、正当な理由のあるお説教や忠告であっても、言葉に棘があったり、嫌味などが多かったりする上司は、嫌な人だと感じてしまうのではないでしょうか? また、容姿や性格など、仕事とは関係のないことや自分ではどうしようもないことについて辛辣な言葉で怒られたら、誰だって傷つきますよね。 また、怒鳴ることが多かったり、怒鳴り方が尋常でない上司も、世間一般で言われる「怖い上司」に当てはまるでしょう。

相手によって態度を変える

「怖い上司」というよりは、「嫌な上司」かもしれませんが、相手によって態度を大きく変える上司とは、なるべく関わりたくないという方が多いのではないでしょうか? 例えば、社長や部長などの自分よりも地位が高い人にはとても優しかったり素直だったりするのに、部下や後輩には偉そうな人。目上の人に敬意を払うのは社会人として当然のことですが、部下への態度があまりにも雑なものだと、接する方としてもがっかりしてしまいますよね。 このような上司を、「怖い」「嫌いだ!」と思うのは、仕方ないことかもしれません。

厳しい上司が必ずしも怖い上司であるとは限らない

上記では、怖い上司の特徴をご紹介しました。「これこそ、うちの上司だ!」と、職場の上司が怖い上司の特徴に当てはまった方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかし、怖い上司だからといって、全員が悪い人であるとは限りません。中には、「厳しくて怖い上司」というタイプも存在します。このタイプの上司は、部下の成長を願って、敢えて厳しく接している可能性も。 厳しい上司ではあっても、悪い上司や怖い上司ではない可能性があるのです。 もし、職場で「この人は怖いから嫌い」という上司や先輩がいた場合は、もう1度よく、上司の言動を振り返ってみてはいかがでしょうか?意味もなくお説教をしているのであれば嫌な上司ですが、もしかしたら皆さんに期待しているからこそ、厳しく接しているのかもしれませんよ。

怖い上司対策【1】:上司に慣れる

怖い上司にもいろいろなタイプがありますが、中には「単に慣れていないから怖いだけ」という可能性もあります。 過去に、まだあまり面識がない状態で何か厳しいことを上司から言われたり、そもそも普段からほとんど口をきかなかったりとうことはありませんか?また、その上司が怖くて、ついつい避けているという方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかし、そういった行動を取れば取る程、上司への怖いという気持ちやイメージが強まってしまう可能性があります。上司のことをあまり知らなかったり、避けてしまったりしている為に、自分の中で上司がどんどん未知の存在になっていき、必要以上に「怖い」と感じている可能性があるのです。 「そういえば、怖いと思っている割に、あの上司とあんまり話したことがないな…」という方は、上司と敢えて接点を持つようにし、その上司に慣れてみることをおすすめします。

怖い上司対策【2】:話し方を工夫する

怖い上司の中には、忙しさ故につい言動が刺々しくなってしまうという方もいます。 そのようなタイプの怖い上司に話し掛ける際は、話し方を工夫すると良いでしょう。 例えば、声を掛ける時に「今、宜しいですか?」「○○の件でご報告があるのですが…」などと、前置きの言葉を掛けるようにするのです。 すると、上司の方から「今はだダメ」や「今なら話を聞ける」といった返事が返ってくるはず。 忙しくて機嫌が悪い上司に話し掛けて、厳しい態度を取られるなどのリスクを下げられます。

怖い上司対策【3】:手短に話す

上記でご紹介した、「話し方を工夫する」という対処法に繋がりますが、上司と話す際はなるべく手短に話せるようにしましょう。 例え業務に必要な報告などであっても、話を聞いてもらうということは、相手の時間を頂いていることになります。 上司と話す際は、要点をしっかりまとめて、なるべく手短に、そして分かりやすく話すようにしましょう。 分かりやすく話すコツとしては、結論をはっきりさせることが大切です。また、結論を述べた上で、日時や期間などの詳細を話すようにするのもおすすめですよ。

怖い上司対策【4】:上司の言葉を繰り返す

上司から仕事に関する指示や注意があった際、1回ではよく聞き取れないこともあるかと思います。指示の内容の理解が曖昧なまま実行に移すと、上司が意図していない作業などをしてしまい、後から「そんなことは支持していない!」と注意されたり怒られたりする可能性も。 しかし、怖い上司の中には、指示を聞き直すと怒ったり、指示が曖昧だけど聞き返す隙を与えてくれなかったりする人もいます。 そのような上司への対処法として、相手の言葉を復唱することをおすすめします。例えば、「今日の16時までに、〇〇社へこの書類を送っておいて」と指示された際に、「承知致しました、16時までに〇〇社へ、こちらの書類をお送り致します」などと、重要な部分を復唱するのです。 復唱をすれば、「もう1度良いですか?」などと確認を取る必要がありませんし、もし復唱した内容が間違っていれば、上司が指摘するでしょう。

怖い上司対策【5】:堂々とした態度で接する

人は、怖いと感じている相手や苦手な人と接する時、どうしてもおどおどした態度を取ってしまいがち。怖いと感じている上司と話す時なども、無意識のうちに萎縮してしまっているかもしれませんね。 しかし、相手からすると、目を合わせなかったり言いたいことをはっきり言わなかったりといった萎縮した態度を取られたりするから、イライラしてしまうのかもしれません。 また、弱気な言動を続けていると、「この人は少し厳しい態度を取れば、言う事を何でも聞く」と思われてしまうかもしれません。 そこで、怖い上司や苦手な相手にこそ、毅然とした態度で接することをおすすめします。 相手の目をしっかり見て、言いたいことをはきはきと話してみましょう。

怖い上司対策【6】:改善案を出す

怖い上司の中には、細かい所まで注意をしてきたり、頻繁にお説教をしたりする人もいます。 そのような上司には、「わかりました、次はここをこのようにして、改善していきたいと思います」などと、改善案を出すようにしましょう。 改善案もなく、ただ「申し訳ありませんでした」と謝るだけだと、「本当に分かっているのか!?」とお説教や注意が更に長引く可能性がある為です。 改善案を出せば、「それなら良いけど…」と引き下がるかもしれませんよ。 ただし、的外れな発言をしてしまうと、かえって上司の機嫌を損ねてしまう可能性も。改善案を出す際は、上司の話をよく聞き、内容をしっかり考えた上で出すようにしましょう。

どうしても上司が怖い場合は、転職を考えるにもアリ

怖い上司への対処法法をいくつかご紹介してきましたが、それでも「怖いものは怖い!」「あの人とはどうしても無理!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。 怖い上司の存在は、大きなストレスとなります。怖い上司が原因で、会社に行くことすら憂鬱になることもあるかもしれません。また、怖い上司を意識しすぎて、業務に専念できなくなる可能性もあります。 怖い上司への恐怖心やストレスがあまりにも強い場合は、転職してしまうのも1つの方法ですよ。ストレスをため込み、業務や体調にまで支障が出てしまうようなら、無理にその職場で働き続ける必要はありません。 どしても上司が怖くて憂鬱な場合は、新しい職場で、心機一転してしっかりと人間関係を築くという選択肢も、考えてみてはいかがでしょうか?

怖い上司は対処法さえ覚えてしまえば怖くない!

いかがでしたでしょうか?今回は、「怖い上司」をテーマに、特徴や対処法などをご紹介しました。 人は、人生を通していろいろな人と出会います。その中には、優しい人や気が合う人もたくさんいます。一方で、苦手な人や怖い人とも出会うでしょう。 しかし、怖い人や嫌いな人も、対処法さえ覚えれば、そんなに嫌な存在にはなりません。あまり関わらないようにしたり、あえて関わって仲良くなってみたりと、さまざまな方法があるので、自分のタイプや相手の性格に合わせて、いろいろ試してみてはいかがでしょうか?

関連タグ

アクセスランキング