IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

やる気がでない原因・やる気が出る方法まとめ(名言・曲・映画・本)

ライフスタイル

「やる気が出ない。仕事はたくさんあるのに…」。こんな気分は誰にでもあるはず。一体どうしたらやる気が出るのでしょうか?今回は、モチベーションを上げる「やる気が出る方法」についていろいろと調べてみました。やる気が出ずに困っている方、必見です!

更新日時:

「やる気が出ない…」そんな時は名言や音楽でモチベーションアップを

「やる気」は何をやるにしても必要なものですが、特に仕事に関しては必須。ボーっとしたまま仕事をしていては、ミスも増えるし評価も下がってしまいます。モチベーションこそは仕事において一番重要なものと言えるでしょう。 そうは言っても、「なんとなくやる気が出ない」とか「集中できない」などということは、どんな人にでもあること。そこで憂鬱な時やここ一番でモチベーションを上げたい時には、具体的な「やる気が出る方法」が必要になります。例えばそれは、名言や音楽、映画などです。 それでは「やる気が出る方法」について、具体的に見ていくことにしましょう。

やる気が出ない原因は身体と心の不調

「やる気が出る方法」について見る前に、なぜやる気が出ないのか、その理由について知っておいた方が良いでしょう。何もする気が起きない時、ついつい自分の怠け心のせいだと決めつけてしまいますが、実は重大な不調のサインかもしれないのです。

原因1:疲れ

肉体的、あるいは精神的な疲労が蓄積すると、モチベーションはどんどん低下していきます。身体の状態と心の状態は連動していますから、肉体的な疲れによっても心は弱り、やる気が失われていくのです。 とは言え忙しい時はどうしても疲労が溜まってしまいます。そんな時でもちょっとしたリラックス法を見つけるなどして、頑張りすぎないことも大切です。

原因2:ストレス

脳はストレスを感じると、ブドウ糖を消費します。それによって感情をコントロールしようとするのです。しかしブドウ糖の消費は血糖値を下げ、そうするとそれに連動してやる気も出なくなってしまいます。「疲労」がやる気を失くさせることについては上でも述べましたが、直接の原因はこの血糖値の低下にあるのです。

やる気が出る言葉

それでは、具体的な「やる気が出る方法」について話題を移すことにしましょう。まずはさまざまな人たちのやる気が出る名言からです。

ステップ・バイ・ステップ。どんなことでも、何かを達成する場合にとるべき方法はただひとつ、一歩ずつ着実に立ち向かうことだ。これ以外に方法はない。 Step by step. I can’t see any other way of accomplishing anything. マイケル・ジョーダン(米国のバスケットボール選手 / 1963~)

まずは「神様」マイケル・ジョーダンの名言からです。「どんなことでも一歩ずつ着実に」とは、偉大な記録やパフォーマンスを残した選手の口から発せられると重みのある言葉です。メジャーリーグのイチロー選手にも同様の発言があります。 目の前に山積みになった仕事に圧倒されそうな時は、この言葉によってやる気が出るのではないでしょうか。

できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である。 He can who thinks he can, and he can’t who thinks he can’t. This is an inexorable, indisputable law. パブロ・ピカソ(スペイン出身の画家、彫刻家 / 1881~1973)

「ゲルニカ」などの名画で有名なパブロ・ピカソのやる気が出る言葉。何かに手を付ける時、不安な気持ちで取り掛かるよりも自信を持って臨む方が良い結果が出るはずです。「できると思えばできる」とは、シンプルですが心を奮い立たせてくれる言葉ですね。

やる気が出る音楽

続いてのやる気が出る方法は「音楽鑑賞」。音楽の好みは人それぞれですが、以下では比較的多くの人の気分が高揚しそうな曲を選んで見ました。

アウトキャスト 「Hey Ya!」

ヒップホップデュオ、アウトキャストの2003年のヒット曲「Hey Ya!」。アップテンポで気分を盛り上げるには最適の曲です。歌詞は少し苦い内容ですが、曲全体の印象はポジティブなので気分が沈んでいても自然とやる気が出てきます。

ブルース・スプリングスティーン 「明日なき暴走」

ブルース・スプリングスティーンの名曲「明日なき暴走」。タイトル通り疾走感のあるロックナンバーで、イントロから自然と気分が盛り上がります。力のこもった歌唱もやる気が出る源です。

「ロッキーのテーマ」

1976年の映画『ロッキー』のテーマ曲です。有名なイントロから徐々に盛り上がっていく、最後まで高揚感にあふれた曲となっています。映画自体が「やる気が出る」内容ですので、映画の鑑賞と同時に聴くのが一番でしょう。

やる気が出る映画

続いては「やる気が出る映画」についてです。モチベーションを挙げてくれる映画はたくさんありますが、その中から以下のものを選んで見ました。

クリード チャンプを継ぐ男

2015年の映画『クリード チャンプを継ぐ男』は、『ロッキー』シリーズの最新作です。主人公はロッキーから彼のライバルの息子へと変わりましたが、「くすぶっていた人間が全てを懸けて立ち上がる」というテーマは変わりません。現代的な要素も盛り込んであって入りやすく、第一作に劣らない興奮が味わえます。

ピンポン

松本大洋原作、窪塚洋介主演の2002年の映画『ピンポン』。王道のスポーツ青春ストーリーに、現代風の捻りをくわえた名作です。才能に恵まれたものの、壁に突き当たった主人公が必死で努力する様には、見ているこちらもやる気を掻き立てられます。

やる気が出る本

素晴らしい本との出会いは、意識を変えてくれます。次は「やる気が出る本」についてご紹介しましょう。

下町ロケット

ドラマ化もされ人気を呼んだ、池井戸潤の小説『下町ロケット』。ロケット開発の夢をあきらめた町工場の社長が、自社製品をロケットエンジンのパーツとして売り込むまでの苦難の道を描きます。 次々に襲ってくるトラブルに、あきらめず立ち向かう主人公たちの姿がやる気を奮い立たせてくれます。

夢をかなえるゾウ

こちらもベストセラーになった本です。平凡な主人公の前に現れたゾウの神様・ガネーシャの出す課題をクリアしながら、自分を変える道を探っていくという内容。何かを変えようとするには、こつこつと身の回りのことからこなしていく必要があるということを教えてくれます。自分の能力に対しあきらめ気味の人には、やる気が出るきっかけを与えてくれるかもしれません。

やる気が出る食べ物

やる気を出すには心の状態だけでなく、体の状態も気を付けなければいけません。健康な身体がなくては、健康な精神も育たないのです。今度は「やる気が出る食事」について見てみましょう。

朝食は必ずとる

朝食を食べることは、1日のエネルギー補給の意味で重要です。朝食を抜くことはガソリン不足で道路へ出ることと同じなのです。血液中のブドウ糖を補給するために、パンやごはんででんぷん質と糖質を摂取しましょう。ライ麦パンや五穀米だとなお理想的です。 忙しかったりすぐにエネルギーが必要な時には、バナナやりんごなどのフルーツが効果的。腸内環境を整えてくれるヨーグルトも一緒に食べるとよいでしょう。

やる気を出すのに必要な栄養素

やる気を出すためには、脳のエネルギーを活発にする必要があります。それには以下のような食材を摂るとよいでしょう。 ・青魚(マグロ、カツオ、サバなど) ・大豆製品 ・乳製品 ・赤身肉 ・豚肉 ・鶏もも肉 ・お米、パン ・海藻類(ひじき、昆布、海苔など) こういった食材は脳の機能を高め、学習力や記憶力を高めてくれる働きがあります。またストレス緩和には、ほうれん草やトマト、ブロッコリーなどの食材が効果的です。

その他のやる気が出る方法

上記の他にもやる気を出すための方法はあります。最後にそれらを少しご紹介しておきましょう。

仮眠をとる

身体が疲れてどうしてもやる気がでない時は、思い切って少し仮眠を取ることをおすすめします。疲れてぼんやりした頭で仕事をしても、逆に作業効率が下がるだけです。10分~15分ほどの時間でよいので、仮眠を取ってリフレッシュしましょう。

一つの作業に飽きたら別の作業に移る

単純な作業を繰り返すと思考力や集中力が鈍っていきます。同じ作業を長時間続けるより、異なる作業を織り交ぜることで集中力を維持しましょう。

気分転換になる画像を眺める

お気に入りの画像を眺めることで、疲れた神経も癒されます。動物や場所、好きな人などを疲れてやる気が起きない時に眺め、リラックスするようにしましょう。一息つけて再びやる気が出てきます。

いつでもやる気を出す必要はない

ここまでさまざまなやる気が出る方法について見てきました。しかし冒頭でも述べた通り、どんな人でも落ち込む時がありますし、いつでも気分をトップギアに入れておけるわけではありません。言い方を変えれば、いつもやる気を出す必要はないのです。 やる気を出すのはその必要がある時で十分です。常にやる気を出そうとすれば、精神的に疲れてすぐに限界に達するでしょう。ですから、適当なリラックス法や気分を変える時間をうまく作ることも大切なのです。

まとめ

いかがでしたか?「やる気が出る方法」には個人によってさまざまなものがあるでしょう。ここで挙げたものが必ずモチベーションアップに役立つとは限りませんが、やる気が出ずに悩んでいるという人にとっては、何かのきっかけになるかもしれません。無気力から脱してやる気を獲得したいと考えている人は、ぜひ参考にして見て下さい。

関連タグ

アクセスランキング