IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ITエンジニアになりたい学生が活用したい、就活サイト5選「ViViViT」「サポーターズ」など

就活サイト

今回は、そんなITエンジニアを目指す学生にとって、オススメの就活サービスを紹介していきます。「ITエンジニアになりたいけど、どの就活サイトを使っていいかわからなくて困っている」といった方は、ぜひ参考にしてみてください。

更新日時:

Career Select

CareerSelectは、新卒エンジニア、デザイナー学生のための就活サイトです。プロフィールを登録することで企業や就職エージェントからオファーが届くオファー型のサービスです。キャリアアドバイザーからの手厚いフォローや、様々なオファー情報が期待できます。

サポーターズ

サポーターズは、企業側から学生側に直接依頼がくるオファー型求人サイトです。サポーターズでは、実際にオファーが届いて選考を受ける際に、企業側から「支援金」をもらうことができます。IT系企業全般に精通しているため、多くの有名企業へのアプローチが可能です。 就活をしつつ、経費の節減にもなる、まさに一石二鳥のサービスです。

ViViViT

学生側、企業側の両方から声をかけることができるサービスViViViT。このサービスの特徴は、自分の作品集『ポートフォリオ』をアップして、企業側に自分の実力を見てもらえる点にあります。作品に興味を持った企業と、学生がマッチングする仕組みです。ポイントは、お互いが興味を持っていないとチャットが成立しない点です。ですので、事前に余計なミスマッチを減らせます。

paiza新卒

企業から連絡が届くオファー型サービスのpaiza。paizaの魅力は、エントリーシートが不要な点です。その代わりに、プログラミングテストによるスキルチェックを受けて、プログラミングスキルを可視化します。そのスキルを見た、企業側からオファーが来る仕組みです。自分の技術力に自信のある方にオススメです。

EngineerShukatu

EngineerShukatuは、就活情報掲載型のサービスです。また、有名IT企業のCEOやCTOのインタビュー記事なども満載です。加えて、どのプログラミング言語を学んでいいのか分からない方向けに、「プログラミングコーチング」といったものも実施しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。エンジニア向けの就活サービスって意外と多いです。ただ、多すぎて逆にどれを選んでいいのか迷う事もあります。それぞれのサービスに個性がありますので、自分に適したものを選択するといいかもしれませんね。 自分のスキルや置かれている状況を把握し、ぜひ適切なサービスを選んで、一つもしくは併用して活用してみてください。いい情報をたくさん入手して、就活を有利に進めましょう!

いまの年収に不満はありませんか?

年収に不満を持ち、転職を考えるエンジニアは少なくありません。 そんなとき、転職ではなく、「フリーランス」という選択肢を考えてみませんか? 実は、フリーランスになったことで年収をアップさせているエンジニアが数多くいます! フリーランスエンジニアは、基本的に自分で案件を探さなくてはいけません。 自由度が高いからこその苦労がフリーランスには存在します。 そこでオススメなのが、High-Performerという案件紹介サービスです。 High-Performerには、上流の高単価案件が多く、経験豊富なコーディネーターが最適な案件をマッチングしてくれると評判です。 ご登録は30秒で完了するため、まずはカウンセリングから始めましょう!

関連タグ

アクセスランキング