面接前に確認しよう!服装・髪型のチェックポイント5つ

就活ノウハウ

面接前に確認しよう!服装・髪型のチェックポイント5つ

更新日時:

shin1

面接時の髪型や服装などの身だしなみは入念なチェックが必要ですよね。初対面の相手つまり面接官に好印象をもってもらうことも面接では重要なポイントの一つです。

とくに女性の場合はメークや髪型、服装においてもスカート丈、パンプスの高さなど注意点が多いため念入りに確認しましょう。今回は面接で好印象をもってもらうための服装と髪型そして面接用メーク術について解説していきます。

服装・髪型のチェックポイント5つ

面接の基本スタイルをチェック・男女編

面接時の基本スタイルとして一般的にリクルートスーツといわれる濃紺か黒、グレーの上下セットが基本です。男性の場合は2つボタンのジャケットで女性は2つか3つボタンのジャケットが好ましいでしょう。

中に着用するものは男性は白Yシャツ、女性は白ブラウスが正式です。

女性のリクルートスーツのタイトスカートは膝丈より下になる(膝が見えない程度の長さ)くらいが望ましいですね。

靴は男女とも黒の革靴を使用しましょう。男性はつま先がとんがっているようなデザイン性のある靴は避けフォーマルな黒の革靴、女性もフォーマルタイプの黒のパンプスでヒールの高さは3~5センチ程度が理想です。

事前準備は入念に!

そして、面接日の前日にはクローゼットからスーツを出してシワやシミほつれなどないか確認しておくといいでしょう。また靴は翌日慌ただしくならないように、前日に磨いておくなどきれいにしておくといいですね。

面接用に好印象を与えるヘアスタイル・男性編

髪型は面接では共通して「清潔感」がもっとも大切なポイントとなります。

男性は襟足がYシャツにかからないくらい、揉み上げ部分は耳にかからないようにしましょう。前髪は額を見せるような小ざっぱりしたヘアスタイルが望ましいでしょう。

面接用に好印象を与えるヘアスタイル・女性編

女性の場合は肩より長いロングまたはミディアムロングなら黒ゴムを使用し後ろで1本に結ぶか後ろ髪が前に落ちてこないようにハーフアップスタイルにしましょう。

肩より短いショートやベリーショートの方の場合は、サイドの髪を耳にかけ落ちてこないようにピン止めでとめるまたはヘアスプレーで固めるなど工夫をしましょう。

前髪は男性と同様に清潔感をだすために額を出すスタイルが望ましいですね。

メーク法とネイルの注意点

メークですが、ファンデーションの厚り塗りは避けましょう。またファンデーションの色があなたの肌色と合っているか確認することがポイントです。白すぎても黒すぎても顔だけが浮いてしまいます。

アイメークも華美にならないように色は黒やブラウン系などを選ばれたほうがいいでしょう。チークもつけすぎはNGです。光の反射などでチークの色が目立つ場合もあります。

またネイルは極力避け爪もきれいに手入れしてあげた方がいいでしょう。どうしてもネイルをつける場合は透明色にしましょう。

面接時は原則ナチュラルが基本です。男性はヒゲの剃り残しに注意をしましょう。

まとめ

面接では、見た目で目立つと面接官などからイメージが下がる可能性を広げてしまいがちです。面接で目立つなら説得力のある発言などで目立ちましょう。

何かと注意事項の多い面接時の服装や髪型ですが、ベーシックが基本ということを覚えておくことが大切です。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)