IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活女子のおすすめ前髪|髪の長さ別アレンジ・NG例5つ

更新日:2020年05月16日

服装・髪型

就活の面接での第一印象を決める10秒を有利に使いたいのではないでしょうか。今回は人事担当者に好印象を与える髪型のセットの方法や印象をよくするポイントを紹介していきます。髪型でいちばん大切な、就活用の前髪の作り方について説明させていただきます。

髪の長さ別おすすめの前髪アレンジ

就活の面接で最初に見られる前髪は、もっともアレンジに力を入れるべきパーツです。 前髪は髪の長さによって似合うアレンジが違ってきます。それぞれの髪の長さ別におすすめの前髪アレンジをご紹介していきます。 就活の面接では、あなたの見た目と雰囲気をチェックされます。前髪は髪型全体の印象を左右する大切な部分です。清潔感があり、好印象が与えられるようなさわやかなイメージの前髪を作り上げていきましょう。

ベリーショート

ベリーショートを就活の髪型にするのは勇気がいりますが、清潔感があり、できる女のイメージをアピールするにはぴったりの髪型です。 ベリーショートの髪型の人は、黒髪が強調できます。薄い色の髪の人は、いっそ黒に染めてみるのもよいでしょう。黒髪はキレイ系の印象がありますので、より魅力的に見せることができます。 ベリーショートの前髪は眉上のぱっつんでもかまいませんが、少し長めの方が就活には向いています。

ショート

ショートカットの人は前髪を、好きな割合に分けてから後ろへ流します。 ショートカットの人は意外と前髪が長いです。髪型全体が短くても、前髪が長いと就活での印象が悪くなります。長い前髪の人は分けめを作り、前髪の先が目や顔の輪郭に深く掛からないように工夫をしましょう。 ショートカットの人はセンター分け以外の場所で前髪を分けます。髪全体を耳にかけ、後ろでポニーテールなどにしっかりと結び、ピンで留めます。

ボブ

ボブヘアで就活を行う女子は、必ず眉を見せる前髪を心がけましょう。 ボブヘアは広がりやすい傾向があるので気をつけてください。清潔感のあるボブヘアを目指しましょう。 ボブヘアでの就活はカラーリングやぱっつん・変わった前髪はNGです。髪の色は漆黒にしないほうが就活向きです。 ボブヘアは大人のイメージがあり、クールで落ち着いた印象があります。やわらかで女らしいイメージがあるので就活におすすめです。

ミディアム

ミディアムヘアの人が就活用の前髪にするときは、ななめ前髪にハーフアップがおすすめです。 ミディアムヘアの人はどのようなヘアスタイルも前髪も似合います。トレンドのななめ前髪がもっともポピュラーですが、印象に合わせてセンター分けやアップも誠実さや個性が出せるのでおすすめです。 前髪の分け方は目の大きさで決める方法もあります。知的に見せたいときは小さい方、かわいく見せたいときは大きい方の目を見せます。

ロング

就活中のロングヘアの方の前髪は、流し前髪がおすすめです。 つむじの後ろから前髪をもってきて、つむじのあたりで7対3に分けます。前髪が自然に流れるように、手で撫でつけて馴染ませ、流し前髪にします。 ロングヘアはどのような前髪もしっくりきます。バックは耳の高さでポニーテールに結ぶとよいでしょう。髪を一部引き出して結び目に巻き付け、後れ毛をワックスなどで撫でつけます。セット感が出ている髪型は、就活向きです。

就活を支援してくれるサービス

就活は情報戦です。 そこで、あなたは ・就活情報をネット中心で集めているエントリーしたのは有名企業ばかり行きたい企業しか見ていない という就活をしていませんか? そこで、内定をぐっと近づけるために今回就活のプロに相談できるキャリアチケットをご紹介します。 キャリアチケットの実績 ・内定率80.4%※ ・就活相談実績60,000人以上 ・独自の有料企業200社以上 ※ サービスからの主要企業内定率(2017/04~2017/09) キャリアチケットでできること ・人事目線のアドバイス ・適正のあった企業にあなたを推薦 ・マンツーマンでの手厚い選考対策 キャリアチケットを使って、他の人と情報で差をつけませんか。

就活女子の髪型NG例

就活女子にはやってはいけない前髪が存在します。 就活中にNGな髪型は、顔の表情がわからなくなる、顔を隠すような前髪です。暗いイメージは就活にはマイナスです。明るく清潔な印象になるように、さっぱりとした前髪を常に心がけてください。 パーマも就活中は注意すべきヘアスタイルです。ストレートパーマやそれに近い髪型はOKですが、派手なカールやドレッドなどはNGです。ゆるふわパーマも髪型によってはNGです。

初回公開日:2016年12月04日

記載されている内容は2016年12月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング