IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活はまず自己分析からはじめよう。自己分析の方法①自己分析の基本の考え方

就活ノウハウ

就活はまず自己分析からはじめよう。自己分析の方法①自己分析の基本の考え方

更新日時:

目次

    -shared-img-thumb-TSU952_ameagenai_TP_V

    こんにちは、イッカツマガジン編集部です!

    就活において、自己分析が大切だということは、皆さんなんとなく認識しているのではないかと思います。では、なぜ自己分析は大切なのでしょうか。

    そもそも自分に適した仕事を探すということは、「自分ができること」「自分がやりたいこと」を理解したうえで、仕事として「人々に求められていること」とのバランスを見ていく作業と言えます。

    つまり、自分ができることとやりたいことを理解して、その思考とマッチした職業や仕事を探すことが重要と言えます。自己分析はその大前提、「自分ができること」「自分がやりたいこと」を理解するために必要な手段です。

    今回の記事では、自己分析の基本的な考え方についておさらいしていきましょう。

    自己分析は、◯◯を知ること

    -shared-img-thumb-YUKA160322290I9A4691_TP_V

    自己分析は、自分の中の「価値観」と「特徴」を知っていく作業と言えます。

    ①自分の中の価値観を知る

    まず、自分の中の「価値観」を知るという点について見ていきましょう。ここでのポイントは、自分が本当にやりたいと思っていることをしっかりと把握することです。ここで明確化させる自分がやりたいと思っていることや物事の考え方が、結果的に会社選びの軸となります。

    実際に把握するためには、これまでの人生を振り返ってみることが重要となります。

    例えば、

    小さい頃、学問にしっかりと打ち込む環境に恵まれていなかった人の場合
    →小さな子供に、何かしらの形で勉強を支援する活動をしたいのではないか

    昔、いじめられた経験を持っている人の場合
    →人の痛みの分かるとても優しい人間として、様々な慈善活動に携わりたいと考えているのではないか

    こういった具合で自分の過去をしっかりと見つめなおすことで、心の奥底にある物事の考え方や、やりたいと思っていることを明確化、そして顕在化させていきます。

    ②自分の特徴を知る

    次に、自分の「特徴」を知るという点について見ていきましょう。自分の特徴とは、責任感、上昇志向、学習意欲といったものから、具体的なスキルまで幅広い範囲を指します。ここでのポイントは、今まで把握していなかった自分の特徴をできるだけ多く発見していくことです。発見が多いほど、自分について正しい認識をすることができ、職業選択の幅も広がっていきます。

    実際に多くの特徴を把握するためには、今までの経験や体験を、ただ事実として捉えるだけではなく、

    「そういえば、私、こういうこともできるんだな〜」「あの時、なんであれってできたんだっけ」といった形で、少し違った角度で見てみたり、深堀していくことがポイントとなります。

    自己分析は、自分でやるな

    -shared-img-thumb-YUKA8451_745_TP_V

    しかしながら、自己分析を自分一人で行うことはあまりお勧めしません。なぜなら、自分のみでの自己分析は、どうしても客観性に欠けてしまうからです。自分の目線に加えて、他者のフェアな目線からの分析が必須と言えます。

    また、就職採用の面接では、こんな質問もあります。

    「あなたは、周囲からどんな性格だと言われることが多いですか」
    「具体的にそれはどんなことですか?」

    このような質問をされたときのためにも、他者の目線によるフィードバックは不可欠なものと言えます。

    自己分析は「自分のやりたいこととできることを理解する」こと

    以上、自己分析の基本的な考え方について述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。自己分析は、就活という手段を選ぶ・選ばないに関わらず重要な作業ですので、一度は実施することをお勧めします。

    実際に就職先を探すときには、この2点を踏まえた上で、その思考とマッチした職業や仕事を探すといった流れになります。皆さんも、ぜひこの機会に、自己分析を始めてみてください!

    関連タグ

    アクセスランキング